TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > 中国「絶芸」、日...

中国「絶芸」、日本最強を破りV 囲碁AI大会:朝日新聞デジタル

31コメント 登録日時:2017-03-19 19:50 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

Twitterのコメント(31)

倭人の国の囲碁AIの名前が「DeepZenGO」からしてポケモンGOあやかりしか能がないその程度という名は体を現すというそのまんまのオチワロスwww
日本最強を破り、ってドラマチックな見出しだけど、コンピュータ囲碁の世界でこれまでも日本は必ずしも好成績ではなかったような。。かつては北朝鮮とかも席巻してたし。
囲碁と卓球はなぁ〜
中国強いんだよなぁ〜
開発者はルール知らなくても、AIが知ればよい。「開発チームの技術者10人は囲碁のルールも知らなかったが、わずか1年ほどで「ディープラーニング」(深層学習)による驚異の囲碁AIを開発した。」
AI囲碁合戦!DeepZenGo開発陣の資本力はどれほど?
AIでビジネス覇者を狙う米国GoogleのAlphaGo、中国テンセントの絶芸。そりゃ日本と開発投資の桁が違う・・。
民間で限界あるなら、せめて日本は国策で振興したいぞ。
"中国のIT会社・テンセントが開発した「絶芸」が、決勝で日本最強のAI「DeepZenGo」を破り優勝" / そして両者が一力遼七段と電聖戦で対局と。 /
何の差かと聞かれたら金の差じゃないですかねぇ。
DeepZenGo(ドワンゴ) VS 绝艺(通讯) は、绝艺の勝利

さすがと言うか、戦ってる企業規模が違いすぎる
テンセントは深センに本社を置くゲーム売上高世界一の会社でもあります。微信も利便性にかけては右に出るものなく1番を独走。悔しいと思う若い力に応えないと、全部二番煎じになってしまう時代に。今や 囲碁AI大会:
今、宇宙での軍事活動の最先端に居るのは中國だしスパコンも中國…特定分野においては今、恐るべき状況を作ってる現実の一面を見せられる思い。
だから米国が軍事費を5兆円も積まざる得ないのよね
過去の経験よりも最新の知識の方が勝ってしまうという、面白くも残酷な現実。
=引用=
開発チームの技術者10人は囲碁のルールも知らなかったが、わずか1年ほどで「ディープラーニング」(深層学習)による...
二位じゃダメなんですか? っ (^^;
若干オソイ投稿なのはさておき・・・こういうのは結果が全てだよな。
素直に中国スゲーわ。
囲碁AI そりゃあ二位じゃだめなんでしょうかとか抜かすゴミみたいな二重国賊に投票するような連中のせいよ。
日中韓米仏、台湾の出場29ソフトが参加する世界最大規模の大会で日本最強のAI「DeepZenGo」を破り優勝
alphaGOは不参加かな? /
テンセントが開発した「絶芸」が、決勝で日本最強のAI「DeepZenGo」を破り優勝 /
わずか1年でトップを取る中国の「テンセント」。 /
"開発チームの技術者10人は囲碁のルールも知らなかったが、わずか1年ほどで「ディープラーニング」(深層学習)による驚異の囲碁AIを開発した" /
これ、ソフトだけじゃなくてハードも込みでの対決でしょ?このせかいの「実力」ってどれだけお金をかけられるか、かも。
技術でリードする時代は終わった
会場が家の近所のオタクの殿堂、電通大というところがすごい!!
中国が最先端の技術力でも日本に引けを取らず、さらに進化が加速してるという現実はまだまだ日本人には受け入れがたい事なんだろうな。海外に留学もせず、同僚に優秀な中国人も居ないと気づかないよな。⇒
中国のIT会社・テンセントが開発した「絶芸」が、決勝で日本最強のAI「DeepZenGo」を破り優勝した/開発チームの技術者10人は囲碁のルールも知らなかったが、わずか1年ほどで開発した /
"開発チームの技術者10人は囲碁のルールも知らなかったが、わずか1年ほどで「ディープラーニング」(深層学習)による驚異の囲碁AIを開発した。"
ディープラーニングも凄いし、19歳で七段ってのも凄い。囲碁は知らないが対局結果が楽しみ。
村)「絶芸」と「DeepZenGo」は来週、一力遼七段と対戦します。
中国「絶芸」、日本最強を破りV 囲碁AI大会:朝日新聞デジタル
中国のIT会社・テンセントが開発した「絶芸」が、決勝で日本最強のAI「DeepZenGo」を破り優勝した。
以上

記事本文: 中国「絶芸」、日本最強を破りV 囲碁AI大会:朝日新聞デジタル

関連記事

画像で見る主要ニュース