TOP > 政治・経済 > WEDGE Infinity(ウェッジ) > ドイツを驚かせた...
26コメント

環境先進国ドイツで、いま注目を集めている日本の水処理技術がある。といっても、海水を淡水化したり、半導体の洗浄などに使われる超純水を作ったりする「水処理膜」ではない。「鳴き砂」から生まれたゴミを出さない、ろ過材リサイクルだ。  その技術を開発した日本原料(川崎市川崎区)の齋藤安弘社長は「欧州が環境先進国といっても、浄水場のろ過砂は捨てている。ほぼ全てをリサイクルして...


Twitterのコメント(26)

ここ、入るんすよー。
ドイツを驚かせた日本の水処理技術
:こういう発想からのビジネスには未来を感じます!
風力発電事業が赤字だらけの理由
こいつぁ~驚いた知の集積ですね(^з^)-☆
浄水場のろ過砂のリサイクル技術。希望が湧くような話である。
「欧州が環境先進国といっても、浄水場のろ過砂は捨てている。ほぼ全てをリサイクルしている日本こそ環境先進国だとアピールしていきたい」と胸を張る」・・発想が決めてという好事例。脳には汗をかかせよ。
「鳴き砂」から生まれたゴミを出さない、ろ過材リサイクルだ。
「鳴き砂」から生まれたゴミを出さない、ろ過材リサイクル WEDGE
ドイツを驚かせた水処理技術。「水処理膜」ではなく、「鳴き砂」から生まれたゴミを出さない、ろ過材リサイクル技術の話。
「鳴き砂」から生まれた、ろ過材リサイクルビジネスか。
日本はすごいんだぞ!こういう素晴らしい技術を垂れ流しせず、豊かな国づくりに役立てて欲しいね!
「欧州が環境先進国といっても、浄水場のろ過砂は捨てている。ほぼ全てをリサイクルしている日本こそ環境先進国だとアピールしていきたい」かっこいい!
Infinity … は、「水処理膜」ではなく、「鳴き砂」から生まれたゴミを出さない、ろ過材リサイクル技術の話。
おっ、QT @WEDGE_Infinity: ドイツを驚かせた水処理技術 :環境先進国ドイツで、いま注目を集めている日本の水処理技術がある。キーワードは「鳴き砂」。そのろ過材リサイクルの詳細に迫る。
また出ました日本の変態技術 RT @_Luxion_: ドイツを驚かせた水処理技術 WEDGE2月号フリー記事 WEDGE Infinity(ウェッジ)
以上
掲載元: ドイツを驚かせた水処理技術 WEDGE2月号フリー記事 WEDGE Infinity(ウェッジ)


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

24コメント 2013-01-23 09:58 - wedge.ismedia.jp

(なかにし・とおる) 1948年岡山県生まれ。1972年共同通信社に入社、経済分野を取材し編集委員などを経て2010年に退職し、現在は経済ジャーナリスト。 ビジネスの現場で日々発生しているファクトを、時間軸の長い視点で深く掘り下げて、日本の本質に迫る「WEDGE REPORT」。「現象の羅列」や「安易なランキング」で...[続きを読む

画像で見る主要ニュース