TOP > 政治・経済 > WEDGE Infinity(ウェッジ) > 韓国・ドイツの円...
23コメント

(はらだ・ゆたか) 1950年東京生まれ。東京大学農学部卒。経済企画庁国民生活調査課長、財務省財務総合政策研究所次長などを経て現職。『なぜ日本経済はうまくいかないのか』(新潮社)など著書多数。 経済の常識 VS 政策の非常識 なぜ根拠に基づかない政策がまかり通り、本質的な問いが発せられないのか。少子高齢化、経済政策、財政赤字など、日本の戦後モデルに歪が生じているにも関わらず、政治はポピュリズムに...


Twitterのコメント(23)

金融緩和で輸出が増加しても、何も心配することはない。ドイツや韓国が不満であれば、自分たちも金融緩和すればよい。インフレが怖くてできないのなら自分の国の都合である。
むしろEU主要国のドイツには域内格差を放置しギリシャ危機を醸成した責任がある。また、南鮮は為替操作と技術盗取、財閥集中政策、国家統制資本主義で支那同様の安売り輸出を推進して自ら墓穴を掘った自業自得だろ
「不満であれば、自分たちも金融緩和すればよい。インフレが怖くてできないのなら自分の国の都合である」 /
輸出が増えれば輸入も増えると反論するのは正解。だけと韓国からの輸入は断固減らそう!抗議よろしく! 「 」
良記事。みんな読もう◆
この議論は、むしろ金融緩和をしたくない日本銀行関係者が集めて流しているのではないかという気がする。>正に!これがお山の大将日銀様の正体だろう。国より私。
「ドイツや韓国が不満であれば、自分たちも金融緩和すればよい。インフレが怖くてできないのなら自分の国の都合である。」という指摘は的外れ。日銀周辺の都合でしょう。 /
随分と乱暴な議論。 /
「輸出が増えるときには必ず輸入も増えている。しかも、輸出が増加したときには輸出額から輸入額を引いた「純輸出」は減少し、輸出が減少したときには純輸出が増加する傾向がある」円高是正礼賛と重商主義は違う. / "韓国・ドイツの円安批判は…"
自国通貨がきり上がる時は、国際社会の信任を受けているって事やで、円安は日本からの資本財輸入を安く買えると言うメリットなんや、解っとんのかいな。
原田泰「輸出増加は日本の景気を回復させ、さらには世界の需要も拡大させる。金融緩和で輸出が増加しても、何も心配することはない。ドイツや韓国が不満であれば、自分たちも金融緩和すればよい。インフレが怖くてできないのなら自分の国の都合である。」
輸出が増えれば輸入も増える。ドイツや韓国が不満であれば、自分たちも金融緩和すればよい。インフレが怖くてできないのなら自分の国の都合である。
原田 泰 :
「為替切り下げ競争など起きない」「大恐慌期に為替切り下げ競争が起きて、世界恐慌が激化したといわれているが、これは間違った歴史の解釈」「全世界が金融緩和すれば全世界の景気が良くなる」
リーマン・ショック前2007年8月…円は1ドル120円だった。その後、円は8対ドルで50%も上昇。ユーロは対ドルでほとんど変わらず、ウォンはピークで7割下落した。
2007年8月円は1ドル120円だった。その後、円は80円を切るまで上昇したのに、ユーロは対ドルでほとんど変わらず、ウォンはピークで7割も下落。今さら円が少しくらい下がったからといって文句を言うな / "韓国・ドイツの円安批判は不…"
:アベノミクスのおかげで円が下がっているのは、近隣窮乏化であるとの非難が海外からある。エコノミストが示す「第3の回答」とは…
以上

記事本文: 韓国・ドイツの円安批判は不当か  WEDGE Infinity(ウェッジ)

関連記事

26コメント 2012-01-24 08:22 - wedge.ismedia.jp

環境先進国ドイツで、いま注目を集めている日本の水処理技術がある。といっても、海水を淡水化したり、半導体の洗浄などに使われる超純水を作ったりする「水処理膜」ではない。「鳴き砂」から生まれたゴミを出さない、ろ過材リサイクルだ。  その技術を開発した日本原料(川崎市川崎区)の齋藤安弘社長は「欧州が環境先進国といっても、浄水場のろ過砂は捨てている。ほぼ全てをリサイクルして...[続きを読む

画像で見る主要ニュース