TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 親会社と子会社で...

親会社と子会社での「給与格差」はなくなるか | 高城幸司の会社の歩き方 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

10コメント 登録日時:2018-04-16 06:57 | 東洋経済オンラインキャッシュ

「同一労働同一賃金」が話題にのぼる機会が増えました。背景にあるのは、OECD(経済協力開発機構)が日本は賃金に関する考え方が遅れていると勧告したこと。それから10年近くが経過して(やっと)取り組みが本格化…...

Twitterのコメント(10)

社長、ぜひSESの職場も見てみてほしい。
:
親会社と子会社で生じる格差 仕事できない高給与の出向社員に不満。
同一労働同一賃金を進めるためには出向をなくすよう法規制が必要。例え規制しても派遣契約に切り替えるだけかもしれないが。
「この格差を埋める意思がある会社はほぼないと思われます。」
こんなの格差あって当たり前な気がするぞ、、、
親会社あっての子会社でしょ?
正規社員あっての非正規社員じゃん。
おんなじ仕事内容でもそれに伴う責任の重さは全然ちがうし、給料同じなら正規社員なんて誰もなりたがらないよ。
親会社と子会社での「給与格差」はなくなるか?
以上

記事本文: 親会社と子会社での「給与格差」はなくなるか | 高城幸司の会社の歩き方 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

画像で見る主要ニュース