TOP > 政治・経済 > WEDGE Infinity(ウェッジ) > 朴槿恵大統領のス...
23コメント

Copyright &copy 1997-2016 Wedge All Rights Reserved. 最新記事一覧 ランキング 特集一覧 メルマガ登録 会社案内 採用情報 著作権について 広告掲載について お問い合わせ 月刊Wedge 月刊ひととき ウェッジの書籍 ...


Twitterのコメント(23)

簡単な話だ。単なる妬み。
@FRX00Medb
韓国では宗教指導者は(選挙で信任を得た)政治家や(試験で実力を保証された)学者よりも地位が低くて、それが1番の火種だったらしいよ
『本当に問題にされたのは文書流出そのものではなく、大統領の背後に崔順実(チェ・スンシル)容疑者がいたというイメージ』 儒教国家だなー・・・と思う。
【現代用語】「ムーダン」職業的宗教人。韓国では階級は下に位置付けられる(らしい)➡︎☝️
@WEDGE_Infinity

>「大学教授や元政治家ならともかく、ムーダンだなんて」
>要するに儒教的序列意識にもとづく排斥感情が強く働いている
向こうの気質。
@WEDGE_Infinityより〈エスタブリッシュメントの人たちは、自分たちと同じ階層ではない人間が大統領を操っていたということに怒っている〉
ムーダンは朝鮮社会の中では下層に位置付けられる存在だった。そんな人間が大統領の背後に隠れていたというイメージが、さまざまな理由で積もり積もっていた朴大統領に対する不信感を爆発させる最後の一押しになったのである。
先ほど紹介した読売の浅羽君の解説と合わせて読むとよりわかりやすい。

@WEDGE_Infinityより
(賤業たる)占い師ごときがエリート様の思惑を左右しやがって……という存外根深い理由っぽいという話。
確かになあ。正直、朴槿恵の巫女さんでも、ヒラリーさんのメールでも、「なぜここまで?」という、感覚的なズレが残る部分はあるわね。
「大学教授や元政治家ならともかく、ムーダンだなんて」と話す人も/韓国社会に根強い序列意識の影響も/文化的背景の違う社会に住む人々の琴線に訴えるものは、それぞれ違う。
毎日の澤田さんのコラム
「エスタブリッシュメントの人たちは、自分たちと同じ階層ではない人間が大統領を操っていたということに怒っている」
う~ん。それでもわかったような、わからないような。。。 / (WEDGE Infinity)
● /徐々に燻し出される様々な個々のネタに、少しずつ支持率は削られていたが、決定的に下がったのは「大統領たる者が、怪しい拝み屋風情に操られていた」と思われた時、という話。
なるほどー。さっきの記事もそうやけど、国民感情の違いってのは難しいもんやな。読むだけやと理解できない部分が多い:
非を認めれば認めるほど叩く側がエスカレートしている印象。
やはり溺れる犬を叩く国の人間相手に謝罪は逆効果だ。
本当に問題にされたのは、朴大統領の背後に崔順実容疑者がいたというイメージ。澤田克己さんのコラム。  崔容疑者という人物に持たれている「エセ宗教」や「ムーダン」(職業的宗教者)というイメージが決定的なファクターとなった。
以上
掲載元: 朴槿恵大統領のスキャンダル、韓国世論がここまで燃え上がった理由  WEDGE Infinity(ウェッジ)


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

102コメント 2013-10-29 05:28 - wedge.ismedia.jp

1962年、中国四川省生まれ。北京大学哲学部卒業。1988年に来日。神戸大学文化学研究科博士課程修了。2002年に『なぜ中国人は日本人を憎むのか』(PHP研究所)を著して以来、評論活動へ。近著に『私はなぜ「中国」を捨てたのか』(ワック)『日中をダメにした9人の政治家』(ベストセラーズ)などがある。 チャイナ・ウォッチャーの視点 めまぐるしい変貌を遂げる中国。日...[続きを読む

画像で見る主要ニュース