TOP > 乗りものニュース > 連節バス、北九州...

連節バス、北九州市に2019年夏導入 3路線で運行検討、車体デザイン募集 西鉄 | 乗りものニュース

12コメント 登録日時:2018-10-04 18:13 | 乗りものニュースキャッシュ

西日本鉄道と北九州市が連節バス2台の導入を決定。3つのルートで運行を検討しています。...

Twitterのコメント(12)

"連節バス2台を導入""小倉~黒崎(砂津~黒崎バスセンター)間、小倉~戸畑(砂津~戸畑駅)間、小倉~門司港(青葉車庫~田野浦)間""メルセデス・ベンツ「CITARO-G」を採用""車体デザインは公募" / "連節バス、北九州市に…"
北九州でも連節バスですか…福岡行く計画を来年夏にずらさないといけない?
北九州市は人口が年々減少、高齢化。このような状況で持続可能な公共交通ネットワークを再構築、連節バス導入やバス路線再編の取り組み
🚌初期導入が2台という点と、意外と準備期間が短いという点を考えると、路面電車代替の1番系統(小倉砂津~黒崎)で1日10往復程度くらいが初年度の運行形態かなぁ。ほぼ直線だし🤔
ほほう。北九州市せめてるねー。
導入はいいんだが、黒崎バスセンターの中にあるクランク曲がれるんかな?
ダイムラーの日本法人の1つである三菱ふそうトラック・バスが輸入卸売販売する「メルセデス・ベンツ CITARO-G」を導入しますね。
紫川のハゼ釣りもそうやけど、北九州在住か在勤しか応募出来んのどうにかならんのかいや?
北九州が好きな人だっているだろうに。 西鉄(乗りものニュース)
メルセデス・ベンツの「CITARO-G」を採用。

【 西鉄】
以上

記事本文: 連節バス、北九州市に2019年夏導入 3路線で運行検討、車体デザイン募集 西鉄 | 乗りものニュース

関連記事