TOP > おでかけ・イベント > 乗りものニュース > 空自、空中給油機...

空自、空中給油機を調達の背景 それでも足りない? 現代航空戦で見直されるその価値 | 乗りものニュース

14コメント 登録日時:2018-06-14 06:28 | 乗りものニュースキャッシュ

航空自衛隊は2020年代に向け空中給油機の追加導入を決めていますが、しかしその数は圧倒的に足りません。このままではせっかく導入したF-35も宝の持ち腐れに。そこには、現代の航空戦のありかたが色濃く表れています。...

Twitterのコメント(14)

他国からの侵略を防ぐためにも日本の防衛力強化核武装核シェルター整備を望む!
やっぱり、外相外遊時にも使うという名目で買い増すのがヨロシ。

■ それでも足りない?現代航空戦で見直されるその価値
攻撃任務の話になってるけど、それはCAPでもそう|
新品が良いのは理解してるんだけど金が無いなら中古767改造給油機も考えたらどうかね?中古で周辺活動に割り切って整備を民活した部隊とかね。
関さんらしい記事やなぁ。
小牧基地に配備かな?
コメ欄つき。
だからF/A-18E/FをFX選定で選んでおけば…ry
普通に飛行機飛ばすだけでもしんどいのに9時間もよく空、飛んでられるな??戦闘機の狭いなかで飯とかトイレとかどうするんやろ??
戦闘機のパイロット、トイレはひたすら我慢?
海外侵略がいよいよ視野に。
まぁ空中給油機はこれからも必要ですからね
"あまりにも少なすぎる航空自衛隊の空中給油機保有数はもっと真剣に議論されてもよいのではないでしょうか。いま現在、航空自衛隊は「彼ら(米空軍空中給油機)無しでは誰も何もできない」状態なのですから。" / "空自、空中給油機を調達の…"
現代航空戦を戦うために空中給油機が不可欠なワケ。

【 現代航空戦で見直されるその価値】
以上

記事本文: 空自、空中給油機を調達の背景 それでも足りない? 現代航空戦で見直されるその価値 | 乗りものニュース

関連記事

画像で見る主要ニュース