TOP > おでかけ・イベント > 乗りものニュース > ロシア軍機伝統芸...

ロシア軍機伝統芸「トウキョウエクスプレス」とは 冷戦期以来の定番コース、目的は? | 乗りものニュース

17コメント 登録日時:2018-09-08 16:43 | 乗りものニュースキャッシュ

空自機によるロシア機へのスクランブルは珍しいものではありませんが、9月1日のロシア機による飛行ルートは、日本列島をぐるりと一周するものでした。大迷惑もいいところですが、どのような飛行機が、なんのためにそのようなことをするのでしょうか。...

Twitterのコメント(17)

一度くらいはとうトウキョウエクスプレスを強制着陸させててみればいいのにwww
ロシアも中共もわが国の周辺を好き勝手に飛び回れるが、わが国は中共、ロシアの防空識別圏は当然のこと、その周辺ですら飛ぶことができない。国を守れれない憲法9条と専守防衛の成せる業
慣れというのは怖い
"スクランブル任務では肉眼で目標を確認して写真撮影することが原則ですので、かなり接近しなければなりません…ロシア機からも乗員がこちらの写真を撮ったり、手を振ったりする姿を見られることもある" / "ロシア軍機伝統芸「トウキョウエ…"
空自モノだとしばしばネタにされてるのは『ファントム無頼』でも分かるが、『イーグルドライバー』だといきなり本土にECM攻撃かけてきた上に交戦してT-2一機全損、とw
日本が大変な時こそ、相手は日本の守りがどうなのか、あえて探りに来ます。
警察や海上保安庁といった公安機関のない空の世界では、航空自衛隊が常に第一線に立ち続けています。お読みいただけると幸いです。
もうこれロシア側のパイロット日本一周ツアーを絶対に楽しんでるだろ
日本では「東京急行」とも言ったな(笑)。コッチは毎日乗ってる(違)
冷戦期以来の定番コース、目的は?(乗りものニュース)
立場上、自分の意見を言えないのがもどかしい…
良識のある方の代弁を望みます…
大変そう…。しかし1956年から運用して現役の機体がいるのすごいな。。 // スクランブル任務では肉眼で目標を確認して写真撮影することが原則
敵性国家ロシア、頭の悪さは変わらないね。
うーむ、緊急時対応能力調査だろうが厄介な話しだな。

 冷戦期以来の定番コース、目的は?(乗りものニュース)
過去、日本で大災害があった時にソ連~ロシアは日本空域に対し偵察飛行を仕掛けていたと思うが今回はどうだったのだろうか?
「トウキョウエクスプレス」懐かしい呼び名だ。旧ソ連時代を思い出す
トウキョクエクスプレス?????着地点が定まらなくて墜落か空中分解しそうですね??????
ニュースになってませんが、東日本大震災の時みたく、北海道の地震の時は飛ばしてこなかったのかな?
日本へ接近し飛ぶ大迷惑なロシア機、なんのためどんな飛行機が飛んでいる?

【 冷戦期以来の定番コース、目的は?】
以上

記事本文: ロシア軍機伝統芸「トウキョウエクスプレス」とは 冷戦期以来の定番コース、目的は? | 乗りものニュース

関連記事

画像で見る主要ニュース