TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 「ボキャ貧」家庭...

「ボキャ貧」家庭の子は大体、国語で苦労する | ぐんぐん伸びる子は何が違うのか? | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

11コメント 登録日時:2018-01-11 06:28 | 東洋経済オンラインキャッシュ

国語ができないという質問は過去たくさん受けてきました。国語は重要な科目でありながら、解法を明確には理解しづらく、漠然とした感覚に委ねられてしまっている場合がよくあります。そうしたこともあって、国語が…...

Twitterのコメント(11)

一にも二にも、本を置くところから始めるべきだと思うな。
確かに子供は親の会話をよく聞いている。
私も会話の内容には気をつけよう。^^;
記事の主旨とはあまり関係ないかもしれないが、自分自身が小4から小5に上がった年と言えば「出雲弁ネイティブ」から「大阪弁学習者」に変わった年でもあったなあ…とふと思い出した。方言の変化と絡めた場合にはどんなことが言えるだろう?
ボキャブラくんのビッグデータ空想、実現してほしい笑 /
[東洋経済オンライン]
先程記事アップされました。宜しければご覧ください。
@Toyokeizaiより
競馬ブックの馬柱の最後の短評やろw
以上

記事本文: 「ボキャ貧」家庭の子は大体、国語で苦労する | ぐんぐん伸びる子は何が違うのか? | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

画像で見る主要ニュース