ZARAの物流戦略はいったい何がスゴいのか | 卸売・物流・商社 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

14コメント 登録日時:2018-08-10 08:17 | 東洋経済オンラインキャッシュ

「企業の物流に対する考え方には2つある」という話を私はよくしています。昔ながらの「物流=コスト」という考えを「物流思考」とすれば、会社を強くする違う視点を「戦略物流思考」とします。もう少し説明をする…...

Twitterのコメント(14)

ZOZOもここまで伸びたのはどこよりも早くロジスティクスを最適化させて、物流を柱として先行投資してきたことだよなぁ。/
「セブンイレブンは、惣菜工場や物流センターを作ってから店舗を展開。店舗の出店をするかどうかは物流部隊が持っている」
面白い!! / (東洋経済オンライン)
「物流を制する者が市場を制す」 ZARAの物流戦略に見る凄み



Google マイフィードから共有しました
物流と言うからピンと来ないんだろうな。ロジスティクスって軍事なら要になる。企業同士の戦は戦争の考え方を使えるよ。→「物流を制する者が市場を制す」 ZARAの物流戦略に見る凄み
そこで、インターネット販売のB2Cは、違うオペレーションにしました。世界に20カ所のローカルな物流センターを持ち、そこからお届けするという物流ネットワークの設計です。このネットワークの設計は、現場部門では無理ですから、企画部門がやります。戦略レベルの人が…
物流は経営の要であるというのはなんとなく分かるんだけど、じゃあZARAの空輸やウォルマート、セブンの物流のどこが凄いのかイマイチよく分からない迷文。調べる力はあるけど文章を書く力が無い筆者…。
物流思考と戦略物流思考など、物流をどう考えて、経営に生かしていくのか?が書かれています。

ZARAの物流を知らない人も多いので、勉強の価値があると思います。 / (東洋経済オンライン)
[東洋経済オンライン]
ユニクロは小売り主体としてるのにたいし、ZARAは製造主体としてる為物流インフラを整える必要があった。
以上

記事本文: ZARAの物流戦略はいったい何がスゴいのか | 卸売・物流・商社 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事