除染 「年間1mSv」の呪縛 ゼロリスクの罠 WEDGE6月号 第二特集 WEDGE Infinity(ウェッジ)

37コメント 登録日時:2012-05-23 07:47 | WEDGE Infinity(ウェッジ)キャッシュ

WEDGE編集部 WEDGE REPORT ビジネスの現場で日々発生しているファクトを、時間軸の長い視点で深く掘り下げて、日本の本質に迫る「WEDGE REPORT」。「現象の羅列」や「安易なランキング」ではなく、個別現象の根底にある流れとは何か、問題の根本はどこにあるのかを読み解きます。 »最新記事一覧へ こ...

Twitterのコメント(37)

被ばく線量年間1mSv以下を目指す
原爆では、年間1mSvでは無い。1回の被ばくで1mSv。
【ICRPの勧告に立ち返れ】 線源が管理されていない非常事態では、年間20~100mSvの間に~ 復旧期では、年間1~20mSvの間のできるだけ低い値を目標 ・・・だから20mSvでOK?
居住空間よりも食物生産の方を優先したほうが?
車内広告で気になってた
さっきのWedgeの記事 の続き。いろいろ思うことはあるんだけど、外に出て行ってしまった人間からすれば、いつか絶対息子に自分の育ったところを見せたいから、その時にちゃんと宿が確保できて訪れることができるようにして欲しいんだよね。贅沢かな…。
除染は気の遠くなるような費用と手間がかかる。基準とリスクを負う事について改めて考えてみる。
正直に言うと、すごい無駄な不毛な作業をやってる。洗い流した水を垂れ流してるし。その費用の1割でも雇用対策にしたほうがいい
世界中の国々が利用している放射線防護の基準は
年間20~100mSvの間に目安線量を定め
除染活動を実施すること
単純に言えば、将来に起こりうるかも知れない『1円の損を恐れ、その対策に一万円を投資する愚行』を行なっているのが今の日本。 /  Infinity>
「相互不信」から始まってるから、そうそう収束できないだろうね。それよりも「ゼロリスク主義まかりならぬ」といいつつリスク管理をすっぱりやめて、「みんな自己責任だ」とかなったらやだなぁ(苦笑) /
FOTOMOTO61: 除染って過去の前例がほとんど無いのに、仕事として請負ったり、専門家っぽい人がいるのが不思議。
名言だな 「年間5mSv以下なんて、とくに問題ないから、除染しなくても帰れるのよ。ここに65億円も使うのはもったいない。復興のためにもっとほかにお金が必要なことあるでしょ」  WEDGE6月号
除染って過去の前例がほとんど無いのに、仕事として請負ったり、専門家っぽい人がいるのが不思議。
WEDGE最悪> ゼロリスクの罠:"小佐古敏荘氏が「自分の子どもはそういう目にあわせられない」と涙して内閣参与を辞職。こうした専門家の言動で「20mSvは危険」「1mSvでないとダメ」との世論が高まっていった"
菅内閣の責任は重い。@WEDGE_Infinity: :原発事故による除染問題。国の説明が迷走する間に徹底した除染の平等な実施を求める世論が高まった結果、現場で起きていることとは
どうしたって民間の方が動きは早い。地元企業が動くかスーゼネが動くかは別にして。
あとで→ Infinity(ウェッジ・インフィニティ) 最新記事
josenjouhoucom: 【除染news】 -
除染とは放射性物質を回収、隔離、保管。今やってるのは洗浄だと思う。"@WEDGE_Infinity: :原発事故による除染問題。国の説明が迷走する間に徹底した除染の平等な実施を求める世論
以上

記事本文: 除染 「年間1mSv」の呪縛 ゼロリスクの罠 WEDGE6月号 第二特集 WEDGE Infinity(ウェッジ)

関連記事

画像で見る主要ニュース

54.92.197.82 ec2-54-92-197-82.compute-1.amazonaws.com