東京の「410円タクシー」まもなく1年 短距離安く長距離値上げ 増収につながったのか | 乗りものニュース

13コメント 登録日時:2017-12-26 08:03 | 乗りものニュースキャッシュ

東京23区および武蔵野市、三鷹市のタクシーで初乗り運賃が730円から410円へ引き下げられてから、まもなく1年が経ちます。短距離の運賃を引き下げ「ちょい乗り」しやすくする政策は、どのような効果をもたらしたのでしょうか。...

Twitterのコメント(13)

輸送回数、運送収入ともに『微増』とのこと。-
せめてUberみたくドライバーの評価を乗る前に知りたい。 /
助かるんだよね
荷物があって雨が降ってる夜なんかはね
予想通り増収。引き続き注目分野。
東京ハイヤー・タクシー協会「運賃改定後、全体的な傾向としては輸送回数、運送収入ともに『微増』です」
割と使う。
500円くらいならいっかーって感じで気楽
大阪でこれやると厄介な客増えそー
これはタクシー会社の策略。ドライバーは殆ど変わらずらしい。
薄利多売で骨折り損…としか…┐('~`;)┌ _
うちは恩恵受けたけど、ワンコインの時に申し訳ないなあと思うのはある。
おはようございます。
タクシーの初乗り料金が下がったの効果が出ているらしい。
確かに利用頻度は増えている。
近場利用で使いやすくなったと思う。
本日もはりきってまいりましょう!
初乗りはお釣りなしの500円、ワンコインが良いと思うのだが…リーマン忙しいんだよ(笑)→
以上

記事本文: 東京の「410円タクシー」まもなく1年 短距離安く長距離値上げ 増収につながったのか | 乗りものニュース

関連記事

画像で見る主要ニュース