TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 働き方改革、「残...

働き方改革、「残業代が8.5兆円も減る」の衝撃 | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

28コメント 登録日時:2017-09-14 06:06 | 東洋経済オンラインキャッシュ

いわゆる「働き方改革」関連法案に関連して、これまであるようでなかった試算を、大和総研のエコノミスト・小林俊介氏が最近公表し、大きな反響を呼んでいる。「仮に罰則付きの残業上限が導入されれば、所定外給与…...

Twitterのコメント(28)

残業代削減を目的に「働き方改革」を推進してはならない。もし残業が減ったとしても、そこで浮く残業代は通常報酬として従業員に還元されるべき。
中小零細では元々残業代が無かったりします。
働き方改革より先に、経営の根本改革が必要です。

|東洋経済
働き方改革なんて、労働者への負担とか、経済への悪影響とか、健康被害とか、そんなことを気にしてたらやってらんない。
残業代をあてにしている社員は要注意ですね〜。
やっぱり早めに基本給高い企業に転職すべき

「残業代が8.5兆円も減る」の衝撃 @Toyokeizaiより
@Toyokeizaiから

残業代込みで人生設計してるオヤジ連逝くね
残業代が減ることは消費も減ることだね。税収は減少するのは明らかに。
「生産性の議論になると、急に具体策が思いつかなくなる」
2015年度と2016年度は企業業績が伸びているのに対し、所定外給与はむしろ前年比で減少している
残業代が多いところと少ないところがあると思うので、「残業代をあてにして」ローンを組んだり、生活を組み立てていたりする人がいるのでは?この8.5兆円減少した分、破産者や失業者が出る可能性はないのだろうか。 / "働き方改革、「残業…"
そりゃそうだわな。
働き方改革の圧力が生産性の向上に向かえば、基本給が上がっていい循環が生まれるはず。
それができない会社は淘汰されることになる。
「働かせ方改革」の間違いでは。サラリーマンの人生はなんのためにあるんだろう。
というか、それが問題だったんじゃない?
働き方改革、「残業代が8.5兆円減る」の衝撃 雇用者報酬の3%、実質GDPも下押し いわゆる「働き方改革」関連法案に関連して、これまであるようでなかった試算を、大和総研のエコノミスト・小林俊介氏が最近公表し、大きな反響を呼んでいる。
基本給が低く、残業ありきの給与制度の会社の社員は切実。

@Toyokeizaiから
もしかして…

サビ残が考慮されてない
残業代を前提に生活設計している事自体が異常だとは考えないんですかね?
短期的には、だから残業って必要悪だよね、は〜いっていうアホな反応が多数なんじゃないか。長期的には、残業なく十分豊かに暮らしてけるだけの給料が払われて当然、という反応が大多数になっていてほしい
基本給増やすか人を雇うか投資に回すかしてくれよ
生活残業やってる人達があぶり出される。
定時に仕事を終えた人に還元するシステムになっていけばいいのになぁ。
一休「ではまずその残業代を屏風の中から出してください」
長時間労働が減る→残業代が減る→家系の収入が減る→それは問題

って変な考え方だな。

お金が欲しくてわざと残業してる人に同じ長時間労働を強要されて、命まで落とす人がいる方が大きい問題でしょ。
[東洋経済オンライン]
生産性とは単位時間あたりの生産量と捉えがち。生産量ではなく付加価値と置き換えた方がわかりやすい。
資本主義社会では如何に単位時間あたりの付加価値を生み出すかの競争。
以上

記事本文: 働き方改革、「残業代が8.5兆円も減る」の衝撃 | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

画像で見る主要ニュース