TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 東京には「GAF...

東京には「GAFAに勝つ潜在力」がある根本理由 | インターネット | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

29コメント 登録日時:2018-08-10 08:50 | 東洋経済オンラインキャッシュ

GAFAは現代の護送船団ですね。かつては国や銀行がその役割を担っていましたが、今はGAFAが取って代わっている状態だと思っています。たとえば、かつて日本は、半導体や自動車の開発においては、護送船団方式で非常…...

Twitterのコメント(29)

東京は集積のメリットを生かせば、新たな「超国家」であるGAFAにも勝てるという視点。その鍵は、「混ぜ合わせる能力」。これを誰がやるかだ! / (東洋経済オンライン)
最後、大学の役割を「知を混ぜ合わせる」ところと考えるのは意味がある。「産学官」っていうのは言葉が疲弊してしまっているように思える。
イン @Toyokeizai
東京には首都圏大地震というリスクもあるから、どうなんだろう?

潜在力《 潜在的リスク
のような、気がする。

☞ | 経済ニュースの新基準
かずやさんの記事!
ついに和哉さんが記事書いてた
@Toyokeizaiより

分かりやすいし希望が湧いてくる
東京には「GAFAに勝つ潜在力」がある根本理由。テック4強の経済圏は「現代の護送船団」だ。
産官学を引っ掻き回そう

@Toyokeizaiより
プロフィール写真撮らせていただきました。kind of 東洋経済デビューです。
@Toyokeizaiより。中国は「金盾」などの規制網によりGAFAの侵入を防ぎ、国内で独自のサービスを拡大させている。
密集度では圧倒的なわけだな。問題は横のつながりと。
KERNEL HONGOのコミュニティ運営に携わっている田中が、GAFAに対抗する新しいエコシステムづくりについて語っています
そうなると東京一極集中を非難するのは間違い。
国際競争力や日本が力を維持するためには東京は強い方が良い。
東京と地方を同質化するのではなく、役割を分担する事が最善?
自分自身、シリコンバレーに住んで半年経って案外にも気づいたのは、東京の可能性だった。「何もかもが近い」ということは反則的に強い。ただ同時に、色んな事例を見てきた限り、東京における各要素はそんなに簡単に混ざらないだろうなという不安もある
米中の強みであり弱みでもあるのが広すぎる国土なのだろうな。産官学、金融が揃った東京の地の利を活かす仕組みを考えたい。
@Toyokeizai
「本気でGAFAと戦っているのは中国だけ」というのに納得してしまった。なんでも中国版を作ってるもんなぁ…。「Google、Apple、Facebook、Amazon」をGAFAというと初めて知った^^;
東京には「GAFAに勝つ潜在力」がある根本理由ーー
GAFAのエコシステムには、新たなエコシステムをもって戦うしかないという理屈は分かる。その強みが果たしてメガシティの東京なのか。そもそもGAFAに勝つという視点は正しいのか。
@Toyokeizaiより
後で読むメモ_φ(・_・
ないない。日本の大学に、そんな能力は無い。夢見過ぎ。
[東洋経済オンライン]
突っ込みどころあれど一理あり。
世界22カ国刊行の話題のベストセラー『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』を読んだ東京大学の田中和哉さんにインタビューした記事が東洋経済オンラインに掲載。日本にはGAFAに勝てる土壌があると語る田中さん。エナジーに溢れた記事を是非!
「では、日本はどう戦うか。GAFAの本丸である既存のIT、Webの世界で戦うのは賢明ではないと思っています。eコマースならアマゾンを意識せずに戦うことは不可能ですし、SNSはフェイスブックにどんどん買収されます。既存のITの世界ではGAFAのルールに従うほかありません」
以上

記事本文: 東京には「GAFAに勝つ潜在力」がある根本理由 | インターネット | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

画像で見る主要ニュース