TOP > IT・テクノロジー > WIRED > 「ニーズ」に死を...
713コメント

2017.01.03 TUE 10:00 「ニーズ」に死を:トランプ・マケドニア・DeNAと2017年のメディアについて 2016年、米国ではドナルド・トランプが大統領に選出された背景で「フェイクニュース」騒動があった一方、日本では大企業が無自覚に偽情報を垂れ流していた。「post-truth」化が加速する2017年に求められる価値について、弊誌編集長から、年頭のエディターズ・レタ...


Twitterのコメント(713)

これは良い記事。 >
弊誌のあるスタッフが「バズ」という現象についてうまいことを言っていた。記事が食べ物だとするなら、いま「読まれる記事」は、とにかく「のどごし勝負」だと言うー
しかし、その2記事の更に先にあるものとしてWIRED編集長のコラムをお勧めしたい。これはWEBメディア全体における「バズ」の意味を掘り下げた名文。
⇒「イノヴェイションは勇気から生まれる」というのがぼくらの見解だ。そして「市場に信任されるものはいいものである」という・・戯言・・
「マスメディアというものは…共有できる場所や、言葉や、価値を探るものだったように思う。トランプの選挙で旧メディアが全面敗北したというのは、マスメディアが棲み家としてきた、そうした『共有地』を誰も欲していないということを意味している」
自分の中で考えられることは微々たるものだし、その結果を広められるような影響力も無い。でも、「思考放棄」だけはしたくないと思った。これでも哲学や思想を専攻してた者の端くれだからさ→
「いくらニーズがあったところでゴミはゴミ」

wired編集長の新年のご挨拶もめちゃ良かった。編集長っていうよりも個人として気負わず奔放な書きぶりだけど、言い得て妙なエッセンスがたっぷり、ってとこがかっこよすぎる。
「ニーズ」に死を:トランプ・マケドニア・DeNAと2017年のメディアについて|WIRED
>のどごし勝負の市場原理、すなわちニーズ至上主義と、(中略)デジタルテクノロジーが手を組むことによって生み出されたこの奇怪な現象の奇怪さ
ポスト「真実」時代
ニーズ主義、マーケット主義の怖いところ
「post-truth」化が加速する2017年に求められる価値
こうして現代の風潮に迎合しながら悲観してみせるのも、情報消費社会特有の記事なのだが。テクノロジーの観点から言うと、ニーズはとっくに過去のものだ。
イノベーションは勇気から生まれるというのは激しく共感。
自分もコンテンツ作ってみたいとかたまに無性に思うけど、そんな時に個であっても思う「認められるかな」って。それに惑わされない勇気を。
なかなか興味深いね
長く読み応えがある上、この『のどごし』は好き。
この記事を書く = ニーズがあるとWIREDは思うんだから『すべてが堂々めぐり』。 /
ほんと、どれが正しいのかわかんない
求められているものだから嘘でもクズでも社会的非正義でもいい、みたいなのがいわゆるバイラルメディアなんだけど、本当にクズだな。
よく表している記事だと思います。
Post-truthって日本のマスメディアでは全然扱われてないけど、今後を考える上で重要なキーワードだと思う。
win-winなら何でもOKっていう風にしちゃうと、結果的に不利益を被ることになるっていうのは件のメディアを見てて思ったな。 /
"「fact」はない、あるのはただ「opinion」のみ"
ニーズや市場を絶対正義としてしまうと、デマも偽ニュースも消費者が喜ぶなら価値があることになっていまうという批判。

疑似科学も同様ですね。しかし、post-truth批判の記事の中でトランプの発言を捏造してしまってるのはなんとも皮肉。
研究者・技術者がニーズにのみ囚われたら、ロクでもない方向に向かう可能性が高まるのに、そういう人(特に儲けた人)を優秀という風潮がある。しかし、研究者・技術者が強い心で距離をおいても、本来の意図とは違う宣伝される。

