TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 難病を宣告された...

難病を宣告された41歳男性が陥った貧困危機 | ボクらは「貧困強制社会」を生きている | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

57コメント 登録日時:2018-11-09 04:39 | 東洋経済オンラインキャッシュ

アイスコーヒーのグラスが汗をかいている。クローン病を患うワタルさん(41歳、仮名)は普段、消化管に刺激を与える冷たいものは飲まない。しかし、今年の夏はあまりに暑かった。体調を崩して会社を休職中、上司か…...

Twitterのコメント(57)

クローン病の人が働く難しさ…。治療薬が増えて寛解を維持しやすくなってきているとはいえ個人差も大きいしまだまだ安心して働けるには遠い道のりですね…。
文章最後の何が「緩やかな死」だ
なんか腹立つ記事だな
難病と貧困は密接です。難病じゃない方も読んでほしいクローン病の方の記事です。  #貧困 #クローン病
この問題は超難しい。いくら考えても答えが出ない。
私の勤務先のように、病気等による1年以上の休職から復帰しても、同じ役職・役割で普通に働ける会社もたくさんあります。

これから社会人になるクローン病患者さんたちには、難病だからといって夢を諦めずに、チャレンジし続けてもらいたいと思います!
🇯🇵企業は精神疾患でアリ寄りのアリ。正社員も至極当然。沢山見てきたナー💢
うつ病などの精神疾患の休職でも似た感じなので、共感する部分も多いです。
気になって記事を開いたら、CDの患者の話だった。
よくある話ね。


ほんと、よくある話。だから働き方改革?でどうなることやら。恣意的な運用を立証できないってのもよくある話よ。
"宣告した医師からは「人生の半分を損したと思うかもしれない」という独特の表現で覚悟を促された。"🤔 @Toyokeizai
難病カフェでも似た話をよく聞く。こういう状況を打破するために必要なことは、多様な働き方があることに気づいて行動できるかどうかだと思っていて、それによって先の人生が大きく変わってくると思う。
難病だからといって、人生諦めることはない。
平凡な人生の歩みとは少しだけ違う経験をするかもしれない。でも、そのハンディキャップをいくらでも「人とは違う個性」というエネルギーに変えて強く生きることはできると私は思う。
他人事とは思えないね。
自分がなったらと思うと何とかならないのかと。政治家がもうちょっとやって欲しいと思いますね。
難病宣告を受けても「働き続けたい」10回以上転職を経験した男性の今
難病(クローン病)を宣告された41歳男性が陥った貧困危機
他人事とは思えない…😢
うちの子も、今仕事を探してます。見た目は元気です。
親としては、将来が不安です。
子供手当があるなら、病気手当も考えて欲しい。働きたくても、病気で働けない人のために。
#難病
#関節症性乾癬
日本の悲しい現実
こういうの読んでも格差是正に何が必要か自ずとわかるというもの。誰が他人事と言える?安心して働けなければ社会や国の明日なんてない。
-産業医の判断が重要なのか。
コレが先進国か?って思うほど日本の社会保障は荒んでいる。
やっぱこうなるんだよな〜
私は潰瘍性大腸炎で似たようなもんだし。悪くなったらしばらく動けなくなるのがしんどい
何でみえない障害だからって、それをもつ人の本質を見ようとしないんだろ。
これが現実かよ…。
という私も譲られたことはない。
これで障害者雇用にならないのダメでしょ
クローン病を宣告された41歳男性が陥った貧困危機
「人生の半分を損したと思うかもしれない」と医師に覚悟を促された
病気でも働き続けられる仕組み作りが必要。法律化しないと。
前から書いてるけど、こういう方たちをもっと支援してあげてほしい
お金の支援は…って言うなら安定した就職先を支援するとか、どんな形でもええから
パチンコとかしてるクソみたいな人らに生活保護とかあげてるなら余程人のためになる
セッションを通してこういう方の力になれたらな、と思う。
あまり暗い話しは聞きたくないけど、知っておくべき事実と思いシェアします。
この人の場合、人工肛門を造設したから障害者になったけど、排泄が1日10回ぐらいだと医師に反対されるんだよね。食事療法や、シートン法でコントロールしようとする。だから障害者雇用枠で潜り込めない。虚弱扱い。 / "難病を宣告された4…"
身につまされるな
どうしたら働き続けられる?
他人事ではないな、この記事。
一度職を失うとマジで厳しい。
「いつ治療をやめようかな」同じこと数年前まで考えてた。体調崩すたびに人間関係にヒビが入り、無理が効かなくなって辛い、分かる。
明日の自分かもしれないという想像力を。
貧困強制社会とは、またトゲのある言葉。
ただ、障がい者が真っ当に働いて豊かに過ごす土壌が出来上がってないのは確か。
この例ほどキツくはなくても、息苦しさを感じる障がい者は沢山いるのよね。
これは難しい問題。
障害年金の定義の見直しやBIの導入で生活を保障しすること。
会社に雇われず働けるスキルを身に付けること。
これが大事かな

| 「貧困強制社会」を生きている
「こういう業務ならできる」って言葉が欲しかった。
#クローン病。#障害年金
病人は全員が常に寝てるわけじゃない
ほら働けるじゃんってね
これが現実。悲しい
困っている日本人を□置できる□□って・・・・・本当に住みやすいのかな・・・・・?
やっぱりIBD患者は生活費も支給して欲しい 俺も今の会社離れればこういう事態になり得る
-
人手不足とか言う割に切り方は贅沢だなあ
この人なんて多分人手不足業界にいるんだろうに…
本当にみんなに理解してほしい…働きたいんだよ
拡散希望
クローン病も大麻の恩恵を受ける事が出来る
難病や障害には大麻
医療大麻が解禁が日本に一番必要
雇用の増加(難病や障害者の為に使う)医療費の削減、社会復帰、QOLの向上
反対派へ日本にある薬では救えない患者を救う事が出来るそれが医療大麻
[東洋経済オンライン]
この筆者、クローン病のことをわかってないだろ。(続く)
「寛解期は普通に働くことができる」
「どうしたら働き続けられる?とだれも聞いてくれない」

わかりすぎる
人手不足とか言う前にやることあるだろと思うわ
以上

記事本文: 難病を宣告された41歳男性が陥った貧困危機 | ボクらは「貧困強制社会」を生きている | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

62コメント 11 時間前   - anond.hatelabo.jp