TOP > 乗りものニュース > 首都高の堀切~小...

首都高の堀切~小菅は9%減、並行する県道も交通量減少 外環道千葉区間開通で変化 | 乗りものニュース

13コメント 登録日時:2018-06-14 16:04 | 乗りものニュースキャッシュ

NEXCO東日本などが外環道千葉区間開通後の交通状況を発表。都心通過車両が外環道に転換、並行する千葉県道の交通量が減少するなどしています。...

Twitterのコメント(13)

これでc2線と千葉の下道の混雑が減ってくれたら嬉しいっす
松戸原木線って実際走ったことはないのだけど、ラジオの交通情報でおなじみだった /
松戸街道、市川松戸道路、産業道路が通行減3割か。利いてるなあ。/
外環道千葉区間開通で変化(乗りものニュース) あそこも結構渋滞するからなあ。効果大きいですね。
外環道開通の効果てきめん。
この開通はほんと大きい。アクアラインや山手トンネルの高松JCTの渋滞も減ってると思う。 「 外環道千葉区間開通で変化」
笑っちゃうくらいの時間短縮だな!!最高(*´▽`*)
やはり県道1号の交通量削減には効果出てるな
外観の効果すごいな。関越~中央~東名間も工事のピッチ上げて欲しい。特に中央道・首都高4号の慢性的に渋滞する朝の上りに効きそう。
以上

記事本文: 首都高の堀切~小菅は9%減、並行する県道も交通量減少 外環道千葉区間開通で変化 | 乗りものニュース

関連記事