ツライな。
読んだ。良い感じに毒が滲んでいるし、閉塞感が沁みだしている。/
これは良い記事だ。
ニーズという言葉が嫌いです、と言ったら教えてもらった記事。常にメディアは想像力を引き起こす媒介でありたい。/
「「バズ」という現象についてうまいことを言っていた。記事が食べ物だとするなら、いま「読まれる記事」は、とにかく「のどごし勝負」だと言うのだ。栄養価でも、味でもなく、ただひたすら「のどごし」のいいもの。それだけが読まれ、消費されていく」
「のどごし」かあ
Post truth云々を経てメディアはもはや、ツイッターユーザーの一人と同じ価値にしかならないわけで、むしろ声明の部分での差異が重要か…

「ニーズ」に死を:トランプ・マケドニア・DeNAと2017年のメディアについて|
"何にうんざりしたかと言えば「イノヴェイションはニーズから生まれる」というちょっと頭を使えばデタラメだとわかりそうな俗信を(日本が誇るべきはずの研究所のお偉いさんが、よもや)信じていること。"
トランプがオバマやヒラリーにそうするように、ヒラリーもサンダースに対して同じことをしていたような?→
"イノヴェイションは勇気から生まれる"
"こういうときに使われる「ニーズ」の語は、思考放棄の現れなのだと思った方がいい。(中略)、結果として「ウィンウィンならなんでもいい」という判断がまかり通ることになる。"
「知ってて「愕然」とか言ってるなら「とんだカマトトじゃんか」となる。いずれにせよ、そんな人物が医療スタートアップをやってるとかいうのだから、ITビジネス界隈というのは改めて信用する気になれない。」
辛辣だけど事実だからね。
読みました。「イノヴェイションはニーズから生まれる」「市場が評価してくれる」という「嘘」を喝破した良記事。ウチの業界についても抱いていたモヤモヤが少し言語化されました。考えながら、淡々と歩もう。/「ニーズ」ニーズ死を:
会議のくだりが面白かった。「のどごしのよい記事」かぁ〜。これまで数値化出来なかった部分こそなんとか数値化しようと技術が進歩する中で、閉じたムラの中で上手く回っていたのを1回冷静になろうぜ状態かと / "「ニーズ」に死を:トランプ…"
めちゃくちゃ面白い記事だった。どんなゴミでも「マーケットのニーズ」に即していれば社会の善となる。記事が食べ物だとするなら、いま「読まれる記事」は、とにかく「のどごし勝負」 / "「ニーズ」に死を:トランプ・マケドニア・DeNAと…"
六年ほど前からずっと言いつづけてきたことをほかの方が書かれていたので驚きました。
「ニーズ」に死を:トランプ・マケドニア・DeNAと2017年のメディアについて|WIRED 〈「外部」というものがどんどん失われて行っているようなイヤな感じをずっと抱いてきたが、それが、いよいよ本格的に実体的なものとして姿を表した〉
消費者ニーズがあるからメディアを作るのか、イノベーションがあるのか、これは嘘に過ぎなかったのだな🤔需要に応えることは全てじゃない。
ポスト真実。外部の存在しない閉じられた世界。面白かった
こんな面白い記事を見逃していたのは失敗だった。

