TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > できる人は健全に...

できる人は健全に「他者のせい」にしている | 30代から身につけたいキャリア力実戦講座 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

34コメント 登録日時:2017-11-15 08:14 | 東洋経済オンラインキャッシュ

一般的に、ビジネスシーンでは他責よりも自責が求められます。自責思考か他責思考かが、デキる社員とダメ社員を分けるといったこともよく言われますし、「他責思考では成長しないぞ」というようなことを上司や先輩…...

Twitterのコメント(34)

20代の頃ならこの手の記事真面目に読みふけったけど、50年も生きると諦めと手抜きが身について受け流せるようになる。若いうちから今みたいに出来てたら楽だったのに
人ではなく、「プロセスやモノなど仕組みのせい」
これ!自責がどんどん進んでいくタイプ。他責がどんどん進んでいくタイプ。
そだ、条件揃えてくれなけりゃ他者のせい
自責思考、周りからしたら自分に影響来ないから都合いいよね(๑˃̵ᴗ˂̵)
良い他責思考=なんでも自分の能力に課題の原因を求めるのではなく、物事の構造やプロセスをきっちり見極めて、適切にハックしていきましょう、というお話。記事のタイトリングすごい上手。
@Toyokeizaiより
そっか、他人のせいと他者のせいは違うのか!
なるほど。あくまで組織良くしたり業務改善につながる形で、自責と他責をバランスよく仕事するのがいいと。 "「オズボーンのチェックリスト:SCAMPER」・Substitute/Combine /Adapt/Modify/Put/El…
"人ではなく、「プロセスやモノなど仕組みのせい」と考えていく"
@Toyokeizai 「人のせいではなく、仕組みのせい」「問題と改善案をセットで出す」なるほど。
何でもかんでも人のせいにする人は論外 /
"人ではなく、「プロセスやモノなど仕組みのせい」と考えていくことで、膠着した問題を少しずつでも前進させる前向きな他責思考になります。" /
@Toyokeizaiから

自責しないこと。考え方を変えていかないと苦しくなる。
たしかに自責思考だけではどうにもならないことも多い。... | 経済ニュ...
自責思考 × 仕事量めちゃくちゃ増やしたら、仕事のストレスでメニエール病になったことあるから、適度に他責思考取り入れたほうがよいかもね! /
わかる。大事。
「人のせいではなく、仕組みのせい」「問題と改善案をセットで出す」という他責思考であれば、これは組織力の向上につながっていきます。|オズボーンのチェックリスト
できないけど知ってた

@Toyokeizaiより
「それ、やめたらどうなるの?」はほんと大事だと。
大したことないことはやめれば良いのに、そこにしがみついてる人とか、「もし」の対応責任取れない人が多いと、ずるずるやること増えて全体が疲弊してしまう。
やらなくていい仕組みを考える。
"人ではなく、「プロセスやモノなど仕組みのせい」と考えていくことで"
トヨタ生産方式の中でもかなり大切にされることの一つ この考え方めっっちゃ重要
[東洋経済オンライン]
他者と言っても人ではなくてプロセスとか仕組みのこと
あとで読む。
自責指向が悪いと言うわけではないんだろうな。

自分が改善すべき点と、他を改善しなければならない点の見極めが重要ってことだね。
"人のせいにしないということに加えて、単に難癖をつけたり、環境のせいにしないことも求められます。具体的に仕組みの何が問題なのかを見抜いて、改善するアイデアを出していく必要があります。"
なるほど、たしかに自責思考すぎると無駄に苦しくなる/
組織全体をよくしていく @Toyokeizaiより
以上

記事本文: できる人は健全に「他者のせい」にしている | 30代から身につけたいキャリア力実戦講座 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

画像で見る主要ニュース