TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 半導体ルネサス、...

半導体ルネサス、「7000億円大型買収」の勝算 | IT・電機・半導体・部品 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

11コメント 登録日時:2018-09-14 07:07 | 東洋経済オンラインキャッシュ

「サッカーワールドカップにたとえるなら、予選通過ではなく、優勝を目指す」7月11日、約7330億円という金額の大型買収を発表した半導体大手ルネサスエレクトロニクス。呉文精社長は、気合い十分といった様子だっ…...

Twitterのコメント(11)

多額ののれん代にも注意が必要だ。今回の買収資金7330億円に対し、IDT社の純資産は710億円程度。差額の6620億円がのれんを含む無形固定資産に該当する。ルネサスはインターシルの買収ですでに1586億円ののれんを抱えている
良いか悪いかはわからんけど、攻めるねぇ
まぁ、最早日本企業は攻めざるおえん状態になりつつあるんやとは思うけど。
半導体ルネサス、7000億円大型買収の勝算 自動運転分野の戦いが熾烈
@Toyokeizaiより。ルネサスは「走る・止まる・曲がる」といった制御を担うマイコンで世界シェア1位。
@Toyokeizai|ルネサスエレクトロニクス(6723)
ルネサスは「走る・止まる・曲がる」といった制御を担うマイコンで世界シェア1位を握っている。近年は、上層にあたるSoCにも注力。チップに載せるソフトウエアが充実すれば機能も高まるため、ソフトウエア開発では200以上の企業と協業を進めながら、自動運転関連の開発を加速
時価1.2兆円、総資産1.01兆、純資産5111億、現金同等物1242億のルネサス。買収対象時価7330億・純資産710億、差額6620億がのれん。この解説の通りシナジー出るのかよな印象
[東洋経済オンライン]
ルネサス「7000億円大型買収」の勝算
以上

記事本文: 半導体ルネサス、「7000億円大型買収」の勝算 | IT・電機・半導体・部品 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

画像で見る主要ニュース