TOP > おでかけ・イベント > 乗りものニュース > 「デゴイチあげま...

「デゴイチあげます!」 引き取り手なければ解体も 全国の展示SL、維持はどれほど大変? | 乗りものニュース

50コメント 登録日時:2017-09-17 15:07 | 乗りものニュースキャッシュ

大分県由布市が、市内の公園に保存・展示しているSL「デゴイチ」の引き取り手を募集します。しかも無償でもらってほしいといいますが、なぜでしょうか。こうした事例は全国的に相次いでいるようです。...

Twitterのコメント(50)

@capttsune 今ならSL無料でプレゼント中
この手のものあるあるなんですけど、なんで上屋ないの
それこそクラウドファンディングで…
?amp=1
いまの話題はこれですね…。そういえば、群馬・伊勢崎の華蔵寺公園にあったのは、JRが復活させたんでしたっけ。(^_^)
クラウドレンディングとかふるさと納税とかできる事まだあるだろ。知恵使おうよ。
欲しいけど
置き場がない(>︿<。)
もちろん輸送費もない!
ここまで放置して今更「歴史的価値」とか言われても単に解体費用出し惜しみしてるだけじゃないのとしか. /
大分県由布市「デゴイチあげます!」
現在は市内の湯布院中央児童公園で屋外展示されている。
9月19日(火)から市のウェブサイトなどで募集要綱などを公開・・
名寄のキマロキとか全国ここしか!というのならともかくD51は割とそこら中にあるからなぁ
ヤフコメの方で鉄オタがもっと金出せみたいなこと言うけど、現役時代の台数も廃車後の保存台数も多いデゴイチじゃあなぁ…
屋根は大事!
東部だと三島の楽寿園に屋根ありで置いてあります
小学校にありました。Dー51っていうSL機関車。維持費?あまり掛かってないと思う。立ち入り禁止で(笑)校庭の端にありましたから。
全国の展示SL、維持はどれほど大変?-

国鉄OBの方が保存に携わっているところは高齢化で手がかけられなくなってるところが増えてきそうだね。
京都鉄道博物館、出番では?
ここは、JR九州が買い取って新たな観光列車を開発したら?
ステンレスじゃないからどんどん錆びるんだよな。
これでD5110の話が出てるが輸送費一部でも出してくれれば汽車倶楽部さんは自分で修復できるってのが良かったのかなぁ?湯布院のD51も輸送費出したら引き取り手はあると思う。言っちゃ悪いが解体費用とあんまし変わらんと思う。
こういうのって立ち入りは禁止にしてメンテナンスをせず朽ちて行くそのままを展示ってできないんかな、朽ちるものの魅力ってあると思うんだけど。
保管するなら最低屋根は設置して下さい。
クラウドファンディングで募ったら結構資金集まりそう。
京都梅小路の鉄道博物館あたりが引き取ってやればどうか
水陸両用?のK100は、どーなったんだろう・・
金公園のモ513も将来こういう運命をたどる可能性があるのかな?
歴史的価値があるから保存すべきだ的な主張を強くする人でも、お金は出さない、整備は有志にやらせればよい…と堂々と言っていたりするんだろうから、悲しくなるわな。
野晒しやもんな...そら、そうや。
由布市案件。ゆふぃすとの出番?(゚ω゚)
野ざらし錆まくりで「歴史的価値がある」もないもんだと思うけどねえ
走れなくても屋根の下で中に入れるように展示されてる矢岳のデゴイチはまだ幸せなのかなー /
何をするにもお金は掛ります。でも、これだけは絶対に残してほしい。
こうしてみると仙台ってすごいほうなんだなーと・・・
@sin_kou_hyou 進行豹さんに読んで頂きたいと感じた記事です。
リンクを送信しますm(_ _)m
見ての通りフルメタルボディーなんだから屋根がないとなぁ。
大分県由布市が、市内の公園に保存・展示しているSL「デゴイチ」の引き取り手を募集します。しかも無償でもらってほしいといいますが、なぜでしょうか。
由布院のSLホテルは小さい頃何度か泊まったことあります。
あのSLが今そんな状態だったとは。
保存はいいが維持するのが大変なんだな…
ボイラー分割してトレーラー乗せて運んでだからなあ、
数千万コースになるだろうなあ
運んでも屋根かけないとすぐ錆びるし
屋根あっても整備費もかかる
そもそもボイラー劣化してたら吊れないかもしれないしなあ
うちの庭に入るかな?
これ真岡市が手を上げだしたらくっそ笑うと
蒸気機関車の場合、パーツの製造方法のノウハウが残っていないことが残念なところ。日本刀の技術みたく滅びてしまってる。日本刀は復活しましたが。
ロマンだけではどうにもならない話
今後ますます新規での「静態保存→動態化可能な個体の確保」が難しくなっていく、ということでもある
蒲郡は客車目当てで見に行ったけどたしかに保存状態はいいね。
蒲郡博物館にも良い状態の物が置いてあるね。
雨晒しになると劣化は激しいわな。維持も大変。
どなたか興味がある形がいらっしゃれば!
保存場所の屋根の有無と、日常のメンテナンスなんでしょうね。
地元の公園に有蓋貨物車両が置かれていたのですが何年も前に消えてしまいました。
「デゴイチあげます!」
また散々利用し保守もせず放置した挙句の果ての処分か。地元住民の方々が歴史的価値をよく認識されている。キューロクだけでは寂しい豊後森で保存はどうか?
以上

記事本文: 「デゴイチあげます!」 引き取り手なければ解体も 全国の展示SL、維持はどれほど大変? | 乗りものニュース

関連記事

画像で見る主要ニュース