TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > 「名ばかり管理職...

「名ばかり管理職」残業の闇 過労死47歳の責任感:朝日新聞デジタル

63コメント 登録日時:2015-04-02 19:31 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

Twitterのコメント(63)

逃げになっちゃうから。
残業代を求めるから、会社は効率を求めるんかな?
こう言う異常な働き方を規制する方が先じゃないのか? これではサービス残業と言う名のものに殺されるのと同じだ。
やっぱり急性心臓死。
そして改めて、日本に成果主義導入は無理。仕事終わったから定時前に帰ろうなんて文化が根づくの、100年かかるよ。
今後はこういう事例も合法化されちゃうのかもしれないかと思うと、お先真っ暗になる。
退職後に弁護士と給与明細を見ると、「基本給15万円 固定割増手当15万円」とあった。
言い方悪いけど、責任感が強いは常套文句で、自分が死ぬまで頑張らないといけないような仕事なんてな世の中には殆ど無いので、程々で逃げろと言いたい。仮に月300時間残業しても生きてれば良いのか、という話ではない / "「名ばかり管理職」…"
然るべき給料が払われるまで責任感を捨てよう /
「過労死するほど働いていたのに、男性には残業代が支払われていなかった」
名ばかり店長っていうのもあるよね…社員でもなく、バイトなのに店長。シフト不足の責任をおわせ、オープンラスト。飲食業界はそれが常習
「残業代ゼロ」法案を閣議決定 裁量労働制も拡大
これからそういう人がもっと増える。その時に「残業代0法案を提案するんじゃなかった」と政府は後悔するだろう。だがその時にはもう遅いのだ。
「名ばかり景気回復」「名ばかり賃上げ」
安倍政権の経済政策は「名ばかり」ばかり。
つまり、詐欺政権ということだ。
ここの電気量販店ってどこだろう
「使い捨て」が嫌ならノーリーマンですよねwRT @tokyoskywalker: 勇気を出して、逃げると。
……難しいよね

"@asahi_shizuoka: 「名ばかり管理職」残業の闇 過労死47歳の責任感 - 朝日新聞デジタル "
牧内昇平2015年4月2日19時11分

過労死した男性の妻が抱くのは、夫の洋服を布地にしたぬいぐるみだ=3月、佐賀県内...
「過労死するほど働いていたのに、男性には残業代が支払われていなかった。(略)実態は、会社の経営に関与せず、働く時間を自由に決める権限も与えられていない「名ばかり管理職」だった」
これでホワイトカラーエグゼンプションやる気なの? 効率よく仕事してその日の成果上がればお昼に帰ってもいい欧米企業とは文化が完全に違うんだよ!
「残業代ゼロ制度…固定の賃金を払えばいくらでも働かせることができる…『定額働かせ放題』…導入されれば長時間労働が深刻化するのは明らか…」 「名ばかり管理職…過労死47歳…顔がむくみ…」
なに、今さら、報道してるんだ?
まだまだ増える。酷い話だ。
最早他人事とは思えない残業時間だったんだけど。月平均140時間いってたんじゃないかな、残業…。
よその会社でもあるんだ……やめて良かった
無給残業と健康問題という二つの問題。/ 雇用者側に被雇用者の労働時間の把握と、一定時間以上働いた人への月1回以上のメディカルチェックを義務づけられれば。 /
現在、政府が国会に提出している「残業代ゼロ法案」は、こうした事例をさらに生み出していくことに。必ず廃案にしましょう。「人間らしく働ける雇用のルール」の確立こそ求められています。
政府が目指す「残業代ゼロ」制度は、既にサービス残業として広まっています。
朝日新聞
→「政府は働き手の一部を対象に、労働基準法で定められた1日8時間労働の原則を大幅に緩めようとしている。だが、サービス残業などの横行で、すでに原則が崩れている人がいる。」 -
労基署が是正指導した結果、支払われた不払い残業代は、約123億円(平成25年度) 。実態はこんなもんじゃない。
残業140時間…だと…?
政府が目指す「残業代ゼロ」制度は、既にサービス残業として広まっています。月140時間残業し、過労死した男性に残業代は払われませんでした。管理職だったからです。
日本の企業では、課長と言う名の位に着けば、大抵こういう扱いなんでしょうね。私も。もう少しもらってますが。残業代でもらってもいい。
精神的な問題もあるだろうな・・・ どんなイヤな仕事でも小さな楽しみを見つけたら出来たりもする。かつては本給より残業代の方が多い、300時間も残業してたもんな。。。
政府が目指す「残業代ゼロ」制度は、既にサービス残業として広まっています。月140時間残業し、過労死した男性に残業代は払われませんでした。管理職だったからです。
それが日本の常識。働いて死ぬだけの人生、ちっとも面白く無い。
企業名を報道しないと第二第三の犠牲者が現れます。
とても他人事とは思えない・・・・。
気をつけよう。
プログラマーとかデザイナーとか2、3日に一回しか帰れないとかざらなんだが。残業代なんかでないし。/
この方より残業時間が多かったけど、胸が苦しくなることは確かにあったんだよな。なんとか切り抜けれたのは、年齢が若かった事と、管理職じゃなかったからストレスの度合いが違ったのかな
残業は企業側から押し付けられているという風潮がありますが、残業をしない環境にすると、何かあっても対応できるように先に仕事を進めたいから自由に残業させてくれとむしろクレームをつけられる事もよくあります。
顔がむくみ、空せきが続いた。疲れた顔の夫は「仕事がたまっている。やることがいっぱいある」と言い残し、職場に向かった。
分かる分かる。〉
同じ会社で同じ立場の人間が揃って同じ道を辿っているのなら会社の責任。
そうでないのなら本人の責任。
セキニンツイキューするならターゲットを間違えない様に。
裁判闘争は誰でもやれるわけではない。労働者のいのちと権利を守れるのは労働組合しかない、と思う。この権利を労働者が使えるようにしないと…
ヌイグルミのくだりでウルっときた。
過労死せんようにせなやなぁ。
なーにが責任感だ、サビ残してブラック企業に貢献してるこういうやつも同類だわ
他人事ではない。この制度なんとかならないものか。
法定外労働時間の上昇と心疾患・脳出血の関連性はデータとして裏付けされてるので、100時間を超える場合は医師の診断をオススメします。労働者側の費用負担ありません。
140時間の残業ってあるけど、事実は…/
新聞社とかも酷そうだけど、ベースが高額だからスルーになるんかな。
辞める勇気も必要、死んでしまえば何にもならない。
"妻は語る。「責任感が強い人でした。サービス残業続きでも『課長』という肩書を与えられ、仕事を投げ出せなかったのでしょう」" /
日本にもデモを!
これが総理の目指す「美しい国」。義務を果たして死ね。
こういう組織は未だにゴマンとある。
徹底的な取り締まりをしなければなくならないのが実態でもある。
こんなことばかりだから、みな"大人"になりたがらないのかなと思います。
大学の教員組織内の役職者だってほとんどが「名ばかり」だし、責任がどんどん重くなっているのに「名」はどんどん軽くなっている。
>〈名ばかり管理職〉 十分な権限や待遇を与えられていない社員が、労働基準法上の「管理監督者」として扱われ、残業代を支払われない問題のこと|
あ〜これで僕は鬱になりました
以上

記事本文: 「名ばかり管理職」残業の闇 過労死47歳の責任感:朝日新聞デジタル

関連記事

画像で見る主要ニュース