TOP > 政治・経済 > WEDGE Infinity(ウェッジ) > サルの自撮り写真...

サルの自撮り写真の著作権めぐる訴訟、写真家が勝訴  WEDGE Infinity(ウェッジ)

48コメント 登録日時:2017-09-12 17:52 | WEDGE Infinity(ウェッジ)キャッシュ

インドネシアのジャングルでマカクザルが写真家のカメラを取り上げて撮った自撮り写真について、2年におよぶ著作権訴訟が、写真家の勝訴で決着した。...

Twitterのコメント(48)

訴訟を起こした『動物愛護団体PETA』って、「ポケモンは動物虐待である」と抗議してた団体じゃないですか。
サルが一番黙っとる→「PETAは「ナルト」と呼ばれる雌のサルだとしたが、スレーター氏は別の雄のサルだったと主張した。」→
地球が人のみの生きる世界で無い事を痛烈に意識せざるを得なくなった騒動でした。
こういうのよう分からんけど、あらゆる権利って人権が前提だろうし動物に適用はムズいだろ。生類憐れみの令だって動物に権利を与えた訳じゃない。
笑った。おさるの「ナルト」の代弁をしたPETAの気持ちはわかるけど…
肖像権ならサルのもの?… 著作権はあきらめますから… ----
ヒマなんですなぁ・・・
どこからつっこんでいいのやら…
法的権利は人間が享有・行使するもの。動物愛護法の類も動物の権利より人間の義務に焦点があてられます。
"動物たち自身のために動物の基本的権利を拡大する必要がある"って所の内容が気になる。
この写真このサルが自撮りしたんだって。もしサルに著作権があるってことになったら、そのお金はどうやって使うんだろうね?
これ虚構ニュースなのかと思ったけど、マジなニュースなの??|
>動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」が著作権はナルト(サルの名前)にあると主張し…

またお前らか
PeTAはホントにアタマおかしい。
これで著作権が成立したなら、道端で他人からカメラ奪って何かを撮影した場合も、著作権を理由に以下文字数
法的権利を人間以外の動物へ拡大することについて重要かつ先進的な議論~ 写真の著作権収入の4分の1を「生息地や生活を守ることに取り組む」登録慈善団体に寄付
サルがシャッターを切った自撮り写真に対して、写真家に動物愛護団体が訴訟するという珍事件。2年も掛かってるのが凄い。
気になってた。結局、写真家の勝訴で決着。当然とは思うけど、ここが争点になるのかというインパクトあり。→
動物愛護団体の控訴は阿保らしい。著作権が動物に適応されるわけないし…。
訴訟の結果は妥当!
"連邦第9巡回区のサンフランシスコ控訴裁判所は、サルには著作権保護が適用されないと判断"
自撮りのサル、ちょっと志村けんに似てる。
サルの名前が「ナルト」で混乱した
サルをカメラの窃盗で訴えたら面白かったのに
暇だな。
動物愛護団体って暇なの?
動物愛護団体がちょっと何言ってるかわかんないですね…
PETAってポケモンにいちゃもんつけた似非愛護団体やんけw ざまぁ
そもそも他人のカメラで撮影した他人の記憶媒体に残るデータって誰の所有物になるんだろう?
今回の場合は撮影者がサルだけど、データを消す場合サルにこのデータ削除していい?って聞かないとダメなのか?
こういう愛誤が変な訴訟を起こさないように、ちゃんと条文に「人のみ適用」と書く必要が出てくる時代か。
「サルには著作権保護が適用されない」

人間は、馬鹿かも知れない。。

//
サルに著作権があると訴訟を起こされた
サルに著作権があるかどうかはともかく、この訴訟で動物愛護団体に原告適格を認めてるところがすごいわ。
保護団体が少しでも分け前を欲しかっただけのような気がする。
動物愛護団体ってニュースにでるとこおかしいのばかり
サルの中に閉じ込められた
写真家の
自撮りww
サルが意図してシャッターを押したわけじゃなく、偶々そうなっただけでしょ。落としたらシャッター切れたからって地面に著作権は発生しない。
猿には著作権がない!>ナルト訴訟=「ナルト対デイビッド・スレーター」訴訟の決着=連邦第9巡回区のサンフランシスコ控訴裁判所=
あー良かった。これで著作権フリー扱いにされたら酷すぎるもんね。
世の中、脳味噌膿んでる奴が多いから、写真は撮るなって事だ。
もうあるかもしれないが ロボットの著作物についての権利はどうなるのだろうか
お馬鹿様の時代だな。嘲笑:
訴える側の「動物の基本的権利」ってなんだよ。それも生息地の開発行為に対する生存権の主張とからならともかく著作権訴訟とは…
タイトルだけ見て虚構新聞かと思ったらマジのニュースだった
サルに著作権があるとか言う愛護団体マジ愛誤でアイゴーですわ。
サルが写真家のカメラを取り上げて自撮りした写真について、著作権は写真家ではなくサルにあるとする動物保護団体の訴えを、米国の裁判所が退けました。
以上

記事本文: サルの自撮り写真の著作権めぐる訴訟、写真家が勝訴  WEDGE Infinity(ウェッジ)

関連記事

画像で見る主要ニュース