TOP > IT・テクノロジー > WIRED > ドミニク・チェン...

ドミニク・チェン | 生身の人間そのものへの気付きや注意が増すように情報技術を使役すること « INNOVATION INSIGHTS

23コメント 登録日時:2015-08-23 20:57 | WIREDキャッシュ

ビッグデータ社会が進むにつれ、いま先駆者たちの中で最も議論されるテーマのひとつに「人間性」がある。ディヴィデュアル共同創業者のドミニク・チェンは、情報技術イノヴェイションの先に、現実の世界を見つめ、感じる、生身の人間性を指向する重要性を語る。...

Twitterのコメント(23)

尊敬する人の言説に触れるだけでこうも簡単に救われるんだから不思議だ
「人間の現実世界に対する解像度を上げ、生身の人間の気付きや注意が増すように情報技術を使役する。」
賢い方の文系の人の文章という印象を受けた。チューリングの大聖堂を読んでベイマックスを見たけど、自分にはこういう文章は書けないな。「人間が常に人間を必要とする」にうまい具合に戻ってきている。 /
@wired_jp: 今日のぼくたちは人を殺すことではなく、人を生かすことを主眼にすえて情報技術と向き合える時代を生きている。(ドミニク・チェン)
今日のぼくたちは人を殺すことではなく、人を生かすことを主眼にすえて情報技術と向き合える時代を生きている。(ドミニク・チェン)
コンピューターは人間より優れた「秩序ある社会」をつくれるかもしれない。
技術者側も非言語情報処理が「人間的」って感覚なのかね。
60%の人間はプログラミングの素質がない
@wired_jp: 計算機を擬人化したりして人間的な関係を結ぼうとするのではなく、計算機とは計算機的な関係を結ぶ方が、世界が豊穣になる(ドミニク・チェン)
[link] : / なるほどなぁ
アジア的感覚の欧米的開陳
「未来にも人間は残るでしょう。そして人はいつも人を必要とするでしょう」
"現代の計算機械は妖怪か?"おもしろかった。(あ)
ITは、私たちの意識や身体感覚と深く結びついた、未知の関係性を構築しつつあります。その先は..
>
"人間から機械に寄せていくこともできれば、そうではなく機械のロジックを人間に寄せることもできるわけです" /
読んだ 》
「体と無意識は自分にパーソナライズ化されたビッグデータ処理機能」であると言っていたのです。確かにぼくたちの体や無意識は常時、この世界に溢れる感覚的、非言語的な情報を摂取し、意識に上らせるように表現を行っています。
コンピューターは人間より優れた「秩序ある社会」をつくれるかもしれない。ぼくたちはそろそろ真剣に、このヴィジョンに従うのか否かを、ただ考えるのではなく、決断して行動する必要がある。
ラジオで触れられてたことに関連した記事を丁度少し前に読んでいたので、メモ的ツイート。
/* あとで見る */ ⇒
以上

記事本文: ドミニク・チェン | 生身の人間そのものへの気付きや注意が増すように情報技術を使役すること « INNOVATION INSIGHTS

関連記事

画像で見る主要ニュース