TOP > 政治・経済 > WEDGE Infinity(ウェッジ) > 風力発電事業が赤...

風力発電事業が赤字だらけの理由 WEDGE2月号 第二特集 WEDGE Infinity(ウェッジ)

99コメント 登録日時:2012-01-23 08:53 | WEDGE Infinity(ウェッジ)キャッシュ

期待を集める風力発電は、なぜ空回りし続けてきたのか。失敗の原因を分析し、必要な改善策を提言する。...

Twitterのコメント(99)

あと、その一番上の新出雲風力発電所は2012年時点で未だ本格稼働していませんが。帰れ RT @i_Honda: こちらを参照ください RT@gjmorleyRT @satotakex
記事を読む限り、事業収益構造の問題よりも国内で事業化が可能な立地がかなり少ないように思える。
その中で将来のイニシアティブのために無理な事業構造を選択してるんじゃないかと。
@NakamuraTetsuji 日本風力開発 平成24年3月期決算短信 P.14(PDF) 「(5)継続企業の前提に関する重要事象等」記載有。つまり倒産の可能性。
後で読む
自然エネルギー普及には、売電収益を安定して上げることが必要という指摘。住民に反対されるような開発も足をひっぱる。ごもっとも>
風力発電事業が赤字だらけの理由。
斉藤純夫(ウィンドコネクト代表取締役)  1月の記事だけど再度ツイ。風力発電事業が赤字だらけの理由、独立系の旗手だった日本風力開発、補助金モデルからの脱却、これからの風力発電に求められること
事業者がだらしない風力発電に未来は無いかも→  事業計画の甘さ、17年間(法定耐用年数)風車を計画通り運転させるという意識の希薄
風力発電事業が赤字だらけ
国内ではこんな事情のようでっせ。/
だめなビジネスモデルに税金をつぎ込む余裕はもうないと思う。風力発電業者を助けても意味がない。
なんとなく分かったらけど難しいな…。 RT @ikedanob: RT @sugawarataku: 風力発電事業が赤字だらけの理由 WEDGE2月号 第二特集 WEDGE Infinity(ウェッジ)
なんかあれあれ?と思ったら、狐さんかなもしや。| 第二特集
勉強になった。新出雲風力発電所の記載もありました。RT @sugawarataku: 風力発電事業が赤字だらけの理由 WEDGE2月号 第二特集 WEDGE Infinity(ウェッジ)
勉強になる。
後で読み直そう♪
"@sugawarataku:
元々日本じゃ土地も風力も足りないから日本じゃ無理って言ってた気が
なんでやったのかしら横流し?
時代の先端を行く雑誌 --->
日本の風力発電の内情に関する記事。珍しいし面白い。
[ビジネス][エネルギー]補助金ハコモノの考えじゃ破綻ってことか /
ドイツの勢いに遅れるな
ちゃんとした計画なら燃料費の変動リスクが無いから、不採算にはなりづらいはず、か。個々の会社の状況まで踏み込んだ良記事。|
@null メモ:利権側からの圧力・情報操作?→ 田原総一朗が「脱原発」を「ファッション」「イズム」として非難
国内最大級の出雲風力発電が稼働してないのは、こんな初歩的なミスだとは... 。補助金頼りの甘さ含め、日本の風力発電について、とても詳しく書いてある。 >
< 斉藤純夫 WEDGE2月号 第二特集『風力発電 空回りの理由』より
【風力発電事業が赤字だらけの理由】 Infinity 1月23日 「…買取価格を高くすることで国民にどんなメリットがあるのか…騒音、低周波音、風車の影の明滅(シャドーフリッカー)の問題も起きている…」
読みごたえあり。

2012年01月23日(Mon) 斉藤純夫
「kWh」こそが大切 ⇒
愛というとプラネテスのロックスミスさんを思い出すなRT @Shin_Okamura 拡散されました!厳しいながら風車愛の伝わってくる良記事ですね!(twitterだと厳しさばかりに見えるのが、この記事で QT @rseikai
拡散されました!厳しいながら風車愛の伝わってくる良記事ですね!(twitterだと厳しさばかりに見えるのが、この記事で愛の方がよく分かりました笑 QT @rseikai 地道に拡散させていただいています(笑)@northfox_wind
明確なのは事業計画の甘さ、17年間(法定耐用年数)風車を計画通り運転させるという意識の希薄、そのようなものを強く感じる。また風況が必ずしもよくない場所であったり、風車間を異様に詰めていたりする発電所も目 / "風力発電事業が赤字だらけ…"
とにかく長い記事だけど、風力シロートの私でも理解出来る良記事│
>当たり前すぎることが出来ていない日本の異常
いいなー風車に愛か。 RT @nuribaon いい記事だなあ。風車愛を感じる。   風力発電事業が赤字だらけの理由 WEDGE2月号 第二特集 WEDGE Infinity(ウェッジ)
Infinity 日本風力開発のように新規に風力発電所を建て続けることでビジネスが成立しているのではないかと思えるような事業者も存在する。
ドイツを驚かせた水処理技術
[風力発電]風力発電に興味がある人はぜひとも読んでいただきたい /
いい記事だなあ。風車愛を感じる。
風力発電、どうかなあ。バードストライク、騒音、低周波音。経済性以外にもクリアしなきゃならない問題たくさんあるけど。
こういうのよんだりしてるとにほんでインフラの設置って誰か外の人がやったほうがいいんじゃないのかと思ったりもする。→
@aim120d 最近の風力に関する記事だけど、北海道の例を見るとこの記事の通りなのかと思ってしまう。現住所の周囲の風車の経営はどうか知らないけど。
風力発電事業が赤字だらけの理由、と。3.11以降再生可能エネルギーへの期待が高まっているが、まだ現実はこれなんだよなあ。自治体が関与した方がいいのかもなあ。
ポテンシャルは高そうだが、事業としてはまだ未熟なのか。
実にいい記事であるとと思います!修士論文書き終わったら,ヒアリングをさせて頂きたいです!
なんだかこれ読むと、日本風力発電とか補助金頼りに立てるだけ建てて風力条件とか考えないバカ企業になるなw
発電でなく建設で儲ける仕組み→新規建設がないとやっていけない→補助金がないとやっていけない→補うために既設も単価上げろ。 RT @kskszk 風力発電事業が赤字だらけの理由 WEDGE2月号 第二特集 WEDGE Infinity
【課題はあるだろうが害を与えないところで、地球温暖化に向けて普及してほしい】
「今必要なのは、自然エネルギーのなかでもポテンシャルと発電コスト面で競争力のある風力発電を、いかにして伸ばして今のエネルギー問題に寄与するかであって、風力事業者を救済することではない。」 /
赤字ってことはおおよそにしてエコなエネルギーではないのでは…? あとでじっくり読む. /
まだまだ、ビジネスではなく、研究段階といったところかな?
これでは、脱原発はまだまだ先のような気がする。
補助金というのは国民から集めた税金を特定の利権者に分配することに他ならない。・・・
ゼネコンと行政が、補助金を打ち出の小槌で失敗した、ハコモノの典型。元々、商社からのPファイナンス期待だったが、商社の収益構造も変わった。
以上

記事本文: 風力発電事業が赤字だらけの理由 WEDGE2月号 第二特集 WEDGE Infinity(ウェッジ)

関連記事

画像で見る主要ニュース