22コメント

tags: ICカード, バス, 南海 南海バスが、同社路線専用のIC乗車カード「なっち」を2016年10月1日に導入。これに伴い磁気式の乗車カードは基本的に販売を終了します。 磁気の「なんかいバスカード」は子ども用を除き販売終了 大阪府南部を中心に路線バス事業などを展開する南海バスは2016年8月30日(火)、同社専用のプリペイド式IC乗車カード「なっち」を10月1日(土)に導入す...


Twitterのコメント(22)

南海バスになっちキタ━(゚∀゚)━!でもバス乗らないよw
自分が推していた10年前前後に導入していれば…www
システムは神姫バスのNicopa(ニコパ)に似てるね
つい買いそうになってしまうネーミング →
南海バスがICカードを導入ですが、「なっち」のネーミングには吹きました(笑)。
欲しい(別な意味で)
かわいいからほしい
10年遅いネーミングである。でもちょっと欲しい気はする
こーのーほしーはー(なっちー!!)
旧交のある先輩友人がこぞって反応していて安心した。 /
なっちさんスレで見たんですが、なちヲタ的にこれはマストバイなの? -
( 'ω')ふぁっ!?
流石にネタだろと思ったが、本当だった。名前を聞いて真っ先に人気アイドルグループ元メンバーを思い出した。
ICOCAとかは導入費用高いんだろうか…
なっちヲタは購入不可避てすねw
これ絶対我が軍の差し金あったでしょ
なっちこと高塚夏生は大阪府出身ですが、南海沿線出身かは不明。
磁気カード無くなるのね。
当時これ出た時めっちゃ楽やったのに。
私、5000円分のまだ2.300円分残ってるねんけど…
返金でけへんのかな…
自分はPiTaPaをそのまま使うわ。
以上

記事本文: ICカード「なっち」10月導入 磁気カードは販売終了へ 南海バス | 乗りものニュース

関連記事

317コメント 2016-07-04 13:33 - www.itmedia.co.jp

阪神電鉄のスルッとKANSAI対応「らくやんカード」(阪神電鉄公式サイトより) 関西の私鉄やバス36事業者で使える磁気カード乗車券「スルッとKANSAI」の発行が、来年3月末で終了する。運営元のスルッとKANSAI協議会が7月1日に発表した。「ICカード『PiTaPa』の普及につれ、スルッとKANSAIの利用が減少しているため」(同協議会)という。 その一方で同日、協議会加盟企...[続きを読む

画像で見る主要ニュース