TOP > おでかけ・イベント > 乗りものニュース > 首都高と阪高で「...

首都高と阪高で「本線料金所」撤去の背景 渋滞の要因にも 機能どう代替 | 乗りものニュース

13コメント 登録日時:2018-06-03 14:16 | 乗りものニュースキャッシュ

首都高速と阪神高速で、本線上に設けられた「本線料金所」の撤去が進められています。本線上で必ず減速あるいは停車しなければならないことから、渋滞の要因にもなっていたものですが、なぜ撤去が可能になったのでしょうか。...

Twitterのコメント(13)

なくなるんだね。
コメ欄つき。
そう言えば無人で支払い可能な料金所が有ったが、アレが普及すれば人員削減と効率化が進む予感。
あの程度のスペースで何をどうするんだよ、せいぜい検問所になる位だろ
尼崎ミニPAを今年度中に再開させて、新たに中島・南芦屋浜にもミニPAを設置するようで
料金体系が変化するポイントで、お客様から通行料金をいただく目的
昨日通って平和島無くなっててビックリしたわ。
トイレ近い人にはラッキーな話。尼崎ミニPAが無いのはツライ。
やっと大井の料金所を撤去するのか、渋滞減るといいなー
へー!
尼崎本線料金所、もう撤去されて
なくなったんだ~

行かないと分からないもんだね😵
SAを作れば、いいじゃない!
PAも少ないけどね!
首都高と阪高で進む本線料金所の撤去。跡地はどうなる?

【 機能どう代替】
以上

記事本文: 首都高と阪高で「本線料金所」撤去の背景 渋滞の要因にも 機能どう代替 | 乗りものニュース

関連記事

画像で見る主要ニュース