TOP > おでかけ・イベント > 乗りものニュース > 長崎新幹線「全線...

長崎新幹線「全線フル規格化」で佐賀が慎重な理由 投資効果は高いけど | 乗りものニュース

12コメント 登録日時:2018-04-05 06:49 | 乗りものニュースキャッシュ

国土交通省が長崎新幹線の今後の整備に関して複数案の比較検討結果をまとめました。通常の新幹線をすべての区間で整備する「全線フル規格化」が最も投資効果が高いとされましたが、これに対して佐賀県と長崎県の態度は分かれました。なぜなのでしょうか。...

Twitterのコメント(12)

これはわかりやすい。
たしかに長崎の負担分は今より比率を増やして良いと思う。今でもそうやけど、佐賀は基本素通りされちゃうんだわ。。
この記事おもしろかっ~~~た
唐津回りで博多につなげれないものかねー
佐賀県がこの態度だと実現性が極めて難しくなるな⋯
これはもうメリット薄の佐賀県の負担を軽減してやってフル規格でしょう。
フル規格で作ってる武雄温泉~長崎も含めて、鳥栖~武雄温泉~長崎をスーパー特急方式じゃなんでダメなの?
期待したって無駄なだけ。
ただ佐賀県がケチってるわけじゃないってことだね。フル規格にしてもかなりお金がかかってるけど、佐賀平野通るからかな?
鉄道は過去の悲惨な事故を教訓として現在の安全がある。
フリーゲージも同じ運命を辿るであろう。仮に実用化されても乗りたくない。
智頭急行のように、新幹線の開業で最も便利になる長崎県の負担割合を高くすることが一番良い。
全線フル規格化するなら新幹線の恩恵を受ける割合によって各県の負担を配分すべきではなかろうかと。智頭急行の例を見習うべきでは(・ω・)

 投資効果は高いけど(乗りものニュース)
全線フル規格なら佐賀県区間の費用を長崎県が9割くらい払わないと話にならん
在来線全廃止でそこにフル新幹線を引けば新たに土地の取得も不要になるし赤字在来線も無くなる
費用は全額長崎県持ちで
佐賀県はバスで十分
以上

記事本文: 長崎新幹線「全線フル規格化」で佐賀が慎重な理由 投資効果は高いけど | 乗りものニュース

関連記事

画像で見る主要ニュース