TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > トランプ氏、ロシ...
17コメント


Twitterのコメント(17)

2008年、ロシアの大富豪にフロリダ州の大邸宅を9500万ドルで売却、他物件の主な資金源や売り込み対象にもロシアマネーとの報道があるが、ロシア政府でなく民間だから関係ない?<私はロシアとは関係ない。取引もなく、融資もなく、何もない!
記者と押し問答になるなど、世界一の国の次期大統領会見とは思えない異例の会見。朝刊の締めきりギリギリだったので、かなりしびれました/
【無責任:朝日新聞・五十嵐大介】「米情報機関が流したかもしれない」と批判した。「虚偽ニュース」と断じ、「(情報のような)事実は起きていない」
★情報元のバズフィードの編集者は「情報には重大な疑義、公表は恥ずべきこと」と、何故書かない!
トランプ次期米大統領が大統領選後初となる記者会見を開き、雇用創出を強調しました。
当選後初会見:
ツイッターで一方的に砲撃するだけのトランプ氏がやっと記者会見をした。そこでこれまで否定し続けてきたロシアのサイバー攻撃を認めた。民主主義への挑戦をどう処理するか注目したい。
「米情報機関が流したかもしれない」
会見の興味は、トランプが露のサイバー攻撃を認めるかどうか、大統領戦勝利に好影響があったかどうか、選挙中にプーチンの援助を受けたかどうか等です。後者二つに返答なし。
日本社はトランプをバカにし、ロシアを悪と見なし、中国を見下し、韓国をイジメる。自国だけは称賛する。余程自分に自信のない人か、かなり育ちが悪い人のようだ。

単細胞な見出し「トランプ氏、ロシアのサイバー攻撃認める」
参考に;
【印象操作】マスゴミのシナリオに沿って、数ある会見内容のうち「ロシアのサイバー攻撃認める」の部分だけ取り出して強調する。  当選後初会見
-朝日新聞 対メディアがトランプ政権にとって最大の懸案事項だろうね♪日本で例えるなら橋下氏が立場的に近いかな?先例の無い民間出身の改革者はマスコミにとっては格好の標的だからね(続
トランプオーガナイゼーションの宣伝がウザイ(笑)
米情報機関は、ロシアがトランプ氏に関しても不名誉な情報を持っている可能性をトランプ氏に伝えているという。トランプ氏は「米情報機関が流したかもしれない」と批判した。 【 当選後初会見】:朝デジ
トランプ次期大統領、当選後初の会見 雇用創出を強調
トランプ次期大統領、当選後初の会見 雇用創出を強調
[朝日]トランプ次期大統領、当選後初の記者会見始まる トランプ次期米大統領は11日(日本時間12日)、ニューヨークで、大統領選後初となる記者会見を開いた。大手自動車メーカーが米国に工場を建設することをきめていることを評価し、多くの…
トランプ次期大統領、当選後初の記者会見始まる:朝日新聞デジタル
これか今やってるの(´u ` )
以上
掲載元: トランプ氏、ロシアのサイバー攻撃認める 当選後初会見:朝日新聞デジタル


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

57コメント 2016-12-10 16:06 - www3.nhk.or.jp

アメリカ大統領選挙の際に民主党のコンピューターがサイバー攻撃を受けた問題について、CIA=中央情報局は、ロシア政府が共和党のトランプ氏を選挙に勝利させるために攻撃を仕掛けたとする分析結果をまとめたとアメリカのメディアが伝えました。 この問題は、民主党の全国委員会のコンピューターがことし6月、サイバー攻撃を受けて、党幹部のメールが流出し、内部告発サイト「ウィキリークス」を通じて公開されたもので、ア...[続きを読む

画像で見る主要ニュース