TOP > 海外ニュース > AFPBB News > 「自然療法でがん...
39コメント

モナコのレストランで提供されている野菜の料理(2015年4月2日撮影、資料写真)。(c)AFP/VALERY HACHE 写真ギャラリーをみる 【3月15日 AFP】オーストラリア連邦裁判所は15日、脳腫瘍があったが自然療法で治癒したとうそをつき、書籍などを出版していたブロガーの女に対し、人々を欺いたとして有罪の判決を言い渡した。 ベル・ギブソン(Belle Gibson)被告...


Twitterのコメント(39)

本名なんだろうけど「ベル・ギブソン」がいちばん「嘘」っぽい。。 /
@afpbbcomから
チャリティー詐欺をやったことに周囲が気づいてすっぱぬいたのか。天網からは逃れ得なかったかw
うーん。この人はまあ犯罪的だと思いますが、問題の中心は故意にニセ医学を広めることなので、別件逮捕みたいな解決は持続不可能だと思います。/
自然療法好きはエビデンスや科学を軽視しすぎ。
(法王庁よりは良心的では)2015年に、雑誌に病気は作り話だったと告白した /
日本でも厳しく対処してほしい。> 豪 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
これは信じた人もいただろうに( ; ; )→ 豪
水素水周りとか日本のブログもひどいもんだが、まあなかなか逮捕にはいたらないよなあ /
"ギブソン被告への量刑の言い渡しはまだだが、消費者法により同被告に対する22万豪ドル(約1900万円)と、被告が経営する会社に対する最高110万豪ドル(約9500万ドル)の罰金が科される可能性"
ニセ医療本の売り上げから寄付しますと言ってたのも嘘だった。裁判で1億円を超える罰金。日本でもニセ医療・ニセ科学から罰金取れないかな? /
捕まりな人逃げてください。個人への罰金2000万近くですよ。

消費者センターって消費者団体と思ったら行政なのね。ぐぐればいいことではあるけどそこらへんフォローほしかったのれす>AFP

>被告は本の売り上げから30万豪ドル(約2600万円)をチャリティーに寄付すると明言していた。しかし2015年に、寄付をしていなかったこ


この女性が「がん(脳腫瘍)」という病気だった訳じゃなく、社会の「がん」になったんですね…(^0^;)
アーユルヴェーダが否定された訳じゃない(肯定もなし)。

虚偽の主張に基づいて著書やアプリを宣伝し、「虚偽または詐欺的な行為」を
→はい、欧米に見習えな人、見てますか?豪だからダメですか?日本でも"詐欺罪"での逮捕を検討してほしいところ
こういうのを信じて正しい医療行為を受けないことを選択した結果,人生を不必要に早く終わらせた読者もいたことだろう. /
日本もどんどんやれ -
豪 :AFPBB News
ぜひ日本の消費者センターも後に続いていただきたく
豪[ ]。「オーストラリアの雑誌に対し、病気は作り話だったと告白した」。チャリティーに寄付すると明言していたが寄付していなかったのがばれたのがきっかけのようだ。
七屋のそへへへららら
嘘八百でエコロハ商法と詐欺やってたやつにようやく有罪判決


これ日本でも健康食品系に適用しまくると面白いことになりそう。

ニッポンのミナサーーーン!!!嘘吐きは有罪になりますよーーーーーー!!!!!
音楽ブロガーにも、時々こーゆータイプいる。稼ぎ方は自由だけど、嘘は辞めて欲しい。

> 豪
まさか日本だったら歴史的な判決と思ったら、オーストラリアの裁判だった。
ネット上では平気な顔をして嘘を書く人が多くいる。
そろそろ法整備が必要か?
豪 インド古来の治療法アーユルベーダや、グルテンと精糖を抜いた食事などの代替治療によって脳腫瘍を克服した
@afpbbcomさんか
おー、こういうの海外でもあるんやなー。
おぉ "被告に対する22万豪ドル(約1900万円)と、被告が経営する会社に対する最高110万豪ドル(約9500万ドル)の罰金が科される可能性" AFP: 豪 @afpbbcom


素晴らしい判決です
閲覧中。 - 豪 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
こういう嘘情報はたどって行くと必ずと言っていいほど商売に結び付いている。それが嘘だと言う証拠だ
「 豪」

身内がガンになって、この手の商売の罪深さがよくわかった。
「切らなくて良いんですよ」という嘘に人はすがってしまうし、すがってしまうと間違いなく即処置した時より悲惨な状態に。
日本では事業レベルでも逮捕者出ない甘さw
日本の司法でも裁いてください
豪 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News 「インド古来の治療法アーユルベーダや、グルテンと精糖を抜いた食事などの代替治療」
真面目に闘病している人達に失礼❗️
以上

記事本文: 「自然療法でがん治癒」とうそ、ブロガーに有罪判決 豪 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

関連記事

50コメント 2016-01-20 08:06 - www.nikkei.com

裁判記録をとじた厚いファイルを開き、埋もれた事案に目を向けてみれば、当事者たちの人生や複雑な現代社会の断片が浮かび上がってくる。裁判担当記者の心のアンテナに触れた無名の物語を伝える。 高齢の父親が末期がんで余命1カ月の宣告を受けた。わらにもすがる思いで娘が頼ったのは「がんは治せる」とうたう自然療法だった。なけなしの500万円を支払って施設に預けたが、父親はすぐに体調を崩し、8カ月余り後に亡くなった...[続きを読む

画像で見る主要ニュース