TOP > エンタメ > 4Gamer.net > [CEDEC 2...

[CEDEC 2017]ゲームの品質管理はAIに任せる時代!? スクウェア・エニックスが活用法を語る - 4Gamer.net

13コメント 登録日時:2017-09-02 16:03 | 4Gamer.netキャッシュ

武器の強さが変わる「スキルスコア」と呼ばれるシステムもある このように多数のヒーローが存在して,職種も武器もアクセサリーも膨大となると,組み合わせの数が想像するだに恐ろしいものとなることは言うまでもない。そのため,「新しい組み合わせが,たまたまゲームバランスを破壊してしまう」事故が起きる可能性も,また高くなっている。 だが,その膨大な組み合わせを人間の...

Twitterのコメント(13)

スクウェア・エニックスが活用法を語る…
本年度のCEDECにて。グリムノーツ開発においてプレイヤーAIの導入事例。
昨年の卒論でターン制バトルの自動テストやって、GAは今後の課題にしてたのですがやっぱりきましたね。
QAのAI化は有用だけど、バランス調整は微妙じゃね?
こんだけやってグリムノーツは面白いの?
凄い興味深い。そのうちAIが作成したゲームとか登場して、人類を洗脳する程度には活躍してほしい。
なるほどわからん。
自動テストが自動で組まれるようになる時代はもうすぐに来そう -
ゲーム画面そのままではなく、AIが理解しやすいようにゲームをモデル化しているところがポイント> :
ゲームがプレイヤーレベルについていけなくなった時に離れるっての面白いな。確かにとも思うし。 /
AIに対しては正直な所、脅威を感じているし、コンテンツ制作の重要な柱になる可能性も感じる。でも、とりあえずゲームに限っていえば、完璧なバランスのゲームが面白くなるとは思えない。どこかが悪くても、それが楽しいかどうかが大切。
海外のゲーム会社では20年前からやってるような… <
以上

記事本文: [CEDEC 2017]ゲームの品質管理はAIに任せる時代!? スクウェア・エニックスが活用法を語る - 4Gamer.net

関連記事

画像で見る主要ニュース