TOP > 海外ニュース > AFPBB News > 南アジア、210...

南アジア、2100年に「生存不可能レベル」の猛暑に 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

20コメント 登録日時:2017-08-03 14:15 | AFPBB Newsキャッシュ

メディア・報道関係・法人の方向け 写真購入のお問合せ 【8月3日 AFP】世界人口の5分の1が暮らす南アジア地域では、地球温暖化に歯止めをかけるための対策を何も講じなければその高気温と高湿度がさらに進み、今世紀末までに人が生存できないレベルに達する恐れがあるとする研究結果が2日、発表された。 米科学誌「サイエンス・アドバンシズ(Science Advances)」に掲載され...

Twitterのコメント(20)

2100。生きてたいけど多分無理だが、それ以前から人口移動とか、生存圏獲得のための闘争とかがありそうだから、自分のライフスパンでも関係性高そう。
中東と違って、半屋外で暮らしているようなものだからな。トイレも無いのにクーラーを置くようなスラム街になりそうだ。/
そんな気象条件になる過程で、まず食料となる作物が生育できなくなるのでは。
こうさせたのは、いったい誰なのかという話。(これは学校では教えていない)
インド人は火星に移住するしかないな
リングワールドじゃないが赤道上空に回転する帯状構造体の日除けを浮かべて太陽電池貼って、裏側に人間住まわせようぜ。 /
猛暑の緩和をしなければ、大量に難民が生まれることもある。合成の誤謬を避け、各国が地球温暖化を防げればいいんだが…。------
MITなどの研究チームは、気候変動に何も手を打たなければ、今世紀末には南アジアで、高温域が拡大し30%の人が生活不能とするという研究結果を発表。|AFP:
昨日の鯉のニュース見てちょっと想像しちゃった。温暖化なのかどうかは知らないけど暑くなる地域は変わって来てるよね ≫ 2017/08/03
2100年というと遠い未来のように感じるけど、今年生まれる子供達はまだ生きてるわけだから。中東も同様の研究結果があったし、その30億人近い人たちはどこにいくのか。
体温は37℃が至適だけど、外気がそれに近づくと熱交換が起こらなくなり、ダメになるってことかな。
湿度上がってきたと感じる。
「湿球温度」の予測を調査対象としたのは、この種の研究として今回が初めて。湿球温度は気温および湿度とそれに応じた冷却能力を組み合わせたもの。生存可能な湿球温度の限界値は35度。
[緩和策を講じることで、これらの深刻な予測が回避可能になることが期待できる。これは避けられないことではない]
温暖化問題も最初そう言ってたよなあ…。
この猛暑は序章なのか。
だからさぁ~、もう温暖化を止める事より温暖化に対応する方法を考えた方がいいんだってばよ・・・そもそも二酸化炭素が原因ってのも怪しいもんだし: 写真1枚:AFPBB News
【原発に反対しているあなたへ】
どうもこのままではあなたの食卓どころか住んでいるところさえ維持できないようですがこのまま未来を貪って生きますか?
太陽活動が沈静化してプチ氷河期に入るのか、温暖化で生存不能になるのか、人類の未来は波乱含みだな /
国際ニュース
AFPBB News 2017年08月03日(木) 10:48 発信地:パリ/フランス

@afpbbcom
引用:生存可能な湿球温度の限界値は35度... 今世紀末までに湿球温度が南アジアの大半で生存限界値に近づきいくつかの地域では限界値を超えると予測
以上

記事本文: 南アジア、2100年に「生存不可能レベル」の猛暑に 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

関連記事

画像で見る主要ニュース