TOP > 政治・経済 > WEDGE Infinity(ウェッジ) > 生活保護化する原...

生活保護化する原発就労補償 震災から1年 被災地雇用の現実 WEDGE3月号特集 WEDGE Infinity(ウェッジ)

27コメント 登録日時:2012-02-20 07:49 | WEDGE Infinity(ウェッジ)キャッシュ

被災地の雇用は今どうなっているのか――。復興に向けた長い道のりの途中。原発事故被害者の中には、働くことよりも補償を選ぶ人もいた。...

Twitterのコメント(27)

伝聞情報だけで道徳を説く、いかにもJR東海の考えそうな話。→
南相馬市はいま、警戒区域と計画的避難区域とそれ以外と、3つの区域に"分断"されている。、「就労補償が生活保護のようになっている」「仕事ができない状態にした東電の責任は大きい」
除染は大事だが原発からはまだ飛んでるんだよね!また降り積もり除染の∞にならないように
【 Infinity 】-「震災前、約130人もの児童がいたが、現在は50人近くまで減少(南相馬市)」~いや、50人"も"子供が残っているのか…と。
以前の収入よりも、原発事故に伴う補償のほうが多くなり、就労意欲が著しく失われる人が見受けられます
働きたいのに人働けない人、働かなくても補償で生きる人。何だか地域で軋轢が生まれそうな予感。。。 RT @WEDGE_Infinity: 生活保護化する原発就労補償 震災から1年 被災地雇用の現実
被災地雇用の現実政府が右往左往している間に事態は悪い方向に進んでいます。まぁ、最初から分かってはいましたが。「福島の再生なくして日本の再生はございません」野田総理の何と虚しい言葉か。
Infinity 南相馬市では、工場が閉鎖されるなどして雇用が失われる一方で、人が戻ってこないことや、就労意欲が削がれることで労働力不足が生じていた。
ここにも日本政治、行政の縮図が・・・これでいいのか今の日本!政治・行政は国民の為に誠心誠意の筈ではなかったのか!
いま、Yahooトップページに掲載されている話題の記事。 被災地雇用の現実(WEDGE3月号特集)
野田首相は確か年間3万人の雇用を確保するといった!!このやりきれないいまの現実は・・
町としてのインフラが無いと帰れるわけが無い。周辺の町も衰退するだろう。
"行政の除染計画では、大手の建設会社に発注することになります。そうなれば、地元の会社は下請けになり、黙っていたらゼネコンにピンハネされる可能性もあります。そのためにも自分たちの力でやらなければ"
制度を精査するよりも「貰いすぎ」を問題視するからどれもこれも中途半端になるんじゃないかなと半可通。 /
以上

記事本文: 生活保護化する原発就労補償 震災から1年 被災地雇用の現実 WEDGE3月号特集 WEDGE Infinity(ウェッジ)

関連記事

画像で見る主要ニュース