TOP > 海外ニュース > AFPBB News > 抗てんかん薬、最...
22コメント

仏北部カーンの病院で検査を受ける妊娠中の女性(2009年2月17日撮影、資料写真)。(c)AFP/MYCHELE DANIAU 写真ギャラリーをみる 【4月20日 AFP】フランスで抗てんかん薬として1967年から同国で市販されているバルプロエートが、これまでに国内の新生児2150人~4100人の「深刻な先天性異常」の原因となっていたことが仏保健当局の予備調査で明らかにな...


Twitterのコメント(22)

バルプロエートってデパケンと同じなのかな。とりあえず女性が妊娠時に服用すると催奇形性アップと。
てんかん持ちだけど20歳くらいを境に胎児に影響の出にくいものに変えた。倍くらい値段違うんだけどそれ以上に価値はある。
抗てんかん薬の催奇形性は予てより言われていたことだけれども、4100人は凄いな…
デパゲンとか処方されてる人は注意受けてるよね…
仏 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
第一選択薬なのに・・。

仏 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
追跡調査じゅなくて関係者の手抜きだろ。
アメリカ流の相関研究なら、因果関係無しにされてしまう危険があったかも知れない。 - 仏
つまり、躁鬱とてんかんの人は妊娠する時の断薬がキツいって話。
"てんかん治療のため妊娠中にバルプロエートを服用した女性が先天性異常のある赤ちゃんを出産する可能性は、服用しなかった女性に比べて4倍高いという" /
日本では「デパケン」「セレニカ」等の名称で流通

"てんかん治療のため妊娠中にバルプロエートを服用した女性が先天性異常のある赤ちゃんを出産する可能性は、服用しなかった女性に比べて4倍高いという。" /
坑てんかん薬 、これが影響⁉️
ひえー。 ⇒ 仏
これは。/ 仏 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
デパケンさんも良し悪しっすねぇ…

仏 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

「日本では販売名デパケン(およびデパケンR)、セレニカで知られ、多くの後発医薬品も販売されている。適応は、てんかん、躁状態の治療、片頭痛発作の発症抑制」
羊水検査で30%のダウン症を疑われれば堕胎する国なんで、これはビッグニュースじゃないかな。と言うか、日本でのこの薬品の使用は認められているんだろうか。 /
仏:AFPBB News
てんかん治療のため妊娠中にバルプロエートを服用した女性が先天性異常のある赤ちゃんを出産する可能性は、服用しなかった女性に比べて4倍高い
仏 【4月20日 AFP】フランスで抗てんかん薬として1967年から同国で市販されているバルプロエート
仏 "フランスで…1967年から…市販されているバルプロエート…妊娠中に…服用した女性が先天性異常のある赤ちゃんを出産する可能性は、服用しなかった女性に比べて4倍高い"
フランスで抗てんかん薬バルプロエートが、これまでに仏国内の新生児2150人~4100人の「深刻な先天性異常」の原因だったことが予備調査で判明。催奇性を確認と|AFP: 仏
以上

記事本文: 抗てんかん薬、最大で新生児4100人の先天性異常の原因に 仏 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

関連記事

87コメント 2012-11-17 00:50 - www.oricon.co.jp

アニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の世界最速上映が17日午前0時より東京・新宿バルト9で始まった。全9スクリーン、のべ17回の上映分のチケットは販売開始5分で完売。4101人(券売実績)が“新たな物語の幕開け”を目撃する。 新宿バルト9が入る商業施設「マルイアネックス」1階周辺は「新宿ヱヴァ祭り」としてコラボレーション商品を販売する「エヴァ・コラボマ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース