TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 中国で「飲食店の...

中国で「飲食店のドタキャン」が起きない理由 | 中国・台湾 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

110コメント 登録日時:2017-11-07 08:09 | 東洋経済オンラインキャッシュ

中国で「キャッシュレス化」が急速に進行している。その実態を知るとあっと驚くかもしれない。過去記事でも紹介したが、中国は、大都市から内陸部に至るまで、スマホ1台あれば、交通でも食事でも、どんな支払いも…...

Twitterのコメント(110)

国民意識がなく、他人を信用できないプレモダン。中間層が崩壊し、他人を信用できなくなったポストモダン。そもそも中国はこういう西洋近代のフレームワークから外れてると思うが、あえてなぞらえれば、ポストモダンの環境管理型権力に似てて面白い。
@semoshi

中国からの予約を受けまくるか…日本でもこの仕組みが普及するといいーね
コメント欄のほうが面白い?... ーー
身内以外信じない社会だったけど、アリペイなんかのアプリに蓄積されたデータも重要になってきてる、と。↓
信用社会に向かって。本当にすごい... 既にシリコンバレーが追いつけないほど先に行ってる感ある。中国語勉強しようかな.
ルールを守らないものが損をする仕組みをITで実現する中国。政府が絡む怖さはあるが、日本よりよっぽど合理的。
|
不信が原理原則だった中国社会で"社会的信用"の価値が高まっているという話。誠実さを彼らが獲得したとき、日本に勝てる要素なんてあるのかしら
売れば詐欺体質で買うには猜疑心の固まりであった中国の人民が電子マネーで更生しつつあるというのに、日本ではメルカリでその逆行してるとか情けない話ではある
「アリペイは自社の決済システムを利用した人々から、膨大な情報を得ている…個人情報を自動的に分析、それを点数で評価しているのが、この芝麻信用…」/
これ行く末は
アリペイの独裁経済やないかな?
偽札が横行しまともな貨幣流通が機能しない国だからこそのキャッシュレス。この分野では再先進国になるだろう。
誰も信じられない社会だからこそ、信用できる行為に対して金銭的対価を与えることで、信用される行為を広めている。
【超キャッシュレス社会】中国で「飲食店のドタキャン」が起きない理由| 「中国でここまで受け入れられ、利用されるようになったの・答えは・中国は他人を信用できない"不信社会"だったから」スマホ情報が国家管理される事態も
「個人情報」に対する日本と中国の決定的な違い。先払い文化。
なるほどなぁ。

「信用社会に向かって、1歩ずつ前進する中国社会の取り組みを見て」
いや、これは信用社会じゃないって。不信社会の極みですよ。プライバシーをすべて開示することによって、相互不信を取り除こうとするんだから
面白い記事です。中国が先に良い人客観的評価社会になるとは!→
もはや中国だからこそじゃない。日本も事前決済やるべき→
日本も不信社会になりつつあるから同様にテクノロジーを導入しないと →
日本でもやればいいのに
本当にこのシステムが普遍的に素晴らしいものであれば、世界に広まるでしょうね…
「中国は、大都市から内陸部に至るまで、スマホ1台あれば、交通でも食事でも、どんな支払いも決済アプリで簡単にできる「超キャッシュレス社会」に変貌した。」~
これは、日本もやって行った方がいい。
@Toyokeizaiより
・・・・・・パヨクが言うところの監視社会じゃね?ww

>>
中国では、極端な言い方をすれば、誰も他人のことを信じていない
@kanbunyomi @chilime 現在中国で「芝麻信用」というものが普及しつつあるようです。それは積んできた「徳」が記録され、社会的地位を決めていく未来…。
キャッシュレスが浸透してるのは知ってたけど、それに連なってポイントの形で個人の社会的信用が実体化するとかサイバーな話だな。色んな意味で中国ならでは:
これはすぐにでも日本国内でも使えるよう普及するといいシステムだ|
誰が言った言葉か分からないけど「疑惑は信頼の母」というのがある。
日本に生まれてよかった。
あの国の未来にも明るい兆し。
信用を客観的に測るのは、海外からの受け入れを促進するのであれば見習えるシステムですね。
中国で偽札が流行ってて取り締まりきれないから、認証式を進めてると聞いたが?

