TOP > 海外ニュース > AFPBB News > 落書きアート消し...

落書きアート消した開発業者に賠償命令7億円超、米NY 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

59コメント 登録日時:2018-02-14 16:51 | AFPBB Newsキャッシュ

【2月14日 AFP】米連邦地裁は12日、ニューヨーク市にあったグラフィティ(落書き)の名所「ファイブ・ポインツ(5 Pointz)」を取り壊した住宅開発業者に対し、壁に描かれていたグラフィティ・アートの作者21人に計675万ドル(約7億2300万円)の損害賠償を支払うよう命じた。...

Twitterのコメント(59)

麦もどっかに落書きしてくるよ
@afpbbcomより
これで勘違い野郎がメトロの車両に対する破壊工作にますます勤しみそうだな。
すごい国だな。 /
(捏造人権)視覚芸術家権利法(VARA)違反による損害賠償を求めて訴訟を起こした /
観光スポットになってるもんな。
「連邦法でグラフィティ・アートを保護すべきとした画期的な判断となる」
それまで落書き場を提供してきた功績を考慮して情状酌量の余地ありそう
/ @afpbbcomから
落書きアート消した所有者に賠償命令、総額は7億円超に 米NY
0214 NY連邦地裁は視覚芸術家権利法(VARA)に基づき、失われた45作品に各々15万ドルの賠償を命じる。
すご・・さすがニューヨーク/
『視覚芸術家権利法(VARA)』ってはじめて聞いた。
こういう著作権の保護って大事だよなぁって思う。
所有者は、塗り潰して壊す前にひと言連絡すれば良かったんだろうけど、うちの所有物だし書かせてやったんだから、どうしようが勝手でしょって意識が少なからずあったのかしら。
あたりめーだ。ニューヨークだぞ?5points.
すごい判決だなー。
いろいろ考えさせられるとこあり。
なんかすごい前例ができた感じがする
落書きとアートの境界は「金を生む」か否かなのか
判決の是非もさることながら、金額がシャレにならないな。。コレが確定したら、今後、所有物件に落書きを許可する不動産所有者はいなくなると思う。 /
落書きアート消した開発業者に賠償命令7億円超、米NY:afpbb 20180214
「画期的判決」言うが価値ある動産として位置づけることによって資本側が「表現」を抱え込みにきてるようなつまりこれもまたジェントリフィケーションなのでは
20年間場所が提供されていたとはいえ、グラフィティって取り壊される運命じゃないのか?もともと。
???

「アーティスト側の代理人を務める弁護士らはファイブ・ポインツを「世界一の落書きアートを誇る屋外美術館」と表現した。」
✨とても嬉しい!✨HipHopやGraffiti文化、そしてアートにとつて革命的グッドニュース!✨落書きを消した業者に何億円もの賠償命令だと。
「落書きアート」って単語がとてもみうらじゅん的に思えるけどもう少し捻りがあるといいなあ|
「世にも奇妙な物語」というテレビドラマの、刺青が国宝に指定されたために生活の自由を奪われて、最後には剥製にされた人の話を思い出した。/
ええ?なんてアメリカンなんだww
価値ある落書きを取り壊すから作者は出てきてくださいと作者を募り、落書きに対する器物損壊やか作品を維持管理してきたお金取れていいな

アメリカは公共性高いと犯罪でも許されるところあるからなあ
ずっと見逃してもらってただけなのに文句つけるとかなんだかなー。 /
ここに書かれた落書きは予告なく消されることがあります、とビル所有者は予め落書きしとくべきだったな!
空想法律読本で「キカイダーの所有権は誰のもの?」を思い出すな。光明寺博士はダークの資材を勝手に使ってキカイダーを作り上げた。つまり、A所有の原材料からBが作品を作り上げた場合、作品はABどちらのものになるかって話
今後は場を提供しない人が増えるだけでは、これ。
これから落書きアートを描くなら裁判所の壁だな /
続きを見る落書きアート消した所有者に賠償命令、総額は7億円超に 米NY
論点がたくさんありそうな話題。①取り壊し自体がダメ、ではなく作品を保存する機会が与えられるべきだったという判決②保全しつつ取り壊すとなるとコスト上昇③この判決でグラフィティ容認から排除に転じる人いそう / "落書きアート消した開…"
にゅ、ニューヨークの弁護士やっぱ怖い::(›´ω`‹ )::
判事の弱み暴いて取り巻いたの?←
肯定的な方はご自分のお家に落書きされてもバッチコイ👌なんだなって思っておくね!
遺跡が発掘されたら土地所有者でも勝手に破壊してはいけないのと同種の理屈では /
わかるけど、意味わからん
ほぇ~、アートの勝利ってか!?

@afpbbcomから
「視覚芸術家権利法」 そんなものがあるとは
虚構かと思ったらマジかよ、金額が金額なだけに美しくないな
グラフィティに価値が認められてすごい!とそもそも司法に保護されるグラフィティに価値があるのか?という2つの感情の間で揺れ動いている。
すごい判決。
仮にTwitter社が倒産して、アート含んでTwitter上の情報が全消去したらちょうどこれの大規模バージョンって感じだ。
と考えればTwitterの「公共性」の議論も無理ないかも。
うはー(° ∀。)
これ、すごいおもしろい判決だ。
もうちょっと争点とか知りたい!
すごい、こんな判決出るのか。弁護士ドットコムに解説して欲しい案件
表現の自由である。

@afpbbcomより
改めて記事見ると凄い判決やなー
安かったのか高かったのか本人にしかわからんなw
日本だったらどうなるかな。
このニュースには夢を感じた
アメリカでは1990年に視覚芸術家権利法(VARA)が出来たのか。訴訟の国 アメリカ。表現の自由すら危うい日本とは違うな。
「落書き」アート、今日本では完全に悪者扱いだけど(別にそれに反論もないけどさ)、世界には、グラフィティに対して、こういう視点もあるってことは、知ってて良いと思う。
ハッパだってそうだよ。
何だこりゃ。 /
すげー!5 Pointz のグラフィティのかちだ!
「NY、あぁNY、NY」(一応五七五)
==
俺もNYに落書きして来る
落書きもアートだと認められれば保護されるわけだ。
以上

記事本文: 落書きアート消した開発業者に賠償命令7億円超、米NY 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

関連記事

画像で見る主要ニュース