TOP > 海外ニュース > AFPBB News > 南仏の高校で生徒...

南仏の高校で生徒が発砲、校長と生徒2人負傷 テロとの見方は否定 写真21枚 国際ニュース:AFPBB News

10コメント 登録日時:2017-03-16 22:10 | AFPBB Newsキャッシュ

メディア・報道関係・法人の方向け 写真購入のお問合せ 【3月16日 AFP】(更新、写真追加)フランス南部グラース(Grasse)の高校で16日、発砲があり、校長と生徒2人が負傷した。警察筋によると、武装した生徒1人が逮捕された。また地元当局者の話では、テロ攻撃との見方を否定し、容疑者は「精神的問題」を抱えていた可能性があるとしている。 現場は、ニース(Nice)か...

Twitterのコメント(10)

教育相は、銃を取り出した生徒を止めようとして負傷した校長を「英雄」と称賛。「最悪の事態は避けられた」と述べている。
校長と生徒3人が発砲を受け軽傷、10人が精神的ショックや転倒によるけがで病院に搬送された。ライフル1丁と拳銃2丁、手投げ弾で武装し「情緒不安定で銃に強い関心を持っていた」という。
写真8枚 国際ニュース:AFPBB News
フランス南部グラースの高校で16日、発砲があり、数人が負傷。発砲したのは生徒2人で、1人は逮捕されたが別の生徒1人は依然逃走中。標的にされたのは校長だったという。
@cnni 南仏の高校で発砲、数人負傷との情報
以上

記事本文: 南仏の高校で生徒が発砲、校長と生徒2人負傷 テロとの見方は否定 写真21枚 国際ニュース:AFPBB News

関連記事

画像で見る主要ニュース