TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > 女の子へ「寿司と...
875コメント


Twitterのコメント(875)

定期的に何度も読みたい記事
もう本当それというコメントしか無いw
娘を持つ親は読んでおくべき
「若さやきれいさは資産価値ゼロになる」
「稼げれば殴られずに済むはず」
西原恵理子さんの文章が面白い(^^)
ホンマそれな!👍
画伯(・ω・)
何度読んでも最高です。同意しかない。
私も自分の食い扶持は自分で絶対に稼ぎたいタイプです。
そう、資産価値は0になる。実感してます。
現実から逃げ出したい、相手に寄り掛かってしまおうかと考えたとき、西原先生の言葉を思い出してます。
@mradc16 これまりちゃんから教えてもらったんだっけ?西原さんいいこと言うよね
ためになる話だ。自分で稼げるようになりたい。
西原理恵子さんの話は胸に刻んでいる。いつも。
わかりがある話だな
だな。
はぁちゃんが大きくなった時用にプリントアウトしておきたいくらいの記事
自分の言葉で伝えることも大事だけど、この人とは人生経験が違う
思えば良くも悪くもイーブンでいたい人には奢られたら奢り返してきたな。
この西原先生の女子に向けてのアドバイス記事、一切の無駄がないし一言一言が全部が重く深く染み渡る…😭
何回読み返しても、いい記事だなーと思う:
ピアスでもネックレスでもなく"指輪"なところが絶妙…私は「ご自宅用ですか」に耐えきれず無駄に包装してもらった経験があります。とまあそれはさておき、女性活躍推進を後押しするメッセージの出し方が秀逸です。男性はどんな感想を持つんだろう?
耳が痛い。自立、自立。
これですよ、皆様
今一番好きな天ぷらやさんの予約が、今月末にとれてた幸せを思い出して噛みしめた。そして寿司も食べたくなったので予約しよー。
すげーわかる。暴力ではないけど、女の経済的依存が何を意味するかはこの目で見てきた。 /
生きる力は身につけたほうがいいよね、と思うなぁ。
学校では教えてもらえなかったことがここに。⇒
「若さとか顔がきれいとか、そんなの20年後には資産価値ゼロになる。相手に頼っているだけでは必ずこけます。」
どうにもならない環境を変えることを願って、強く生きた人の話 >>
蓋し至言! 私も2人の娘に、「自分磨き」とは男に寿司や指輪を貢がせるためではなく自分の力で生きる力を身につけるための自己研鑽であることを教えたい。
「20歳から40歳までに、いかにキャリアを磨いて自分の資産価値を高められるか。人生経験や経済観念、人に対する優しさ、仕事のスキル…。女磨きって、エステやネイルサロンに通うことじゃないんです」ふぇ〜〜🤣
これを読んでもっと西原氏の文章を読みたいと思った方は『この世でいちばん大事な「カネ」の話』がオススメ。>
最初の会社を辞めた退職金でダイヤの指輪を買いました。高価なものは結婚してからも自分で買ったほうがいいですよ。勿論、持参金やへそくりは見せちゃダメです。 /
実際「女に教育はいらない」「女が働いてどうする」という層はこんな記事読まないと思う。でもこれを読んだ人が教育の一人でも増えることがエンパワメントにつながるんだと思う。
この記事、とてもいいですね。もちろん、美容や綺麗さは大切だと私は思う。しかし、それで稼げるのは若いうちか、芸能人か、特別な一握りの存在。→→→→→
♯西原理恵子  非常に清潔な考え方。
国際女性デーのインタビュー連載。一番印象に残ったのは、西原さんの回でした。力強い言葉の数々→
〈若さとか顔がきれいとか、そんなの20年後には資産価値ゼロ〉と鋭い指摘。モテだけ追求してちゃ取り残されるだけよね。うんうん。▼
@kururun73 これよ、これ。
自分で買おうぜ。

?amp=1
努力はみのる
まさにそれ^_^ 女オーナーに教わった記事🤔
若い、綺麗は20年後に資産価値0になる
これは本当にそう思う。激しく同意。
自分の足で立って歩けるから、自分の意志で移動できるようになる。それが大事。

 西原理恵子さん朝日新聞デジタル
今日は国際女性デー 女の子へ『寿司と指輪は自分で買おう』by 漫画家の西原理恵子   # 国際女性デー
産婦人科やってて大事だと思うのは、西原さんが最後に書いてる危機回避の方法を女性が知ること。男性に買ってもらうのは勿論嬉しいけど、人の顔色伺って遠慮がちに欲しい物を買うより、自分で堂々と買えた方がいい。これからの女の子に読んでほしいな。
"若さやきれいさは資産価値ゼロになる"
石油王と結婚したいなんてアホな事ほざいてる女は読んでください。
20歳から40歳までに、いかにキャリアを磨いて自分の資産価値を高められるか。人生経験や経済観念、仕事のスキル…。女磨きって、エステやネイルサロンに通うことじゃないんです。
「やだ、私なんにも悪くないのに」では通らない
西原理恵子さん好きな女性が多いのってこれなんだろうな~。
「ぼくんち」とかほんとこれがにじみ出てる。
国際女性デーになったので読み返している。 <
新しい寿司ネタにぎりました。らっしゃい!

「寿司と指輪は自分で買おう」
女の子へ「寿司と指輪は自分で買おう」という記事。男の子へも「寿司と指輪は買ってあげなくていい」と同時に言っていきたい。 お互いにちょいと貢ぎあえる経済力があると理想的
依存していないとは決して言えないが、確かに「これが常」だと思うほどの平坦な道ではなかったから、住む事、仕事の事、家族の事、お金の事は依存しない様にしてきたつもり。依存と愛は異なる。
こういうテーマこそサイバラ的説得力がMAXに炸裂『危機回避のための知識を持っている女性は実に少ない。知識がないと逃げ遅れます。いま愛している相手でも、変わることがある。』女の子へ「寿司と指輪は自分で買おう」西原理恵子さん:朝日新聞
人気漫画家西原利恵子さんから女の子たちへメッセージ
電車の中で泣きそうになっている。こんなに素晴らしい人生の先輩がいたのか。母が若い頃にこの記事を読んでいれば笑。
( ..)φ→「20歳の頃までは、困れば誰かしら助けてくれるかもしれない。でも、若さとか顔がきれいとか、そんなの20年後には資産価値ゼロになる」【 西原理恵子さん:朝日新聞デジタル】
この記事最近シェアされてるのみて、いい記事だなと思うのだけれど、それでもあたしは強い寿司たべさせてくれるひとがほしいし、強い指輪をくれるひとがほしい。
男でも女でも、つまらない人との出会いは無いに越した事はない 我慢する事が全て正しくは無いって事実も教えとかなきゃいけないね
「パートナーは親友であり、戦友である事が一番 」に同意! 今日も頑張ろう!
いかにキャリアを磨いて自分の資産価値を高められるか。人生経験や経済観念、人に対する優しさ、仕事のスキル…。女磨きって、エステやネイルサロンに通うことじゃない
娘にも息子にもぜったい読ませたい。
共感する。そもそも「奢って貰う・買って貰う」は財力の無い証。貰って得をしていると考える人がいるが、得をしているのは、自由に奢ったり買ったり出来る立場の人間だよ。
寿司も指輪も男から買ってもらったことないし、自分でも買えない。いろいろもう遅い。こんな大人にならないように……!
共感です。
別に、買ってもらってもいいと思うけど… もちろん、おかしな下心を持つ人物からは遠慮するのはデフォだわ。
寿司と指輪は自分で買ってますよもちろん!!✨

・・・誰か買って(′;ω;`)
お母さんが死守したのは西原さんの自立だったんやなーすごい話。
寿司も指輪も自分で買えるけれども、好きな人が買ってくれたなら、自分で買うよりもっと嬉しい。でも、それにぶらさがるようになっちゃダメですよね。
なんで女だけにいうんだよ。男にも
「寿司と時計くらい自分で買えるくらいに稼げ」
って言えよ。ナチュラルに女性差別してるじゃねえか。
3/8の国際女性デーに向けて、いろいろなところで啓発的な投稿を見かけるようになった。
西原さんとか
ワシは、うん、そうだよねと思うんだが。 /
"それから、女の子を育てている親や学校の先生たちには、働いて自立するということに加え、危機回避の方法をしっかり教えてあげて欲しいです"
これは男子にも言えることですよね。
西原さん、尊敬しています。| 朝日
分かるな〜。女性が自ら変わっていく意識を持つこと、大切ですね。
寿司と指輪を自分で買える経済力を身につけようというのはもちろんそのとおりだと思うけど、当たり前すぎて意見というのもおこがましいレベル。
サイバラは,こういうことを言うから嫌いになり切れず悔しい.インテリ男を喜ばせるのが9割,そうでないのが1割.
軽蔑して憎んで罵倒したいのに,ずるい.嫌いだ.
あっ、、、
苦労して大成功を収めてすごい。ただ独立した人生を送りたいのは誰でもそうだし、ネイル、エステ通いのバブリーは今の日本の若者にあてはまるの?偉そうですみませんと、ツイートして遠慮がち説教されても。
胸に刺さるけど、ほんとこれ。
ってこれ読んで思ったw
『「思いやりのある大人になりましょう」とか、立派な言葉はいくらでも転がっている。でも、危機回避のための知識を持っている女性は実に少ない。』
西原理恵子さんの発言マージで素晴らしいけどガンガン仕事してたのに上司から謎の性犯罪受けて仕事できなくなったわいとしては女でキャリア積むのはすごいけど逆に女だから裏切られた時すげー落ち込むからな気いつけろよな!って感じ
いい話。ほんとそう。>
「娘や同世代の女の子たちには、「王子様を待たないで。社長の奥さんを目指すより社長になろう。お寿司(すし)と指輪は自分で買おう」と言いたい」
こういう記事を女性の著者から聞くことができるのはとても感慨深いものがあります。コトバには出しませんが、「『お寿司は男の人におごってもらうもの』と思い込んでいる女の人」がたくさんいて、いつも残念な気...
特に危機回避の方法の件は、今自分の仕事を通して出会う人たちを見ていても本当にそうだと思う。
ぜひ読むべし
「お寿司は男の人におごってもらうもの」と思い込んでいる女の人がいるけど、自腹で食べたほうがうまいでございますわよ!女の子へ「寿司と指輪は自分で買おう」西原理恵子さん:朝日新聞
日本の教育がめざす『生きる力』とはこういうことであってほしい。
こっちの方が共感するなぁ。〉〉
本当にその通りだわ!!
未だに、女の子だからどうせ結婚するし勉強なんてーw、とか言うヤツいるしな。
男も読むべき、すごく面白い記事!
「若さやきれいさは資産価値ゼロになる」って名言だな!
自分磨きの本質を突きまくってる!

