TOP > ニュース総合 > 47NEWS > 少量血液でがん検...
24コメント

富山市のプラスチック製品メーカー「リッチェル」は、がん患者の血中のがん細胞を捉える検査用の樹脂チップの量産に乗り出す。チップは1、2ccとごく少量の血液からがん細胞を効率的に分離できるのが特長。本年度内に体制を整え、将来的に全国の医療機関に販売したい考えだ。 抗がん剤の効き目やがんの転移を調べるため、患部を切り取る検査は患者にとって負担が大きいが、チップの実用化で負担を極めて小さくできる...


Twitterのコメント(24)

富山市のプラスチック製品メーカー「リッチェル」、がん患者の血中のがん細胞を捉える検査用の樹脂チップ。1、2ccの血液からがん細胞を効率的に分離。
【ニュース】富山市のプラスチック製品メーカー「リッチェル」は、がん患者の血中のがん細胞を捉える検査用の樹脂チップの量産に乗り出す。チップは1、2ccとごく少量の血液からがん細胞を効率的に分離できるのが特長。
抗がん剤の効き目やがんの転移を調べるため、患部を切り取る検査は患者にとって負担が大きいが、チップの実用化で負担を極めて小さくできる>>
47NEWS がん患者の血中のがん細胞を捉える検査用の樹脂チップの量産に乗り出す。チップは1、2ccとごく少量の血液からがん細胞を効率的に分離できるのが特長。 -
リッチェルて、ベビー用品てお世話になってるとこ?おおぉ
:チップは1、2ccとごく少量の血液からがん細胞を効率的に分離できるのが特長。本年度内に体制を整え、将来的に全国の医療機関に販売したい考え。
@CHIBAREI_DURGA チップは1、2ccとごく少量の血液からがん細胞を効率的に分離できるのが特長
待ってました!!ヽ(´▽`*)ゝ
RT @47news 少量血液でがん検査可能 富山のメーカー、チップ量産
興味深いね! 
RT @:::
【少量血液でガン検査可能 】
こういう技術がドンドン開発されると寿命は延びるのだろうが、一方で高齢化はより進行する。政治・行政・社会・経済と総合的な国力、対応力が試される。RT @47news 少量血液でがん検査可能 富山のメーカー、チップ量産
リッチェル いいね! ( →_→)  富山のメーカー
ほぉ~、凄いな~『 抗がん剤の効き目やがんの転移を調べるため、患部を切り取る検査は患者にとって負担が大きいが、チップの実用化で負担を極めて小さくできる』"@47news: "
以上

記事本文: 少量血液でがん検査可能 富山のメーカー、チップ量産 - 47NEWS(よんななニュース)

関連記事

23コメント 2012-07-18 16:06 - news.2chblog.jp

<大腸がん、1滴の血液で早期発見 神戸大などが成功> 1滴の血液から大腸がんの指標となる四つの物質を発見し、それらを使った診断法を開発することに、 神戸大大学院医学研究科(神戸市中央区)などのグループが成功、12日付の米科学誌プロスワンに発表した。 従来の方法では診断が難しかった早期の大腸がんでも見分けられ、早めの治療につなげることが期待できるという。 大腸がんは食事の欧米化などに伴って増...[続きを読む

画像で見る主要ニュース