TOP > IT・テクノロジー > WIRED > ロボットは人間の...

ロボットは人間の仕事を奪わないが、やりがいは失われていく|WIRED.jp

24コメント 登録日時:2018-07-12 08:06 | WIREDキャッシュ

ロボットは汚くて危険で退屈な仕事を人間の代わりにやってくれる。一方で、人間が学習する機会やほかの人たちと関わる機会が減り、やりがいが失われてしまうのではないか──。ロボットが導入されるさまざ...

Twitterのコメント(24)

某エモンが、AIが発達しても人間の仕事はなくならないと主張してましたが、こちらの記事では仕事はなくならないけども残った仕事はやりがいのないものになるかもしれないと指摘されています。> @wired_jp
それでも使わないと
ロボットを導入する際に、その後の人の働き方も設計する必要性を感じる。
目先の利益だけを追い求めると結局は失敗する。

@wired_jp
ロボットは汚くて危険で退屈な仕事を人間の代わりにやってくれる。一方で、人間が学習する機会やほかの人たちと関わる機会が減り、やりがいが失われてしまうのではないか。現場を長年にわたって調査してきた研究者による考察。
@wired_jp
学習や熟達の機会を奪うのではないかという意見。  @wired_jp
仕事の意味を再構築しないと、退屈な時間つぶしが待っている: @wired_jp
より没頭する仕事をするか、仕事をしないというライフスタイルを謳歌するか。とにかく仕事が全てではないと割り切って、退屈からさっさと抜け出すのがいい。> @wired_jp
「仕事の再設計」か。なるほどいいフレーズだ。

@wired_jp
仕事の分業や平準化、俗人性排除も同じ。

@wired_jp
ロボットやAIが人の仕事を奪うって危惧する人は多いけど実際のところその解決策を明確に挙げているひとは、かなりすくない。
文句言う暇あんなら策を言え。
ロボットの周りで働く人のやりがいは失われていく。ロボットの導入と同時に仕事を再設計する必要がある。

@wired_jp
実際にロボットを導入している病院での話なので説得力があるね。
@wired_jp
ロボットを仕事に導入すると、「学習の機会も、ほかの人とかかわる機会も減り、やりがいが減る」との指摘。
@wired_jp
作業の機械化が、効率を良くする代わりに人間からやりがいや学習機会を奪うことは、以前から指摘されていた。
しかしそれらは他の場所に見出すことが出来る。
AI導入が仕事を再設計する機会になる。再設計すれば新たな仕事の機会とやりがいが生まれる>

@wired_jp
やりがいというとあれだが、ロボットに任せることで本来人間が体験して経験・学習する機会は確かに失われるだろうなあ・・・

@wired_jp
ちょっとは難しくないとやりがいがなくなるとかなんとかいう話だとすると、所謂ポチポチゲーと言われていた5ボタンを押していれば良いようなゲームの継続力か何かにヒントが……無いか。
なるほど確かに。
@wired_jp
どんな仕事にも「試行」ののちに「狙った結果」が得られたとき、人間は面白さを感じてしまうのだと思うけど、単純作業にも当然その面白さがあるわけで、...
仕事の流れがロボットがいる前提ではないから、そもそもを見直す必要があるんだろうなあ🤔 "「仕事を再設計」する必要性"/ @wired_jp
アホちゃうか?例えば農機具が生まれて少人数で効率的に大量の農作物が作れる様になった。それをボケ〜っと眺めているだけか新たな流通システム考えるなどして更に良い世の中にしようと行動するかは人それぞれ
ロボットが賢くなればなるほど、『余ってる人間にでもやらせとけば十分な仕事』は増えていくけど、やりがいがあるかどうかは分らんよね。
ロボットなどのオートメーションで、人間のスキルが低下するだけでなく仕事が退屈になるという考察。楽しく学びのある設計が、ロボット業界の差別化の要素になるのかも。
以上

記事本文: ロボットは人間の仕事を奪わないが、やりがいは失われていく|WIRED.jp

関連記事