K-1格闘家、ヒジ打ちでクルマの窓割り人命救助 トラックメーカー「普通はまず無理」 | 乗りものニュース

11コメント 登録日時:2017-07-14 17:51 | 乗りものニュースキャッシュ

tags: 安全, 自動車 交通事故で車内に閉じ込められた人を、格闘家が窓をひじ打ちで割って助け出しました。割ったのはトラックのドアのガラスだそうですが、メーカーも「普通の人にはまず無理」といいます。 迫る炎、ひじ打ち一閃、人命救助に成功 K-1の現役選手が、火の手が迫るトラックの窓ガラスをひじ打ちで割り、閉じ込められていた運転手を救出、警察より感謝状が贈られました。 ...

Twitterのコメント(11)

10針縫ったんかい・・・
技能には成功したけど抵抗ロールに失敗して怪我を負ったみたいな。わかんない、すぐCoCにしようとする。かっこいいなー!
肘で釘が打てるレベルだな/
@09242 10針縫ってました(OvO)
ですよね😅

「トラックのドアに使用されているガラスはいわゆる『強化ガラス』で、普通の人が手でたたいた程度ではまず割れません」
>小宮山さんは、右ひじを10針縫うケガを負いました

名誉の負傷が早く完治する事を切に願う。
車の窓なんてそんな簡単に割れないぞw

さすが格闘家…

でも自分がケガする恐れがあったのに深イイ話だ
ニュースで見たら腕包帯でグルグル巻きだったから無傷では済んでなかったんだろうと思ってたが、やっぱりそれだけの怪我してたのか…
now reading:


引用「トラックのドアに使用されているガラスは(中略)普通の人が手でたたいた程度ではまず割れません」
以上

記事本文: K-1格闘家、ヒジ打ちでクルマの窓割り人命救助 トラックメーカー「普通はまず無理」 | 乗りものニュース

関連記事

画像で見る主要ニュース