@Toyokeizaiより
中国で流通する「芝麻(ごま)信用」
信用ポイントがたまると、婚活サイトで優位な条件の相手を紹介してもらえるってところが衝撃でした。そんなメリットもあるんだ…
日頃の行いは大切ですね
@Toyokeizaiより
中国すげー進んでてワロタ
日本でもあればいいのにね。こういうのを導入して馬鹿は人工的に淘汰されればいい。
日本は偽札もそうそうない。
このやり方は良い!
"じめ、信用を1つずつ積み重ねていくよい仕組みがこの国から生まれたのではないだろうか。世界がますます多様化していく中で、善人も悪人もいるという前提で合理的な仕組みを取り入れるというのは健全でよいことで / "中国で「飲食店のドタ…"
面白い。中国だからこそ普及したシステムか。 マイノリティリポートの世界が待ってるようにしか見えないけど、綻びがなければ楽な世界なんだろうなとは思う。 /
なかなか良い記事だった
ワシがやりたかった事業ー
騙されて当たり前の国だから信用を可視化する仕組みが流行る。なるほどね。

@Toyokeizaiから
逆読みすれば、日本でキャッシュレス社会、クレカが普及しないのは性善説だから。

 @Toyokeizai
@Toyokeizaiから
中国人はテクノロジーを使ってモラルを上げる、と実際有効な
ついに中国に ・ブラザー が出現したか ( ゚ω゚)
総背番号制どころか評価までやっちゃうの、日本だったら絶対無理。中国が目指す統制ネット社会、壮大な社会実験で注目せざるを得ない /
そりゃ、先に決済しておけばキャンセルしないようにと心理的に働くだろう。 /
アプリで社会的信用度を評価して日常生活に反映させるって完全にディストピア感出てきてるな…
共産国家怖すぎ
他人を信用しない社会ほど、取引を円滑にするために、ITで客観的に評価を判断する仕組みが発達し、結果としてよい人ばかりの社会に変貌する。興味深い。
アリペイの話だけど中国人の行動原理を理解するのにイイ記事。

@Toyokeizaiから
おもしろい
すげえ 『ポイントが高いほど「社会的信用」が高まる』 /
「テクノロジーが社会を変える」事例は数知れず。だがこれはその中でも最大級
ちょうど昨日聞いた話だ! すごく便利そうな反面ディストピア感スゴい =>
良い記事。
面白かった。中国は他人を信用しない社会だからこそ、モバイルをはじめとする決済の拡大が早いと。日本だと泣く人が救われないよね。余りいない前提ではあるが
ITイベントの懇親会ドタキャンで主催者が自腹切る問題とかあるから、日本もそんなに、予約したら必ずくる社会ではないことを、俺らプログラマは知ってる >
中国すごいな。個人の信用を評価するシステムが浸透してる。信用ポイント貯めるとか日常が楽しそう笑
日本でも取り入れてほしいなー。


テクノロジーが「不信社会」を塗り替える
リープフロッグの典型例だね。
日本には、盤石な既存の銀行というシステムがあるから、キャッシュレスや仮想通貨の文化が浸透するまでには時間かかるだろうな。オリンピックあるからそんなこといってられないと思うけど。
@Toyokeizaiから

