ANA、ボーイング 787型機のエンジン点検による7月23日~31日の欠航便は330便。8月以降は欠航便減少へ 整備ライン増強など対策を強化 - トラベル Watch

13コメント 登録日時:2018-07-12 21:17 | トラベルWatchキャッシュ

 ANA(全日本空輸)は、7月4日に発表したボーイング 787型機のエンジン点検による運航への影響について、7月23日~31日に羽田発着便を中心に国内線330便を欠航することを発表した。...

Twitterのコメント(13)

@ripesyaka ANAが多かったらこれかもしれません。
ANAの決断は凄いな!。
今度の藍子と美波誕生日会に行くのに乗る便も欠航になってた…
やっぱり欠航は拡大するのか。8月は飛ぶ予定をしていたので、スケジュール見直ししないと。
繁忙期前に大変だな。→
@m_kitta これの対象便でした。。
この影響で8月の伊丹便空いてなかったのか(´・ω・`)

787型機のエンジン点検による7月23日~31日の欠航便は330便。8月以降は欠航便減少へ(Impress Watch)
国際線は大丈夫なのだろうか。
ーー
週末は大丈夫そうだな。よかった。
ANAヤバいやん。
8月以降も欠航があるのか。。。
最近多いよね・・・
 
ANAが導入したボーイング 787-9型機、787-8型機のロールスロイス製エンジンについて、中圧圧縮機のブレードにひびが入るおそれがあることから、が耐久性改善通報を指示…🤔💦!?
@aim54_phoenix
これですね…。夏休みなので影響大きいですね。
以上

記事本文: ANA、ボーイング 787型機のエンジン点検による7月23日~31日の欠航便は330便。8月以降は欠航便減少へ 整備ライン増強など対策を強化 - トラベル Watch

関連記事

34コメント 2013-12-23 23:12 - www.youtube.com

画像で見る主要ニュース