TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 「働かないオジサ...
74コメント

どこの職場にもいる、「働かないオジサン」――若手社員の不満が集中する彼らは、なぜ働かなくなってしまったのか?「どこの職場にもいる」ということは、何か構造的な問題が隠れているのではないか?ベストセラー『人事部は見ている。』の筆者が、日本の職場が抱える問題に鋭く迫る。 「働かないオジサン」がいないという、リクルート。どのような施策がある...


Twitterのコメント(74)

@Nakamura_gld しかし今のままでは人件費に押しつぶされてしまうので、こんな風に企業も改革していけば良いんだと思うよ→東洋経済:働かないオジサン」がいない会社の工夫『38歳のときに辞めると、受け取る退職金が最大になる』
「40歳はこころの定年」...
退職金の額は38歳が最大となるように設計するというのは大胆かつ有効な手に思える。さすがリクルートだなぁ。他の会社でもやっているところあるのだろうか?
組織が若いとタイミングも早いかも。/
興味深い。
ちょうど38だし、自分に置き換えて考えてみよう。
自分の今後の在り方を考える「こころの定年」の時期
働かないオジサンが生まれるメカニズム。年次が上がるにつれて、押し出されるように生まれる。大企業病。
()
38歳で退職金の額が最大になるのはなるほどと思った。
なるほど納得。
俺は有能。と思ってる古い人間は働かないね。/
何となく 何度も読み返してしまっている記事:
研究者にも40歳からの第2の選択があれば万年助教とかおじいちゃん先生が減っていいのになぁ.
リクルートは退職金が38歳の時に最大になる仕組み。なるほど。〜
会社が無制限に大きくなる訳じゃないから40歳定年っていうのはよくわかるなぁ。社員は40前後で退職、企業は40歳までに一丁前に育てることを前提に設計が必要かな。もしくは社員を業務委託にするか。|
32歳。最近チラホラこういうことを考える。>>
俺もそろそろか・・・w /
38歳というキャリアの転換期に退職金を最大にすればダラダラ残っても意味が無いと判断させる制度って興味深いね。 /
40代働かないおっさんにならないために「こころの定年」にどう対処するか
38歳で退職金が最大額か~なるほどな/
若い人より「働けない」様になっていることを自覚できていないからでしょう。
-- @Toyokeizai
日本の大手企業では40歳前後で中間管理職になれるが、リクルートでは38歳での退職金を最大にするという制度をとっている。面白い人事制度。/
なるほどねぇ。これ、わかりやすいわwww
まさに最近の自分に対する悩み→
「働かないオジサン」になる前の退職金を一番高額にする。なるほど。『「働かないオジサン」がいない会社の工夫』@Toyokeizai
なかなか興味深いテーマだ。
40歳は会社生活と人生の折り返しと。確かに40歳以降生き生きしている人間は本当に輝いて見えるというか、人間的に魅力的に感じる。 /
2Pの「働かないオジサン」を生み出す構造の図がわかりやす過ぎて衝撃です!/
環境を自分から変えるのが、結局は近道かもしれない / |
「会社人生は、大きく分けると、入社してから仕事を通じて自立していく時期と、組織での仕事に一定のメドがついてから、自分の今後の在り方を考える時期の2つの段階がある。」 >
「38歳は、働かないオジサンになる曲がり角?」今年オレも38歳。働こうっと。 -
「管理職になる年次…新卒一括採用と組織のピラミッド構造の矛盾が始まる時期、もっと言えば、働かないオジサンが生まれ始める時期が40歳直前なのである」【働かないオジサンがいない会社の工夫 40歳に訪れる「こころの定年」にどう対処するか】
終身雇用とフリーライダーの発生は、トレードオフなコインの表と裏の関係だから、しゃーない /
三つに区切る⇒重要。会社前半・会社後半・定年後。
基本は40歳定年でよいのかも。若者が入って来ない「いつまでも若手問題」も深刻。 RT | なぜあのオジサンは働かないのか? - 東洋経済オンライン
確かにいないな。
いや、リクルートにもいるから、過去の栄光にすがってる人とか。
"若い人のほうが仕事できるよね常識的に考えて" (というRの文化)と書いてる人がいた。その通りだし、そうでないと思っているなら、考えを改めないといけない。政治も然り。この国はいつからか若い力を信用しないように / "「働かないオジ…"
誰に役立ってるか、成長してるか実感がないまま、ただ過ぎ去る時間は痛感する危険な年頃なのか /  40歳に訪れる「こころの定年」にどう対処… - 東洋経済オンライン
40歳に訪れる「こころの定年」にどう対処するか- 東洋経済オンライン
出世や独立を諦めた、しかも自尊心のみで生きてるようなオジサンが『働かないオジサン』になっちゃうんだね。それにしても、離職率が高いのはいいことなのか?
あと数年後に40歳を向かえる身としては他人事ではないな。
行方も知らずに流されるか、自ら行動するか。いずれにせよ、人生は一度きりということで。:
「こころの定年」か。考えちゃうね。 -   |
おじさん自体がいないだけじゃん。
自社の戦略・必要な人材にもよりますが、40歳を心の定年と位置付けるのは面白い。

『38歳時点の退職金を最大としているのは、管理機構は小さくして、現場中心でやることを会社が宣言しているように思える』
自分がこの年代になった時、どういう心情なのか考えるときある。今バリバリの人達は、一生バリバリの気持ちを持ち続けられるかどうかを‥/ |
よんだ→
40歳は色々悩みますよねぇ。 /
働くって大変→
管理職になっても働かない人もいるけどね。
吹っ切れたおっさんはタチが悪い→
心の定年はありそう。定年って言葉が適切かどうかは別にして
リクルートは38歳で辞めると退職金が一番多い!
自分が大手を辞めたのは37歳だった。但し退職金は数十万だったけどね。@Toyokeizai 【「働かないオジサン」がいない会社の工夫】 40歳に訪れる「こころの定年」にどう対処するか: [東洋経済Online]
前職は同じく働かないオジサンはいない。今の会社はいるかどうか謎。 @yukimu07 「リクルート社では38歳のときに辞めると、受け取る退職金が最大になる」
Yoishoっぽい雰囲気がでてきたな/
「リクルート社では38歳のときに辞めると、受け取る退職金が最大になる」
いっぱいいるで、俺の会社。。。40、50。。。50が特に酷いRT @Toyokeizai: 【「働かないオジサン」がいない会社の工夫】
40歳に訪れる「こころの定年」にどう対処するか: [東洋経済Online]
以上

記事本文: 「働かないオジサン」がいない会社の工夫 | なぜあのオジサンは、働かないのか? | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

関連記事

184コメント 2014-01-15 06:17 - toyokeizai.net

どこの職場にもいる、「働かないオジサン」――若手社員の不満が集中する彼らは、なぜ働かなくなってしまったのか?「どこの職場にもいる」ということは、何か構造的な問題が隠れているのではないか?ベストセラー『人事部は見ている。』の筆者が、日本の職場が抱える問題に鋭く迫る。 (画像はイメージ。撮影:今井 康一) なぜ働かないオジサンの給...[続きを読む

画像で見る主要ニュース