TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > 男性自認のレスリ...
24コメント


Twitterのコメント(24)

男性に男性ホルモンを投与すれば筋肉がついてドーピングになると思う。女性が男性ホルモンを投与されて「男性の」方に出場したとしても、その量が妥当かどうか(過剰でないこと)は簡単には判断できないと思う。 / "男性ホルモン注入の少女、…"
「男子の大会への出場が認められず、女子の大会で優勝した。しかし、治療目的で注入していた男性ホルモンが競技力向上目的ならドーピング違反になることから、不公平だとの声が…」

 米で波紋|朝日新聞
女性として生まれたが、幼い頃から男性を自認し、レスリングの大会で男子選手との対戦を望んだ。しかし州の高校リーグは出生証明書に記載されている性別でしか出場が認められず。
こういう問題は出てくるよね。性別という「ゲーム」が編み直されることになるわけだから。
極限までドーピングした強化人間オリンピックとかやれば、ドーピング問題なくなるんじゃね?どこが極限なのか決めるのが大変だと思うけど。高額賞金とかだと命削って出場する奴はいそうだ。
これ出場させたらダメだよ 仮に100m3秒で走れる義足ができたとして それを治療目的で着けてる人を世界陸上に出すのかね? 体重別階級制競技で 病気でやむなく太ったからってモスキート級に100kgの人を出すかい? / "男性ホルモ…"
男子大会に出場できれば、とも思うけど、逆(MtFの人が女性の大会に出場)が有利になりすぎるのが悩ましいところか。 /
えええ…治療目的つってもテストステロン使用はないわー。競技力に影響しない訳ないじゃんよー
めんどくせぇ世の中になってきやがった /
まぁ、フェア?とは言えないな。フェアではない・・・。ならどうするか? それは難しい。男女の区分がそもそもの問題なんだから、性別無差別の大会を新設してはどうか /
米で波紋「女性として生まれながら男性を自認する米国の高校生レスリング選手が2月、男子の大会への出場が認められず、女子の大会で優勝した。しかし、治療目的で注入していた男性ホルモンが…」
これはドーピングやろ。単純に /
- ジェンダーとスポーツは切り離せんのかねぇ……。大変だねぇ。周りが。
治療目的だからドーピングにならないって理論が理解できないね。:
さすがに不公平だわそりゃ /
べつに「混合部門」作ればどうとでもなる話じゃん。性別でわけんのめんどくさいし、つまらんだろう。治療目的投与をドーピングとみなすかどうかは主催ごとに規定すりゃいい /
こういうのって仮に言うとしたら優勝してから言うんじゃなくて出場する前に言うもんじゃないの?
もう出場認めた時点で優勝したらおめでとうしかない気がする
いっそのことドーピング枠とか作ればいいと思う
性転換治療の一環として男性ホルモンを投与していた選手が、レスリングの女子選手権で優勝。治療目的のためドーピング違反とならず、対戦相手は反発、観客席からはブーイングも。本人は男性としての出場を希望したものの、認められなかったそうです。
以上

記事本文: 男性自認のレスリング選手、女子大会でV 米で波紋:朝日新聞デジタル

関連記事

25コメント 2014-10-02 23:46 - hosyusokuhou.jp

自民党が決議「強制連行はなかった。性的虐待も否定された。韓国製慰安婦像の根拠も消えた。誤った国際認識は是正を」…自民党の国際情報検討委員会...[続きを読む

画像で見る主要ニュース