TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > JR東日本「主要...

JR東日本「主要100駅」乗客増減率ランキング | 最新の週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

36コメント 登録日時:2017-12-07 08:57 | 東洋経済オンラインキャッシュ

山手線や中央線など首都圏の中心部を走る路線を抱えるJR東日本(東日本旅客鉄道)。同社は輸送人員数や運輸収入で世界最大級の鉄道会社だ。それでは、JR東日本の1665駅(2015年4月時点)の駅単位で見た場合、利用…...

Twitterのコメント(36)

JR東日本主要駅100で伸びた1位が大崎、最下位が渋谷。ブービーの御徒町は大江戸線に取られてるのか、アメ横の魅力低下?
★東京+15.4% 武蔵境+10.9% 荻窪+6.0%でした。
@Toyokeizaiから
1ページ目間違えすぎじゃねえの /
JR松戸駅の乗降人数は5年前比で2%しか増えてないそうですよ
大崎はまたどでかいビルが立ったから更に増えるな
住みたい街として近年人気の武蔵小杉駅(神奈川県川崎市)は23.6%増と3位につけた。
通勤時間帯の混雑は激しいものの、JR横須賀線で東京駅まで18分の利便性をうたい、仕事や子育てに忙しい共働き世帯が急速に流入している。
1位 大崎、2位さいたま新都心、3位武蔵小杉。 /
チームFラインってもう死語かな。それが直通効果なら乗り換え客減は結構なことなんじゃ。首都圏は大部分が狭軌なんだから、JRと私鉄の相直もあっていいんじゃ。 /
副都心線=東横線の相互直通運転のインパクトは絶大ですね。
混む筈だわ…《 - 東洋経済オンライン》 @Toyokeizaiから
一位は大崎!
人が増えてるのを肌で感じてました。

@Toyokeizaiから
買うゾ「路線格差」

/
東側が栄えて西側が元気がないんだそうです。
大崎の時代!
お~葛飾区から金町が8位にランクインするとは❗
浦和駅が13位、武蔵浦和駅が16位。
武蔵小杉3位って凄えな
戸塚は55位かぁ。。。
с помощью @Toyokeizai
辻堂9位はテラスモールの影響か
「武蔵小杉駅は23.6%増」「東京の東部エリアへの人の移動」・
減少は3駅で、渋谷がダントツ減
100のうち減った駅が3つしかないというのも凄いなぁ。金町の8位は意外。記事ではマンションの増加が理由として挙げられているけれど、理科大が来たことも大きそう。
@enya_soichi 開店おめでとうございます🎉
頃合いを見て伺いたいと思います。
宮さんにもよろしくお伝え下さいませ。

それと中野は熱いですね〜⬇︎
都市部に住む人と郊外に住む人が二極化しているんだなーって思うなー。鎌倉から大崎に通ってるとかそういうふうに見える。 /
@Toyokeizaiより
地元割と使われてんのか?
ん??大崎…京浜東北?中野…山手線?

@Toyokeizaiから
こういう記事すごく楽しい!☺︎
いやあ、記事の質の低下が著しい東洋経済オンライン。「京浜東北線など4路線が乗り入れる大崎駅」...おいおい。
湘南新宿ラインの大崎駅のフォームの混雑どうにかして欲しい…

@Toyokeizaiより
武蔵小杉は乗客増の主要因が定住人口の伸びであるところが特異的。

@Toyokeizai
以上

記事本文: JR東日本「主要100駅」乗客増減率ランキング | 最新の週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

画像で見る主要ニュース