■ 西原理恵子さん(朝日新聞)
国際女性デー(3/8)というのがあるらしくてそれに向けた企画での西原理恵子のインタビュー記事。とても良い。
私も自分で食べる寿司が好きだな。
これ中学校の家庭科の先生も同じこと言ってて、自分で稼げるようになろーって思わせてくれた。若い女の子に見て欲しい。
西原さんって清水富美香(漢字自信ない)さんに似てない?
写真的な意味で。
全然響いてこない。共感できない。
回転寿司じゃないお寿司や、指輪というステータスを上げられても…。
周りに目標とする素敵な女性がいないっていうのもあまりにも卑下しすぎでは?
本当そう思う。父親も元彼もマイナスでしかなかった。金銭面で特に。生活力というかなんというか生きるのにこの考え必要だと思う。男に頼る時代は昔から無かったよ…。
だよね。指輪は自分で買って、しかも薬指にはめてるよ(´▽`)
とってもいいお話しだったなあ。
この記事に違和感あるのは、田舎でボコボコに殴られている女たちは昼も夜も男以上に働いていたりするからなんだよな。西原さんの漫画にも多く書かれていると思うのだけど。
「寿司と指輪は自分で買おう」
話題になってたので読んでみたけど、良くも悪くもそんなに響く内容ではなかったな。若さや男に頼って生きないで自分を高めてとか、いまどきそれくらいのこと女の子たち自分で言ってるもん。むしろそれにとらわれすぎてるくらい。
写真の雰囲気やタイトルよりずっと重い内容で少し驚いた。
ほんの数十年前の日本でもそんな地域があったなんて。
でも貧困層が増えている今の日本ではこれってとても大切なこと。私もこういう問題はずっと気になっていてNPOで働くことも考えた。
「昔はロクでもない男とつきあってた」みたいなこと言ってる人のいまの再婚相手がアレだから…違和感というか、業の深さを感じてしまう。
「どんなに立派でも、人って傷んだり、壊れたりするんです。」これは正しい。
昨日から説明会参加で北海道です。夕飯に一人で食べたお寿司が最高でした。もちろん、自分のお金。笑。西原さんの記事。これは名言です~。
うちの母親は男に苦労してきたから似たような事よく言われたなあ
これは、自分が娘をもったら、絶対に教えたい!男に経済的に頼らなければならないことの惨めさ、危うさ。家事育児の負担が多すぎて、女性が職業を諦めなければならない世の中ではあるけど、どんなに苦しくても、仕事は続けていきたい。
「王子様を待たないで。社長の奥さんを目指すより社長になろう。お寿司(すし)と指輪は自分で買おう」と言いたい。男に頼り切るのは危険。しっかり仕事をして、自分で稼いでほしいです。 男性サラリーマンも同じだ。
嫌だ、西原先生素敵すぎる(´ω`)
女でバリバリ働くって疎ましく思われることもあるけど頑張ろうと思える!
稼げていたら、貯えがあったら、経済的な理由で本意でない結婚を続けることもないしね。
女は一人で生きていける力がある。もっと強く、依存するよりもこちらから捨ててやるって気持ちで戦えないと
娘を含む、全ての女子は必読!
女性は読んだ方がいい
言うことは相変わらずで、高須の影響はなさそうだけれど、これがいつ変わるかだよね…。もうすでに、渦中のアパホテルに泊まって宣伝したり、在特会が個人を攻撃するためにおこなった街宣の前で、高須と2人で写真撮って発表させてるわけで…。
女磨きはサロンやエステだけじゃない。やっぱり自分で稼がなくては。
でも頑張りすぎると給与やプライドが邪魔して次の仕事見つかりづらくなるのも事実。
本当にその通りだと思います。自分のお金がないと逃げおくれる。路頭に迷う。女性よ自立しようぞ。
先生、さすがです!!!!→
なんというか経験が人を作るんだなぁ、と
あ、高須先生がこの人のことをどうして好きなのかすごくわかってしまった。
女性の皆さん、ご一読を♪
美味しいのは美味しいし不味いのは不味い。