アリペイって聞くとくりぃむしちゅーの有田の顔が出てきちゃう
最近CoCで「信用」技能の説明に四苦八苦していたが、これが「信用(Credit)」です。
日本で予約時に満額支払うレストランに遭遇したんだけど、有名店で中国人観光客が増えている影響なのかもしれない。 /
性悪説前提だった中国社会、アリペイのおかげで性善説に変わりつつあるのか…
不信社会だったからリスクヘッジのシステムが急速に普及したわけか。 /
信用がその人の価値になる世界【 - 東洋経済オンライン】
@Toyokeizaiより
いやぁ面白いコラムでしたわ( ̄∀ ̄)
信用の可視化ってすごいよなぁ…: @Toyokeizaiより
進んでますね。
個人輸入に向いてるシステムだと思う。

@Toyokeizaiより
@Toyokeizaiから

なんかブラックミラーでこんなの見た
ポイント稼ぎにいいことする話
面白い。これは一種の進化だ
93: "答えは簡単だ。中国は他人を信用できない"不信社会"だったからである。" 日本人の場合は見知らぬ赤の他人信用しすぎ問題だと思っている。 /
これ、個人の信用(クレジットスコア)が高いと色々優遇されるみたいなんだけど、スコアがどこまで公にされるのかが気になる。調べたら誰でも見れるとか、生活や仕事のあらゆる場面でスコアが参照されるとスコア低い人がめっちゃ生きづらそう。
いいもわるいも、全部なんらかの意味があって、複雑に混ざり合っている感。マジ太極。 /
性悪説から生まれた仕組みっていうのが目から鱗

飲食店で先払いが普及してるのはコースが前提だからなのか

アラカルト的な店の予約はどういう仕組みにしてるんだろう
なかなか良い記事だなぁとともに、中国のこういうところは本当に羨ましい
日本とは事情が違う、というのはホント頭に入れておかないとね /
UberやAirBnB等シェアサービスから派生した信用評価経済システムが完璧に回ったのが元々他人を信用しない社会だったからというのは成る程感ある

合理的で素晴らしい。
最近は日本でも予約ぶっちする人が増えてきたもんね。これはいい。→ @Toyokeizaiより
ディストピア感あって楽しそう /
契約仲介サービスは日本でも必要なんじゃないですかねぇ...口約束のみで契約される漫画業界とか。 /
善行ポイント化で高待遇…いや悪行の共有情報化が真の目的か。「ドタキャン?市民それは悪行です」「申し訳ありませんコンピューター。償いに登録店舗で消費に励みます」「よろしい功徳は市民の義務です」
デストピアはすでに中国で実現していたw
個人飲食店でも皿は全部ビニール掛けして出て来るし、正直日本のが不衛生よ
| 「「よい行いをする人」をITで作り出していくシステム「芝麻(ごま)信用」:ポイント制で行いを評価、受けられるサービスなどに影響」
前払いはもっと浸透してもいいよなあ…
日本にある代行サイトの経営者によると、中国人は来日前に日本の飲食店に予約を入れるだけでなく、"決済まで事前に済ませてしまう"ケースが多いという。
なるほど…面白い…
すごく興味深い記事。日本でも同じことが必要になってくるかも? > @Toyokeizaiから
いいなぁこの仕組み
なるほどなぁ…🙄
@Toyokeizaiより
なるほど。信用できない社会だったからこそ、信用できる仕組み /
これは勉強になった。決済文化の違い。 /
すっごい読みごたえの記事。中国のキャッシュレス化の流れから新しい個人信用のしくみまで
これは面白いね。日本でも参考にできるところがあるね。/ @Toyokeizaiから
@Toyokeizai 日本もコッチに行く事になるんやろね
[東洋経済オンライン]
技術的に後進だった国が既存の技術すっ飛ばして一気にマーケットシェア取ってしまうケースになり得る。
中国で「飲食店のドタキャン」が起きない理由 テクノロジーが「不信社会」を塗り替える | 中国・台湾 (東洋経済) 他人を信用できない社会だったからこそ出来上がった画期的なシステム(写真:Rawpixel / PIXTA) 中国で…
以上

記事本文: 中国で「飲食店のドタキャン」が起きない理由 | 中国・台湾 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

画像で見る主要ニュース