TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 異様!これが21...

異様!これが21世紀型「無音ダンスクラブ」だ | The New York Times | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

31コメント 登録日時:2015-06-30 11:13 | 東洋経済オンラインキャッシュ

DJ3人がヘッドホンを通して音楽を流す「サイレント・ディスコ」が、サウス・ストリート・シーポートで開催された(写真:Benjamin Norman/The New York Times) 最近の金曜夜、日が沈んだばかりの (マンハッタンの)サウス・ストリート・シーポート地区で、「これは沈黙フラッシュモブ?」「それとも集団ジェ...

Twitterのコメント(31)

これに似た試みが、支社が入居しているビルの大学院でやってたな。
全身で音を感じるからいいのに。これなら家で好きな音楽聴いてた方がいい。
盆踊りをこれでやったという話を思い出した
無音ダンスクラブ流行るらしい
シュールだけど、これいいかも
クラブは大音量の音を体で受け止めるから楽しいのであってヘッドホンで音を聴いて踊ってもなぁ、とオッサンの古い感想を。 異様!これが21世紀型「無音ダンスクラブ」だ
昔話題になった無音盆踊りが本当に実現してる
:
まるっきしフール・フォー・ザ・シティの世界じゃんか。。。
DJには厳しいが客は大はしゃぎ /
素敵なイベント、いろんな年齢の人が参加できそうで楽しそうや /
へえ。これは面白い
これ面白いですね (^^) あと分煙だったら最高です
わぁ!たのしそ~!ヘッドホンの色分けいいね~! /
いいんだか、悪いんだか微妙だね。。
これが21世紀型「無音ダンスクラブ」だ
今はこんなイベントまであるのか… でも今後増えていくんだろうな.
ヘッドフォンで聴いて満足するのかなー

東洋経済オンラインの記事をシェア
フール・フォー・ザ・シティの世界が現実に・・・ /
集まる必要ある? -
こういうクラブ?もある時代ね〜→
チャンネルを変えるって発想が面白いな。でも、同じ音楽を共有するって言う意味では、ちと寂しい。
非常に興味深い。こんなイベントがあるなんて知らなかった。
「DJカリスマの異名を持つキム・スコラロ」とあったので、Karizmaってそんな名前かぁ?と思ったら別人だった。誰だコレ? 『 音楽が鳴り響かない空間で好き勝手に踊れる』東洋経済オンライン
@bui_pr ぶいっつぁん、面白い記事があったぞ。
以上

記事本文: 異様!これが21世紀型「無音ダンスクラブ」だ | The New York Times | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

関連記事

画像で見る主要ニュース