TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 陸自の攻撃ヘリ部...

陸自の攻撃ヘリ部隊は、すでに瓦解している | 安全保障 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

33コメント 登録日時:2018-02-10 05:49 | 東洋経済オンラインキャッシュ

2月5日、佐賀県神埼市の住宅街に陸上自衛隊目達原駐屯地(佐賀県吉野ケ里町)所属の「AH-64D(アパッチヘリコプター)」が墜落する事故が発生。乗組員2人が死亡し、激突して炎上した住宅の小学5年生の女児が軽傷を…...

Twitterのコメント(33)

戦う前から全滅の状態だそうで。
@Toyokeizaiより
たった13機で稼働率6割の攻撃ヘリ「部隊」。
無残。
部品不良の可能性は高い。
たった13機では部隊としての運用ができない。
民間を巻き込んで事故を起こしてしまった。命を落とすことになった現場の隊員にとっては、大きな悲劇だ。
防衛省、防衛能力あんの?
兵器無理して国産化して天下り以外メリットあんの?
"たった13機では訓練や整備、人事のローテーションを考慮すれば、実際に常に稼働できるのは5~6機程度しかない。これでは部隊としての運用は困難だ。
@Toyokeizaiから 【ゆるぼ】詳しい人この記事どうなの? (調達や人事は清谷まともって意見もあるが)
中途半端が一番いかん。金使うならフルに使う、効率を考えよ!
要は予算が足りないのか。攻撃ヘリコプターの運用をあきらめることは出来ないだろうなあ /
知ったかぶり輸入信者がまた穴だらけなことを言ってますねっと。この人に羞恥心ってものはないんですかね。
@Toyokeizaiより

うーん🤔どやろ。
防衛費は青天井なのに、そのカネはどこに消えてるのかね?> | 経済ニュースの新基準
興味深いレポートだが、一番の問題はいつも米国の言いなりで武器を買わされる事だし、そもそも対戦車ヘリなど要らないだろうが。★
戦略無き「正面装備調達!」。・・・
@iwakamiyasumi オスプレイの配備でますます拍車が !? 整備予算不足のために、墜落事故が多発する可能性・・・(清谷信一氏/東洋経済)
威勢を張る政治家に戦いが出来ない自衛隊
@Toyokeizaiから
これぞジャーナリズムかと。  @Toyokeizaiから
清谷の言う線ではないだろう(AH-64の追加)
@Toyokeizaiから
> 整備後は地上で十分な試運転を行っており、その後飛行試験をするため、整備不良であれば地上試験で気がつくはずで、部品の不良を疑うべき
@Toyokeizaiから

攻撃ヘリという概念自体が時代遅れになりつつある。無人攻撃機部隊に再編ですね。
整備が十分に出来ていない、使い道のないヘリは飛ばしたらあかんのですな。>
後付けの採点なら当然か…

@Toyokeizaiより
ドローンでも、開発して補えば良いとおもう。
[東洋経済オンライン]
「瓦解している」かどうかはさておき、64EアップグレードとCOIN機導入というのは、一理あるかな。
以上

記事本文: 陸自の攻撃ヘリ部隊は、すでに瓦解している | 安全保障 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

画像で見る主要ニュース