「「ニーズ」に死を:トランプ・マケドニア・DeNAと2017年のメディアについて」
信頼と期待、か。素晴らしいな。 /
;イノベーションはやはりニーズから意味出されると思うけれど。ただし、それは無自覚な、自明でないものだろう。
面白かった→
良い記事。
一時期議論になってデザイナーがぶち切れたyahooのウェブサイトのABテストによるデザイン構築みたいな問題ね。//
作りたいものを作った、でいこう。
これ、すごい思う。
「そこで生成され消費されるものが、どんなに「ゴミ」であっても「ウィンウィン」が成立してしまうところにある。そして、最も浅はかな連中は「ウィンウィン」であることをもって、それが「善」だと言い張るのだ。」
"どんなゴミでも「マーケットのニーズ」に即していれば社会の善となる。〜しかし、いくらニーズがあったところでゴミはゴミだ" /
ウィンウィンでうまくいってる閉じた系が常に正義であるとは限らない。むしろ数値化できない価値をこそ、だな。/
三が日に話題だった記事やっと読んだ。「イノヴェイション」というwired特有の言い回しが皮肉っぽくてよい。/
人は易きに流れる。だから期待が必要だと。考えさせられる内容だった:
本当に本当にこれ。数値化出来ない価値など無いと本気で思い込んでいる人間のなんと多いことか。記事内でもいくつか例が挙がってるけど、そういった人間が超エリート層の中に入れてしまう現在のシステムや風潮は非常によくない。|WIRED.jp
読めば読むほど深味のある良記事。→|WIRED.jp
後で読むかも:
今後も、株主総会や議会の議決などで「数」は必要になのかもしれない。でも、一方で、私たちは「数をあてに出来ない」時代を、切り拓いてしまった、のかも。
面白かった既存マスメディアの敗退を今の時代真実を欲しがらなくなったからで結ぶのは強引すぎるのでは。「外の世界」を独占して都合のよいように報道してきたことで信頼を失っていることも考慮すべき。 / "「ニーズ」に死を:トランプ・マケ…"
ちょっと後で読む
《いくらニーズがあったところでゴミはゴミだという話は依然としてあるし、マーケットにとっての善がすなわち社会の善とは限らないのも言わずもがなのことだ。》
業界を超えて現代社会に蔓延する、偽善的なモノ・コトつくりの本質に疑問を投げかける面白い記事。自分の創作に対しても、常に問うていきたいと思います。|WIRED.jp「ニーズ」に死を:
読みにくいけどおもしろかった。
若林恵氏の檄文。
WIRED若林編集長の2017年はじめのエディターズレター。的確で美しすぎてシェアせざるを得ない。2017年がんばります。
post-truthて何か、わかりやすいです
"いくらニーズがあったところでゴミはゴミだという話" 素晴らしき切れ味。
誰が言ったか忘れたけど美味しさの6割は食感だったような。のどごし重視は言い得て妙
「どんなに「ゴミ」であっても「ウィンウィン」が成立してしまう」ってまさに喜劇。 /
ニーズからなにかをしようとするから、面倒で難しいことになるんじゃないかと考えていたらニーズに関しての話しを若林さんが書いていたのでメモ。ニーズの話以外もとても良い。
久々に長文読んだ。
ちょっと遅れ馳せながら読んでみたけど、本当に大切なことが書いてあった。栄養も味もないが「のどごし」だけは気持ちいい記事がPVを得て金を稼ぐ社会。これは不幸だし悲惨だ。
身に染みる
"「ニーズ」という言葉が嫌いなのは、結局のところ、そこになんの「信頼」も「期待」も賭けられていないからなのだろう。"
ニーズなんていうのは、成功理由の後付けだから。
「ニーズ」という言葉が嫌いなのは、結局のところ、そこになんの「信頼」も「期待」も賭けられていないからなのだろう。
ニーズってうさんくさいなと思ってはいたものの、ことばを与えるのかなり難しい。自分なりに考えるとっかかりになりました。
この記事すごく好きで、さっきもまた読んでしまったのだが。いいね数&はてぶ数がすごいことになってる。さすが若林さん。/
「日本の科学界のダサさは総じて「マーケティングがうまく行けば、自分たちもうまく行く」と思い込んでいるところにある」
"こうした思考形式というか、非思考の形式が常態化すると、結果として「ウィンウィンならなんでもいい」という判断がまかり通ることになる"
「数値化できない価値はある」と私は思う。
「ニーズ」に死を

