TOP > IT・テクノロジー > WIRED > ジョブズが遺した...

ジョブズが遺した「宇宙船」──その“狂気”のデザインと魔法の力 | WIRED.jp

87コメント 登録日時:2017-09-12 08:21 | WIREDキャッシュ

スティーブ・ジョブズの「最後の作品」であるアップルの新社屋が完成する 。“狂気”を感じるほど精緻につくり込まれ、隅々にまでジョブズの“魂”が宿った、宇宙船のような奇妙なデザインの巨大建造物──。その裏側に迫った。...

Twitterのコメント(87)

これは信仰だ…………
@wired_jpより
「手すりはネジで取り付けることもできるが、それは本質的には後づけのやり方だ」と言う。「でも根本的にはデザインで解決できることなんだ」
スティーブ・ジョブズは新しい本社キャンパスを通じてアップルの未来を描こうとしていた。 彼以降の時代、 そして究極的には、 われわれ誰もがいなくなったあとの未来だ。 –
ようやく読了。なかなかの読み応えがあった
一気に読みきった。これは1つの製品だな。
プランや製造プロセスのポリシー、日本は他のテック系を好むのもわかる。
面白かった。アイデアと知識。
「本当に難しい問題について考えなければならないとき、わたしは自然がある場所に行く。それが今すぐにできるんだ! シリコンヴァレーにいる気がまったくしないだろう」
絶句。こういうのが技術とかデザイン、文化を進める建築…壮大な神殿作る映画みたい。
ガラス板製造機の開発から、メルヴィル以来の白の専門家、あと神に禁じられたボルト…
最後あたりの「アップル・パークは、それを描き出した男の『建築版アヴァター』」は、確かにそうだと思わせる。日本建築の要素も少なくない。/ジョブズが遺した「宇宙船」その
すごすぎ。
綱島のアップルはどんなかんしかなのかな~?
理想郷なのか、
それとも、
ものごとへの拘りが
狂気じみた段階まで
突き進んでしまった
潔癖性の悪夢なのか。
新社屋に関してはWIREDの記事も合わせて読みたいところ。
長い。ヤバい。>
色々とイカレてて素晴らしい。必読「 」。
ついに完成したのか。見に行ってみたいし入ってみたい。ジョブズの遺物としては最後になるのかな [Link] :
凄いなぁ〜〜別世界みたい
あとで見る
iPhoneの新作よりこっちの方が注目に値するという意見も散見された
すごい!社屋も記事も力作。。
・・・アップルでは配線が外に出ているのは犯罪に等しい・・・
ある意味スティーヴ・ジョブズ版「Dr.コッペリウス」なのかも知れない。→
これは現場で浸ってみたい建築物

>
@wired_jp
知見と技術と意思の集合体なのな。
この文章を読むと、宇宙船じゃなくてジョブズ古墳に見えてくる。
割と長い記事なんだよな。内容はええ
iPhoneXよりも新社屋がいつの間にか完成してたほうが関心ある
"新社屋でボルトを使うことは、神によって禁止されているのだ。" "1枚当たり約200tのドア"
かっこええwww
これは読み応えある記事。やっぱりこれがジョブズだなぁ →
怖いくらいに凄い>
ジョブズの最後の仕事。行ってみたい。
細か!

"どんな木材を求めているのか正確に知っていた。ただオークがいいとかカエデがいいとか、そういうことじゃない。柾目(まさめ)で、冬、それもできれば1月に伐採されたものでなければならない。樹液と糖分の含有量を最小に抑えるためだ"
@wired_jpから
狂気の最先端の宇宙船だな
「新社屋でボルトを使うことは、神によって禁止されている」「アップルでは配線が外に出ているのは犯罪に等しい」

おそろしいな😥
凄いねこりゃ。
アップル本社の建物「アップル・パーク」に関する記事。ジョブズが12歳でhpでバイトを下という話が出て来るが、このあたりが彼我の違いかもしれない。
行きたい。
色々やばい… /
ジョブスの意志は今のAppleにちゃんと受け継がれてるんやな。
妬みみたいな批判があっても、信念を貫く感じはジョブスが居た頃と変わらない。
そのうち、遊びに行ける日が来るかなぁ。もう少し世の中が落ち着いてからでないと、怖くて出歩けないけどさ…  >
シアターは円形のガラスの上にカーボンの屋根、アップル教の総本山はPCを建築に拡大したフォスターミニマルの極地。坪いくらだと言う野暮な基準はここにはない。サグラダファミリアとディズニーランドとアップル本社というカテゴリーの建築。
ジョブズが遺した「宇宙船」──その'狂気'

