TOP > ニュース総合 > 47NEWS > スマホで遠隔操作...

スマホで遠隔操作、雪溶かす装置 豪雪の自治体に販売 - 47NEWS(よんななニュース)

10コメント 登録日時:2014-02-18 18:02 | 47NEWSキャッシュ

水道管理システム開発の小松電機産業(松江市)は18日、スマートフォンやタブレット端末で「消雪装置」を遠隔地から操作して散水し、道路などの雪を溶かせるようシステムを改良、運用を始めたと発表した。豪雪被害に苦しむ自治体に売り込む。 パソコン以外の持ち運びに便利な通信機器で操作できるようにした。 消雪装置の導入費用は、1カ所当たり200万~300万円。現在、新潟、富山、石川、福井、滋賀の5県...

Twitterのコメント(10)

「なんどスマホやなくてスマフォといえば事件」まぁ、システムは面白そうだな。 /
スマホ本体単体で溶かすなら、もっとすごいのにな。 /
融雪装置はあると便利なんだけど気温が下がり過ぎる地域では使えない…っていうか使うと危ないんじゃないかなって思われ。 /
スマホ・タブレットで操作するメリットがいまいち感じられない。豪雪地帯は基本的に流しっぱなしなイメージがあるからなぁ。/
ほんとかすげぇな /
ほぇ。RT @47news: スマホで遠隔操作、雪溶かす装置 豪雪の自治体に販売
遠隔操作もいいけど、たまにある無駄に勢いの強い消雪装置を落ち着かせる機能の実装が望まれるところ RT @47news: スマホで遠隔操作、雪溶かす装置 豪雪の自治体に販売
「スマートフォンやタブレット端末で『消雪装置』を遠隔地から操作して散水し、道路などの雪を溶かせるようシステムを改良、運用を始めた」 RT @47news: スマホで遠隔操作、雪溶かす装置 豪雪の自治体に販売
スマホで操作できることになんのメリットが?
以上

記事本文: スマホで遠隔操作、雪溶かす装置 豪雪の自治体に販売 - 47NEWS(よんななニュース)

関連記事

画像で見る主要ニュース