深く共感するなぁ
良い文章書くね編集長
あった。これだ。/
『インターネット以降、そしてソーシャル以降、「外部」というものがどんどん失われて行っているようなイヤな感じをずっと抱いてきたが…』
「イノヴェイションはニーズではなく勇気から生まれる」に共感。
>マーケットにとっての善がすなわち社会の善とは限らないのも言わずもがなのことだ。「マーケット」は「社会」とイコールではない。そんな当たり前の話が、もはやこの国ではなぜか通じにくい。
いい文章読んだ。
本当に小さいクソみたいな悩みだけどもこれ見て改めて自分がクソだとおもった
何回も読みたい|
遅ればせながら。ポストとか実話とか現代とか名乗る週刊誌たちは、ネット以前からpost truthなメディアで、あれは確かにのどごし。>
「Post Truth」とは上手い事を言う
考えさせられる記事だった。お金では換算できない価値、数値化できない価値は打ち捨てられる方向にある今の世の中はどこかおかしいと私も思う。
メディアの年頭所感一切読めてないけどとりあえずこれだけ読んだ |
無責任に発信されたネット上の言葉に踊らされる社会も大衆も恐ろしい。空洞化してて怖い。とにかく自分の頭で考えることをやめちゃいけない。
なんかオールドメディアの業界人が語りたがる、「本は死なない」みたいな話。そういうのをITのひともするようになったんだね。
矜持を感じる良記事
「ポスト真実」か.うまいこと言うなぁ.
でも「真実」なんて一度だってあった試しはないからね,念のため./
思考に居座る妙なモヤが少し実体化に向かった気がしてる(晴れたとは言ってない) /
「記事が食べ物だとするなら、いま「読まれる記事」は、とにかく「のどごし勝負」だと言うのだ。(略)factは問題外。」
いかにも言いそうで「誰もそれがファクトかどうかいちいち検証」しなさそうな言葉に「自分のオピニオンをかぶせ」た記事が警告として受け入れられる。確かに"Facts no longer exist"だね…
面白いから読んでみて
ハッとさせられる記事だった。「数値化できるものを極大にまで価値化しようとする社会」は目の前まで来ているなと。
市場のニーズ至上主義・絶対主義への警鐘「ニーズという言葉には何の信念も期待も賭けられてない」測定できない価値は無価値なのか等面白いです
マーケットにとっての善がすなわち社会の善とは限らないのも言わずもがなのことだ。「マーケット」は「社会」とイコールではない。
どう距離を取るかってことだと思うよ。利用者としても運営者としても。 /
「イノヴェイションはニーズから生まれる」のではなく「勇気から生まれる」という見解には深く同意。

>「いや、あれは、ハリウッドからVHSに変わるデジタルの記録媒体をつくるようお達しが来ましてですね…」
素晴らしい文章。メディアや何かしらのコンテンツ作りに関わる人はぜひ読むべき。そしてもっと言えば何らかの立場で情報発信を行うということはほとんどすべての職業人について回る問題だと思います。願わくばす...
WIRED Japan編集長による年頭所感。これ面白いね。たいへん説得力がある。大いに共感、同意する。大文字の言葉を使わない軽妙な語り口だが骨は太い。→
イノベーションは当たれば (それをイノベーションというのだが) それがニーズだったということ。ニーズが不要な訳ではない。 /
とても為になりました。年の頭にふさわしいっぽいネタ。
うむ、例え需要があっても、ゴミは作りたくないね。
記事が食べ物だとするなら、いま「読まれる記事」は、とにかく「のどごし勝負」|
「安かろう悪かろう」というセオリーが情報技術でドライブされて「安かろうウソだろう」に進歩(?)しつつある21世紀初頭…。 /
言ってることはわかるし共感もできるんだけど、言葉の認識にバイアスかかり過ぎな気が。。。→
インターネット以降、そしてソーシャル以降、「外部」というものがどんどん失われて行っているようなイヤな感じをずっと抱いてきた
読者や社会というものを信頼し、期待し続けるのがやっぱりパブリッシングというものの本分だと思う
「大いなる無駄」「半信半疑」「たこつぼ論」
素晴らしい記事だなぁ。
ニーズとは、所謂『思考放棄』と。//
これは面白かった。需要がなくても描こうと思った(こなみ)。 >
研究では論文の引用数が対応しますね。「PVやアクセス数の伸びは、その分だけ「消費者が喜んでいる」ことの証であって、それは結果として社会に善をなしていることになる、…、そこで金科玉条のように使われるのが「マーケットのニーズ」という言葉」
さすがWIREDな記事。個人ブログとしては喉越しでもなくニーズでもなく、"自分の好きなもの"にフォーカスして更新しようと思った。/
惜しい。くたばれニーズはまさにその通りだが、「測定できない価値」が存在するのではない。"測定できないもの同士をつなぐことに価値がある"のである。
【「ニーズ」に死を:トランプ・マケドニア・DeNAと2017年の…】|WIRED.jp
良記事だが異論はある。:
ニーズはメディアによって作られるもの。

