TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 29歳、創業家出...

29歳、創業家出身専務はサンリオを救えるか | 専門店・ブランド・消費財 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

17コメント 登録日時:2018-03-14 06:16 | 東洋経済オンラインキャッシュ

「ハローキティ」や「マイメロディ」、「ぐでたま」など数々の人気キャラクターで知られるサンリオが、数年に及ぶ業績不振に陥っている。同社は2018年3月期の業績見通しについて、2月14日に今期2度目となる下方修…...

Twitterのコメント(17)

"不振の要因は、欧米におけるライセンスビジネスの低迷" アナ雪などライバルの台頭、アマゾンの攻勢でライセンス先の小売業績悪化 /
ポムポムプリンみたいな専務…きっと幼稚舎から慶應なんだろうなー
ちなみにサンリオキャラはずっとキキララが好き☆
業績悪いから在庫が怖くてユーリコラボでも全然グッズ作ってないの?
売れるのに作らないとか本末転倒だよね。
サンリオさんの懐事情、そこまで厳しいとは知らなんだ…。
▼ | 経済ニュースの新基準
孫が専務? ダメダメ、3代も続けば既に水は淀んで濁りきってます。しょせん一族企業はダメってことです。
←わけワカメ。口先どころか、日本語として意味不明。口先以前の話。作品を作らずに、キャラクターライセンス料だけで永久に食べていけると思ってるのか?(笑)
ディズニーの のモデルを学べばよい。|
| 専門店・ブラン… - 東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト
[東洋経済オンライン]
以上

記事本文: 29歳、創業家出身専務はサンリオを救えるか | 専門店・ブランド・消費財 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事