TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 米国でも吹き荒れ...

米国でも吹き荒れる、アパレル閉店・倒産の嵐 | 専門店・ブランド・消費財 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

27コメント 登録日時:2017-09-08 06:15 | 東洋経済オンラインキャッシュ

ここ1年、アメリカの有名ファッションブランドには立て続けに異変が起こっています。2016年末には、カジュアルウエアブランド「アメリカンアパレル(American Apparel)」が破産保護を申告し、世界中に110ある店舗…...

Twitterのコメント(27)

本質的な豊かさをもたらす「ソーシャル(social) 」「アスレジャー(athleasure) 」「クラフトマンシップ(craftmanship) 」の3つのカテゴリーがキーだそう。

注目され始めた「3つの新カテゴリ」とは?」
物質的豊かさの先をどう見つめるかって記事。成熟した製品やサービスをアップデートしたところで未来はないのだから新しい価値観でイノベーションするしかないよね

いつも当たり前に使っているものを疑う。価格や機能で勝負なんてみんなやってる
@Toyokeizai
安売りしてないアバクロ、Jクルーの不振はスルーかよ?相変わらずのポジショントーク
米国でも吹き荒れる、アパレル閉店・倒産の嵐 すでに衣食住が三大欲求ではないことの表れ
"破産2社の共通点は「安さをウリにしていたこと」"
いい傾向ですね、ユニクロも潰れますね /
アメリカで、大量生産大量消費の価値観が変わりつつあるる?
ロンハーマンのロサンゼルス店が閑散…西海岸ブームの終了…😊💦
良いモノを適正価格で欲しい
見極める目が無いから安すぎると品質が不安になる
リミテッドもC11… お手軽ティーン向けで学生の時重宝したことが
良い物は売れるし、永く使われる価値がある。
確かに多少高くても良い物を使いたいよね。
そーなってくると衣服とゆーのは代替可能な物を安く最小限の単位で保有する事が望ましい。
そーなると成る程、大量生産は売れ残るとゆー話。
なぜホワイトTシャツライフがひろがり定着し なぜ若者はクルマ離れなのかという案件と同一線上にあると思われます
欧米のエリート層がアートを学ぶのと根本は同じ気がして肚落ち →
アメリカではアスレジャーは終わりって記事出てましたけどね。
"「MARC JACOBS」も 2017年の秋冬シーズンでメンズ製品の取り扱いを終了しました" ─ へぇ、そうなの。 → | 東洋経済
昨日の米GAPの舞台の話。著者がファクトリエ代表とはね。 ▶
"ソーシャル、アスレジャー、クラフト"
「過剰生産を防ぐことこそが、サステイナビリティや二酸化炭素排出量の削減につながる最もシンプルな解決方法だ」と、その狙いを語っています。」これらを好む購買層は意識高いなあ。俺全然考えたことなかったよ。
。ともかくロットが多いのに最初驚きました!
最近Toys"R"Usが不調と言う話も見かけましたが、アメリカでは実店舗はみんな不審なんですかねぇ。
以上

記事本文: 米国でも吹き荒れる、アパレル閉店・倒産の嵐 | 専門店・ブランド・消費財 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

画像で見る主要ニュース