とてもいい記事だった。/
若林さん文章上手だなー
「記事が食べ物だとするなら、いま「読まれる記事」は、とにかく「のどごし勝負」だ」 うまいことを。〈見た目〉と〈香り〉もあるとは思うが。|
なるほど言い得て妙。「閉じた系」「のどごし勝負」「ポスト真実」かぁ。。。→
とてもとてもとても面白かった。イノヴェイションは勇気から生まれる、「ニーズ」に死を、感動。//:トランプ・マケドニア・DeNAと2017年のメディアについて|WIRED.jp
新春メモ:(ちなみに言っておくと「イノヴェイションは勇気から生まれる」というのがぼくらの見解だ)
ニーズというか、消費の対象が、モノから体験を経て『価値観の表明(クラウドファンディングやBandcampのName Your Price)』に遷移している過渡期なのとリンクしている気がする。振れ幅の両端なのではないかと。
いろいろ示唆に富む記事。
薬局・薬剤師業界は、『「ニーズ」をめぐる茶番』の真っ只中にいるんじゃないですか?
というかカフカの城とか考えれば、新しい問題ではないと思う。ただそれが、いわゆる一般人にも価値の揺動が波及してきたということと理解すべき。
データになっていない事象を見つけるために、情報を取捨選択したり統合したりして解釈せざるを得ないけれど、そこには主観が入りこんでしまう。
"かつてマスメディアというものは、狭い村の外にある世界の存在を明かし、あらゆる村を超えてみんなが共有できる場所や、言葉や、価値を探るものだったように思う"
デジタル社会で生きるなかでずっと気になっていた違和感を言語化してくれている。/
一夜明けてもバズっていますな。ニーズとイノベーションは対極であるからゼロサムじゃなくていいと思うけど。|
抜粋>
ちなみに言っておくと「イノヴェイションは勇気から生まれる」というのがぼくらの見解だ
[欹耳袋] WIRED.jp 「「ニーズ」に死を:トランプ・マケドニア・DeNAと2017年のメディアについて」(2017年1月3日) ※「「fact」はない、あるのはただ「opinion」のみ」.
専門家への不信がニーズの乖離を招いているのです。
マスメディアだったり、既存医学だったり、薬や食の安全だったり、政治の舞台だったり、それは様々な場面で見られます。

「ニーズ」に死を:トランプ・マケドニア・DeNA|WIRED.jp
掲載元: 「ニーズ」に死を:トランプ・マケドニア・DeNAと2017年のメディアについて|WIRED.jp


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

23コメント 2016-12-13 12:07 - www.huffingtonpost.jp

ドナルド・トランプ氏の支持者向けに量産された偽ニュースの多くは、東ヨーロッパの若者たちの小遣い稼ぎだった可能性があることが分かった。かつてユーゴスラビアの構成国だった人口210万のマケドニア共和国のある若者が、ニュース記事を捏造し、過去6カ月間に少なくとも6万ドル(約688万円)の収入を得たと主張している。捏造記事の大半はドナルド・トランプ氏の支持者に向けたものだったと、12月9日、NBCニュース...[続きを読む

画像で見る主要ニュース