良記事。ジョブズの最後のプロダクト。久しぶりに彼の思想に触れられることができた。
良記事であると言わざるをえない /
ほんとか? 優れたスタッフはノートPCとヘッドフォンがあればどこでも仕事すると思うが"スタッフたちはアップル・パークを完成させるために費やされた努力に報いようと、新製品の創造に心血を注ぐようになるだろう" / "ジョブズが遺した…"
Apple Parkやばい、隅々までデザインされてる。/
Jobs x Foster 最高.
建築には興味なかったけど、新しいアップルの社屋の記事を読んでしびれた。
ここまで細部にこだわるのか!と驚く。建築家やデザイナーは新社屋を見てみたいだろうなあ。
おしゃれではあるけど機能性を犠牲にした感が半端ない。雨の日とか社内移動も大変やろ。西海岸雨降らないのかもしれないけど。→
アップルパーク、想像を絶する細部までのこだわり。ただどことなく戦艦大和とイメージが重なる気がしないでもない。→
生き物や自然や子供とかの"自由の気"が無いと息苦しくて死んじゃうタイプなんで、これは良い(まだ全部読めてない)
2年間くらい建設過程をはたから見てて「なんか空飛びそう。宇宙と交信しそう」って思ってたけど、その印象はだいたい合ってた-----------『"のデザインと魔法の力』WIRED.jp
やっと完成したんだ。中に入りたいなぁ
色々理想過ぎるんだけど、Apple社内のMacへの電源どうなってんだろ
ジョブズ未だ健在!!!!
> 品質とイノヴェイションを最高レヴェルに高めることを目指すうえで、環境はモチヴェイションになる
時間の感覚なくなったわ
「アップルはカフェから自分のポッドにピザを持って帰る場合の容器まで開発した」これ読むと今晩の発表がますます楽しみになる。/
感動的です。「"のデザインと魔法の力」
ついつい全部読んでしまった
フリーザの宇宙船に感銘を受けたジョブズさんが・・・。
新しいiPhoneよりやっぱりこっちの方がめちゃめちゃ気になる…
さて今回はAppleの新社屋以外にコンシューマー用製品は何が出るのか?
す、すごい・・・(*ノωノ)
どんな木材を求めているのか正確に知っていた。柾目で、冬できれば1月に伐採されたものでなければならない。樹液と糖分の含有量を最小に抑えるためだ。その場に居合わせたのはそれなりに経験を積んだ設計者たちばかりだったが、みんな言葉も出なかった
最後にとんでもないプロダクトを作ったなー。>
永久保存版すぎる。
-
"スティーブ・ジョブズの死から6年近くが経ち、「最後の作品」であるアップルの新社屋が完成する"

うむ。
もう6年もなるのか。
"のデザインと魔法の力。ジョブズの死から6年近くが経ち、「最後の作品」であるアップルの新社屋が完成する。
本日開業のジョナサン・アイヴのデザインの新本社社屋。宇宙飛行士がぐるりと回転しながらランニングしたあの2001年宇宙の旅の宇宙船のよう。「宇宙船」──その
緑があることが心に平安をもたらす/運命の土地につくりあげた「理想の森」
★駐車場を一部上に持ってきたのは大失敗だと思う。汚い
「細部まで注意深くデザインを発展させること、そして自分の考えを貫き通すこと。簡単でみんなが反対しないような標準的な仕事のやり方はしない。それだけだ」(アイヴ) |
知識もさることながら中世の貴族みたいな感じ>マフリーはアップルCEOの好みと知識に舌を巻いた「大抵の専門家よりセンスがよかった。見るだけでどの木の形がいいか判断できたんだよ」 "のデザイン
〜Apple新本社の詳細について〜
【"のデザインと魔法の力】 | WIRED.jp
以上

記事本文: ジョブズが遺した「宇宙船」──その“狂気”のデザインと魔法の力 | WIRED.jp

関連記事

画像で見る主要ニュース