ほんとにこの通りだよ!▶︎
林真理子さんも似たような発想だったような。自分の給料で寿司が食べられるのが嬉しかった的なことをエッセイに書いていた気がする。
西原さんの考え方、ホントに大好き。
出身が女子大で「卒業生が女性だけだから寄付金が少ない。いって社長夫人だから」って言われて、違和感あったなぁ。
---
本当に女だからこそ自分を守れる力が必要だとわたしも思う。
蝶よ姫よと育てるだけじゃなく力を備えさせてほしかった。
なんか。。
一言一言の
言葉が
ズシっと
くる。。。
花の色はうつりにけりな、、、なり。
"女の子を育てている親や学校の先生たちには、働いて自立するということに加え、危機回避の方法をしっかり教えてあげて欲しい
 (中略)「あなたはパートナーにひどいことを言われたり暴力を振るわれたりしていい人じゃないんだよ」という事も"
この記事すごい好き
西原先生は一度ご縁がありワインを一緒にいただいたことがあります。うんうん、そうだよなぁ、と思います。
※男がマウンティングのために「食事をおごる」という行為に出るのは?そっちは追及しないのか?総理大臣とかいう生き物も己の権力を誇示するのによくやってるでしょ?
女性にサバイバル術を説教するばっかりで、女性がこんな悲壮なサバイバルをしなくて済むような社会を目指そうという発想はゼロ。
女性は生きづらい、だから社会を変えよう、ではなく、だから女性は2倍頑張れという、よく見るただのしばきあげ。
若さとか顔がきれいとか、そんなの20年後には資産価値ゼロになる。
女磨きって、エステやネイルサロンに通うことじゃないんです。
その通り。女の子は危機回避の方法を知っておくべき。
3月8日は国際女性デー。
毎日かあさんを書いてる、
漫画家の西原理恵子さんの言葉✨
いいはなしー。
西原理恵子さんもお待ちしております。
うちも父子家庭でほんっとに大変だったし早く独り立ちしたかった。得体の知れない幸福を待っているより自分でやっちゃった方が早いのよ。寿司と指輪を自分で買う知識と行動を武器に、生きて。
旦那さんとの出会いと別れの漫画も強烈だったけど、生まれと育ちも強烈だなぁ。ああ凄いな。そこらのエリートフェミニストじゃなくて、彼女がいうからこそ響くものがある。
母親と対極的な考え方だなあ。
私は西原さんの考え方を支持したい。
「男に頼り切る」vs「自分で稼ぐ」の二者択一じゃないんですけどね~。
「お寿司は男の人におごってもらうもの」という価値観で、たくさんの男からおごられる女になるっていうのも、それはひとつの生き方で尊重していいと思います。
とてもためになるお話です。大いなる共感も。
好きじゃないなら見るのやめたらという意見もあるでしょうが西原さんが残念で
男側がとっくに気付いていたことをやっと女側から言えるような世の中になったか
男が結婚しなくなったのは、女に金を渡すより自立したほうが良いって気付いたからでしょ
知識がないと逃げ遅れます。いま愛している相手でも、変わることがある。いざという時にはすぐ逃げていい。逃げるためのお金は必ず持っておいて。:

記事本文: 女の子へ「寿司と指輪は自分で買おう」 西原理恵子さん:朝日新聞デジタル

関連記事

238コメント 2017-03-03 14:37 - news.livedoor.com

3月8日は国際女性デー。高校生の娘をもつ漫画家の西原理恵子さんは「男に頼り切るのは危険。自分で稼いで。おすしと指輪は自分で買おう」と語ります。     ◇ この春、大学に進学する息子と、反抗期まっただ中でろくに口もきかなくなった高1の娘がいます。息子は16歳で突然アメリカに留学した。娘も自分で帆を張って、もうすぐ船を出すところ。かあさん業はそろそろおしまいみたい。 娘や同世代の女の子たちには、「王...[続きを読む

画像で見る主要ニュース